トップページ | 2004年3月 »

2004.02.24

つまずきっぱなし

不幸が雪だるま式に重なることがたまにあります。今日はそんな日です。 朝、家の階段を上ろうとしたらつまずき。家を出る時、靴を履こうとしたら靴が下にくっついた感じになっておりつまずき。駅の改札では、急に割り込まれとまり。会社に着いたらネットワークに障害がありすぐに仕事がきず。やることがなく仕方がないのでお茶を飲もうとしたら、キーボードにお茶をこぼし。たまにはこんな日もありますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.22

お金のIQ お金のEQ ― 世界の幸せな小金持ちが知っているお金の法則 を読んだ

シリーズ2作目。読みやすい文章でサクサク読み進めていく事ができます。
今回は、お金のIQとEQについてを勉強します。お金に関する基礎知識を勉強しましょうといったような感じの内容です。シリーズの1,4作目を読んでいるので、新しい発見という感じではなく復習といった感じでした。(2004/02/20読了)

お金のIQ お金のEQ ― 世界の幸せな小金持ちが知っているお金の法則
お金のIQ お金のEQ ― 世界の幸せな小金持ちが知っているお金の法則

本田 健 (著)
単行本: 263 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: ゴマブックス ; ISBN: 4901465422 ; (2002/08/23)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「幸せな小金持ち」への8つのステップ ~人生の”宝探しの地図”がここにある~ を読んだ

この前読んだ『大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ』に共感するものがあり続けざまに、シリーズ第1作を読むことにしました。
すでに4作目を読んでいるせいか、物語の序章を後で読んでしまった感じです。もちろんこの本でしか書かれていないこともあるのですが、4作目を読んだ衝撃は無かったです。
このシリーズの全体図・概略が書かれている本といった印象です。 (2004/02/18ぐらいに読了)

「幸せな小金持ち」への8つのステップ ~人生の”宝探しの地図”がここにある~
「幸せな小金持ち」への8つのステップ ~人生の”宝探しの地図”がここにある~

本田 健 (著)
単行本(ソフトカバー): 232 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: ゴマブックス ; ISBN: 4901465317 ; (2002/04/20)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ を読んだ

「とにかくお金持ちになりたい」とか、「好きなことができれば何もいらない」ということではなく、「大好きなこと」をやり「お金持ちになる」ための本。
『金持ちになるには』系の本はいくつもありますが、海外の翻訳本で日本にそわない内容であったり、普通の人が実現するには難しい内容のものが多いと思います。しかしこの本を読むとちゃんと頑張れば(それが一番難しいのだが)実現しそうな気持ちになります。
読みやすい文章で、スラスラ読み進む事ができます。ちなみに、シリーズの第4弾の本です。 (2004/02/05ぐらいに読了)

大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ    幸せな小金持ちシリーズ
大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ 幸せな小金持ちシリーズ

本田 健 (著)
単行本: 267 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: フォレスト出版 ; ISBN: 489451141X ; (2003/02/22)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人はなぜいつも「申し訳ない」と思うのか を読んだ

「菊と刀」、「忠臣蔵」、欧米と日本の民話を引用し、欧米人と日本人との罪の意識・価値観の違いを解説。普段意識していない日本人としての倫理観・社会意識といったものが民話などを例に取りわかりやすく解説されています。
世間一般に語り継がれる話(民話や「忠臣蔵」など)が日本人の文化を形成しているんだなぁと感じました。 (2004/02/05ぐらいに読了)

日本人はなぜいつも「申し訳ない」と思うのか
日本人はなぜいつも「申し訳ない」と思うのか

長野 晃子 (著)
価格: ¥1,600
単行本: 261 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: 草思社
ISBN: 4794212666 ; (2003/11/21)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.02.21

エンタテインメント業界就職〈2003年版 10〉ショウビズ を読んだ

学卒者向け業界研究本です。主にプロダクションについて解説してあります。砕けた感じの文章でスラスラと読み進むことができます。中途者がこういった本を読むことはないのでしょうが、中途者にとってはは歯ごたえがないですね。もうすこし深くつっこんだ内容だとおもしろいと思うのですが。(2004/01/29ぐらいに読了)

エンタテインメント業界就職〈2003年版 10〉ショウビズ    エンタテインメント業界就職 (10)
エンタテインメント業界就職〈2003年版 10〉ショウビズ エンタテインメント業界就職 (10)

エンタテインメント業界リサーチ (編集)
価格: ¥1,200
単行本: 201 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: DAI‐X出版
ISBN: 481251990X ; 2003年版 10 巻 (2001/12)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベーシック 株式入門 を読んだ

株式の基本中の基本を改めて確認しようということと、新入社員研修で使えるネタがないかと思い読むことにしました。
タイトル通り、株式の基本が例えを交えてわかりやすく解説してあります。文章も読みやすく「株式って何?」という株式について知識のない人の入門書として最適です。この本をきっかけ(軸)にしていろいろな本を読んでいくといいと思います。(2004/01/26ぐらいに読了)

ベーシック 株式入門 日経文庫
ベーシック 株式入門 日経文庫

日本経済新聞社 (編集), 日経= (編集), 日本経済新聞= (編集)
価格: ¥950
単行本: 186 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: 日本経済新聞社
ISBN: 4532106877 ; 3版 版 (2000/04)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気を科学する―意欲を引き出す「MSQ法」の理論と実践 を読んだ

