« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004.03.31

てるてる家族がフジテレビに

今朝、めざましテレビを聞いていたら(朝なので見ると言うよりも聞く感じ)、てるてる家族のオープニングテーマ(インストロメンタル版)が。

視聴率のニュースか何かかと思ったら、4月1日からリニューアルするめざましテレビの紹介VTR(BGM)に使われていました。

他局番組のサントラを使う事は良くありますが、ずいぶんとタイムリーだなぁと。
そういえば、てるてる家族と同じ朝ドラの「ほんまもん(池脇千鶴主演)」の主題歌は、グルメ番組の料理紹介時のBGMなどでよく使われていますよね。

ちなみに、てるてる家族 オリジナルサウンドトラックが発売されています。さっそく購入しましたが、小説の「てるてる坊主の照子さん」を読みながら聴くと、どっぷり『てるてるワールド』にひたる事ができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.22

てるてる坊主の照子さん〈中〉新潮文庫 を読んだ

たまには息抜きで小説でも・・・という事で、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」の原作『てるてる坊主の照子さん』を読みました。
文庫本で上中下巻の3巻に別れているうちの中巻です。

仕事(採用)の関係で大阪に行った帰り、新幹線で一気に読んでしまいました。
#いつもなら、寝てしまうのですが・・・。

この巻では、春子がスケートの才能を見せ一流の先生に教えてもい、夏子は芸能界へ、照子が入院し、その前後に春男が浮気、秋子が脱腸で付属に入れず公立の小学校に、冬子は相変わらず甘えん坊の寂しがり屋で嘘がすぐばれてしまう・・・、という話が語られています。
ほんわかとしていて、おもしろく、人情味があり、ホロッとさせられる、そんな物語です。
(2004/03/19読了)

てるてる坊主の照子さん〈中〉新潮文庫
てるてる坊主の照子さん〈中〉新潮文庫

なかにし 礼 (著)
文庫: 255 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4101154228 ; 中 巻 (2003/07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫 を読んだ

たまには息抜きで小説でも・・・という事で、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」の原作『てるてる坊主の照子さん』を読みました。
文庫本で上中下巻の3巻に別れているうちの上巻です。

この巻では、春男と照子の出会いから、4姉妹の次女夏子の病気、そして長女の春子と夏子がスケートを始め、才能を見せ始めるまでの話が語られています。
夏子が病気の時、必死になって治療のお願いをする春男。何でも思い立ったらすぐ実行の照子。しっかり者の長女。おっとりとした次女。甘えん坊の冬子。・・・秋子はまだコレといった特徴は出てきませんが。
そんな、温かい家族の温かい物語の始まりを感じる事ができました。
(2004/03/18読了)

てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫
てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫

なかにし 礼 (著)
文庫: 271 p ; サイズ(cm): 148 x 105
出版社: 新潮社 ; ISBN: 410115421X ; 上 巻 (2003/07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大吾である必然性

FIRE BOYS め組の大吾』が先週最終回を迎えました。

番組宣伝には力を入れるフジテレビではありますが、この『FIRE BOYS め組の大吾』には、最終回30分拡大スペシャルも、『めざましテレビ』でのテコ入れもありませんでした。
主題歌のORANGE RANGE『ミチシルベ ~ a road home ~』も、タイアップ効果というよりも、自力で売れている感じがしますし。

全話を観た感想を正直に言えば、『め組の大吾』である必然性はないということ。原作を持たず、オリジナルの消防士の物語を作った方が良かったと思います。

マンガ『め組の大吾』の主人公である朝比奈大吾は数々の現場に遭遇しますが、生への本能的な執着心・天才的な活躍により、絶対に目の前で人が死にません(死なせません)。これが、このマンガ最大の特徴だといえます。
ところがドラマでは、こともあろうに同じ隊の先輩(植木さん)が大吾の目の前で殉職してしまうのです。

『大吾は必ず人を助ける。彼の出場した現場は犠牲者ゼロ。』
これが大吾が大吾たるゆえんだと思うのですが、ドラマではあっさりと覆されてしまいました。だから、「別に大吾じゃなくていいじゃん」と。

マンガを知っている自分にとっては、ワクワクするようなキャスティングでした。
そして内山理名演じる園田まひるのエピソード、最終話で的場浩司演じるレスキュー隊長神田が大吾に向かって言うセリフなど、マンガにはない場面でもなかなかいいところがありました。
・・・しかし、マンガのエピソードをつまみ食いしたような、何の脈絡もない、無理矢理つぎはぎしたようなシーンの連続は、見ていてつらかったです。

最終話、大吾の「要救助者は、オレにとって、いつも自分自身だったんです」というのは、マンガでは説得力あったけどドラマでは唐突すぎのような気が・・・。
それと、五味さんの「消防士はな、生きて帰ってこそヒーローだ。」というのも植木さんが直前に死んじゃってるしなぁ~。

