« 大吾である必然性 | トップページ | てるてる坊主の照子さん〈中〉新潮文庫 を読んだ »

2004.03.22

てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫 を読んだ

たまには息抜きで小説でも・・・という事で、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」の原作『てるてる坊主の照子さん』を読みました。
文庫本で上中下巻の3巻に別れているうちの上巻です。

この巻では、春男と照子の出会いから、4姉妹の次女夏子の病気、そして長女の春子と夏子がスケートを始め、才能を見せ始めるまでの話が語られています。
夏子が病気の時、必死になって治療のお願いをする春男。何でも思い立ったらすぐ実行の照子。しっかり者の長女。おっとりとした次女。甘えん坊の冬子。・・・秋子はまだコレといった特徴は出てきませんが。
そんな、温かい家族の温かい物語の始まりを感じる事ができました。
(2004/03/18読了)

てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫
てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫

なかにし 礼 (著)
文庫: 271 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 新潮社 ; ISBN: 410115421X ; 上 巻 (2003/07)

|

« 大吾である必然性 | トップページ | てるてる坊主の照子さん〈中〉新潮文庫 を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/337977

この記事へのトラックバック一覧です: てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫 を読んだ:

« 大吾である必然性 | トップページ | てるてる坊主の照子さん〈中〉新潮文庫 を読んだ »