モチベーションにはタイプがある。そのタイプ別の傾向を知る事でやる気を出せるポイントが分かるというのが本書です。また、自分自身の分析以外に、部下に対してどのようなアプローチをするべきかという事が書かれています。
自己判断のためのアンケートもあります。ただ私の結果が当てはまる分類が見あたらず、どの傾向にも似ていなかったので自己分析ができませんでした。ということで、個人的には役に立たなかったです。(2004/01/20ぐらいに読了)

やる気を科学する―意欲を引き出す「MSQ法」の理論と実践 KAWADE夢新書
JTBモチベーションズ研究開発チーム (著)
価格: ¥667
単行本(ソフトカバー): 206 p ; サイズ(cm): 18
出版社: 河出書房新社
ISBN: 4309501419 ; (1998/01)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝わる・揺さぶる!文章を書く(山田 ズーニー)を読んだ


伝わる・揺さぶる!文章を書く PHP新書
伝わる・揺さぶる!文章を書く PHP新書

いつもはビジネス文書の文例集などから決まり切った文章を抜き出して使うことが多くても、自分の味(色)を出したいとき(出さなくてはいけない時)が、結構あったりします。どうすればいい文章が書けるかと思い、探したときにこの本を見つけました。
結局、相手に何を伝えたいのかという目的をしっかり持つ必要があるということですね。テクニックや定型の名文などではなく、どれだけ相手のことを思うかという根本を思い出させてくれました。
わかりやすく、読みやすいので、年齢を問わず参考になると思います。うまい文章が書きたいが、まだ一度もこの手の本を読んだ事がない人に勧めます。(2004/01/19ぐらいに読了)
--
山田 ズーニー (著)
価格: ¥660
新書: 236 p ; サイズ(cm): 18
出版社: PHP研究所 ; ISBN: 4569617360 ; (2001/11)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?を読んだ

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?

採用面接でいかに優秀な人物を採用するか?短時間でどうやって評価するか?評価ツールとしてパズルをどう利用するかというのが本書の主題です。
パズルを面接に使うに至った簡単な歴史などがかかれてあり、いわゆるパズル本とは違う作りになっています。
面接評価作成のヒントになりますね。まぁ実際はこの本にあるように単純ではないと思いますが。。。。(2004/01/09ぐらいに読了)
--
ウィリアム パウンドストーン (著), William Poundstore (原著), 松浦 俊輔 (翻訳)
価格: ¥2,200
単行本: 341 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: 青土社 ; ISBN: 4791760468 ; (2003/06)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

得する生活―お金持ちになる人の考え方(橘 玲)を読んだ


得する生活―お金持ちになる人の考え方
cover

普段は気がつかないけれど、気づけば得をすることがあるのではないかということで、興味を持って読み始めました。
クレジットカードのカラクリ(未来からお金がやってくるワケ)や、借金を通して経済の秘密を知ることが出来ました。すぐに実行できるようなものはあまりありませんが、世の中(お金)のカラクリを知ることが出来ました。(2004/01/04ぐらいに読了)
--
橘 玲 (著)
価格: ¥1,500
単行本: 274 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: 幻冬舎 ; ISBN: 4344004264 ; (2003/12/01)
※マイリストからの書き直しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.06

Macと同じくらい簡単

去年ぐらいからウェブログなるものが流行りだしたのをいい事に、自分もやってみようと思い立ち上げたのがこのサイト。日記形式のサイトはやろうと思っていたのだが、自分の持っているサイトに導入するにしても設定や何やらが面倒くさそうでかれこれ2年ぐらいたちました。
「簡単・便利」と謳われてはいるものの実際にさわってみると「?」、自分の好みに設定しようと思ったら「??」と、なかなか勝手が悪い。どのくらい勝手が悪いかというと、「Macは簡単」と言われて買ってはみたものの、直感ではデスクトップの色すら変えられない。そんなちょっとした挫折感を味わうぐらいの勝手の悪さです。
かれこれ10年以上前になりますが、当時LC575というMacを購入した私は、まず最初にデスクトップの色を変えようと説明書や解説書も読まずにがんばってみました。購入前にMac関係の雑誌を読みあさり、こんな事ぐらい簡単だと思っていたのが間違いでした。
今回のココログも同じです。ちょっとしたカスタマイズをしようと[コントロールパネル]の[アカウント情報]を開いてみると、「現在、ご利用いただけるのは無料版のみです。」という謎の1行。その上には[概要|解除]のリンクが。[解除]を押す勇気もなく、「ココログって全て有料じゃないの?無料版のみってどういうこと?」という疑問も解決しないまま、[ログアウト]。納得のいくカスタマイズができるのはいつになる事やら・・・。

人は障害があると、それに立ち向かいたくなるもの。
Macの時もそうでしたが、ココログもしばらくは熱中できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.04

なぎらっち

昔、芝居の練習で『たまごっちに続くヒット商品は何?』というお題でネタを出し合ったときの模範解答。

(商品名)『なぎらっち』
(特徴)なぎら健壱のこと。

新たまごっちプレスリリースを見ていたら、初代たまごっちの歴史というところに『玉緒っち』というものを発見。...『なぎらっち』もあり得る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年3月 »