全体的に重かったし、続編はないだろうなぁ~。
#重厚というのではなく、胃がもたれているような感じの重さ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

いかりや長介さん、死去

いかりや長介さんが、20日お亡くなりになりました。

ドリフ世代の私にとって、このニュースは衝撃的なものでした。
たまたま先週、何処かでいかりやさんの顔写真をみることがあり、昔と比べて頭が薄くなったなぁと思ったばっかりでした。

「8時だヨ!全員集合」の末期は、「オレたちひょうきん族」に浮気してしまいましたが、それは学校という閉鎖的な空間で話題に取り残されない為。おそらく友達の中でも一番最後に「オレたちひょうきん族」を見始めたと思います。

ドリフ世代と一言でいってしまえばそれまでですが、ふとしたきっかけでそれを実感するときがあります。
例えば、音楽の趣味。ブラス系の音が好きで、ジャンルは問わずホーンセクションがあるバンド・曲が好きなのですが、大学の時「なんでこういった音楽が好きなんだろう」と思ったことがありました。そして元をたどると「8時だヨ!全員集合」にたどり着いたのです。番組の中盤に歌手が歌うのですが、ホーンセクションのあるバンドをバックに歌うのです。どうやらそのときの記憶があって、『好きな番組=好きな曲=ホーンセクションがある曲』という回路が頭にできあがったみたいです。

また、つい最近「8時だヨ!全員集合」のDVDボックスが発売されました。
予約発売で初回特典(はっぴ)付が買えなかったので、発売当日にわざわざ八重洲ブックセンターまで探しにいって初回特典付を買いました。・・・周りには白い目で見られましたが。

晩年は、役者としてテレビドラマ・映画・CMに活躍をされていましたが、やはり自分はドリフの中のいかりやさんが好きでした。
全員集合の忍者ものや冒険・侵入もののオープニング「(客席に向かい)オィーッス!声が小さい!もういっちょ、オィーッス!!・・・しっ!静かにしろ!」という台詞、ドリフの大爆笑での「もしもシリーズ」の「だめだこりゃ」、銭湯ものでので他のメンバーに全身を無茶苦茶に洗われるシーンなど、いろいろと思い出されます。

ニュースソース
日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-040320-0022.html

サンスポ
http://www.sanspo.com/sokuho/0320sokuho062.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄サリンと卒業式

記憶力が弱く、物覚えが悪い自分(劇団主宰者のほう)ですが、しっかりと記憶している日というものがあります。
きょう3月20日は、そんな日です。

1995年3月20日は、私自身の大学卒業式の日であり、『地下鉄サリン』事件(Google検索)がおきた日です。

この年の1月、『阪神・淡路大震災』がおきました。その2ヶ月後にこの『地下鉄サリン』事件がおきたのです。

#ちなみに『阪神・淡路大震災』は、私が今までで一番衝撃を受けた出来事です。

車で通学をしていた私は、卒業式の日も車で向かいました。AMラジオしか聴けない車だったので、いつものように文化放送を聴きながら。
向かう途中、なにやら東京の地下鉄がストップしていることを知りました。そして大学に着き、友人と「地下鉄が大変なことになっている」話をしました。
式も無事に終了し、後輩に別れを告げ、帰り道。再びラジオをつけると、原因はよく分からないが地下鉄に相当な被害が出ているとのこと。
やがてそれがサリンだと言うことを知りました。

バブルがはじけ、就職難、1月には大震災、そしてこの地下鉄サリン事件。自分が卒業した日はこんな日でした。

自分の中でこの出来事はまだ消化できていませんが、いずれ作品として上演したいネタです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤のおじちゃんが相撲観戦

きょう(3月20日)、ある事情でNHK総合テレビを見続けることになりました。
土曜スタジオパークから、大相撲春場所の中入り後の初めぐらいまで観ていました。

土曜スタジオパークのゲストは、西城秀樹さんでした。
ドラマ「ホシに願いを」の番組宣伝で来ていて、撮影の話をしていました。

旅館の宴会場でミュージカルシーンを撮影したという話のとき西城さんは、
「旅館は繁忙期だったんですが、ぱぁ~っと税金使って借り切りました」と発言。

アナウンサーがあわてて「(税金ではなく)放送受信料です」とフォローしていました。西城さん自身もすぐに「この場を借りて訂正します」と取り繕ってました。観覧席のお客さんは、ざわついていました。。。
ちなみに私は、「旅館は繁忙期だったんですが、ぱぁ~っと気前よく貸していただきました」みたいなコメントが出てくるのだとばかり思っていたのですが。。。

で、大相撲のゲストは、朝の連続テレビ小説「てるてる家族」に佐藤のおじちゃん役で出演中の大村昆さんでした。
中入りの時、ドラマの紹介や、昆さんが相撲を好きになったきっかけなどの話をしていました。

ドラマについては、淡々と、やや気のないようなしゃべりだったので、てるてる家族を観ている自分(劇団主催のほう)にとっては、ちょっと残念でした。

その後、相撲を好きになったきっかけの力士の話になり、その力士の古い映像が流れ始めた頃から「へぇ、こんな映像残ってたんですねぇ」とだんだん興奮してきたようでした。
解説の舞の海さんにも積極的に質問をしたりして、大相撲のゲストとしてはかなりしゃべっていた方ではないでしょうか。
具体的な言葉は忘れてしまったのですが、使い古された言葉ではなく、しっかりご自身の言葉でコメントされていたのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.17

Zwilling 鼻毛クリッパーを買ってみた

アマゾンで本を買おうと思ったら、お勧め商品の欄にコレを発見。カスタマーレビューを見ると賛否両論あり、購入を一瞬躊躇しましたが、話の種にと思い購入しちゃいました。

使用後の第一声は、「なるほどねぇ~(感心&落胆)」。
まず、デザインがいいですね。電気の力が必要ないのもいい点です。“モノ好き”が好きになるタイプのシロモノではないでしょうか。
機能的には、鼻毛を2mmほど残してカット。鼻の中が刈り揃えられた芝生の状態です。本来、異物排除のために生えている毛ですし、完全に根本から切る必要はないでしょう。要は、穴から飛び出なければいいんだから。
ただ、奥の方から前に1本だけ飛び出ちゃったときなんかは、切るのが一苦労。全体を刈り揃えるのは得意だけど、ターゲットの1本をねらい打ちするのは苦手なようです。

メンテナンスも、しやすい構造です。内刃と外刃は手で回せるねじをはずせば分離ができ、付属のブラシでちょいちょいとできちゃいます。

という事で、日頃のグルーミングはこれでやって、ちょっと気になるアノ1本は、はさみで切るという感じでいこうかと思っています。
花粉症の季節なので結構のびが早いし、鼻腔内環境が妙に気になるので、使い始めにはちょうどいい時期です。

Zwilling 鼻毛クリッパー

#この記事のカテゴリはデジモノになってますが、もちろんデジタルではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.16

7つの習慣 原則中心のリーダーシップ を読んだ

丸善(日本橋店)で平積みされているのをたまたま見つけたので購入しました。
以前、7つの習慣―成功には原則があった!を読み衝撃を受けました。
その筆者の新刊という事で中身を確認せず、即購入です。

たぶん私の理解力不足が問題なのでしょうが、あまりおもしろくありませんでした。というか頭に入ってきませんでした。
「~をすれば、~ができるだろう」といった理想論的文章が多い印象で、「じゃあ実際には何をすればいいの?」と常に思ってしまう内容でした。また、7つの習慣―成功には原則があった!を読んでいる事を前提としているようです。
暫く間をおいて再度読み直しをした方が良いかもしれません。
(2004/03/15読了)

7つの習慣 原則中心のリーダーシップ
7つの習慣 原則中心のリーダーシップ

スティーブン・R・コヴィー (著)
単行本: 487 p ; サイズ(cm): 20
出版社: キングベアー出版 ; ISBN: 4906638260 ; (2004/02/27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N900iに不具合があるみたいです。

3月9日、DoCoMoからN900iが再起動してしまう不具合が公表されました。
まぁ、何かしらの不具合が出るとは思っていましたので、別に驚きはしませんでしたが・・・。

「ソフトウェアの更新」というケータイの機能で修正されるという事なので早速やってみました。
取扱説明書「基本篇」の375ページか、サイトの「ソフトウェア更新 簡易操作手順書(PDFファイル)」を参照するようにと書いてありますが、取説(取扱説明書)なんて手元にないし、わざわざPFDファイルを開くのも面倒くさい。

#まぁ、それだけ重要だという事でしょうが。

結局、本日発売の週刊アスキーには手順が載っていたので、それに従って実施しました。
ソフトウェアのダウンロードに約3分、データの書き換えに約7分、合計10分程度かかりました。
感覚的には、ウィンドウズ・アップデートのような感じで、結構お手軽で楽しいです。まぁ、平たくいうと、ただのファームウェアのアップデートなんですが・・・。

ウィンドウズ・アップデートのように頻繁にならない事を願います・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

こんな時間にメンテ・・・

2004.03.15 3/16(火)10:00-14:30 の約 4時間半、メンテナンスを行います。 メンテナンス中は、ココログへのログインや記事の投稿、新規申し込みができない状態となります。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。 ※ココログのユーザーページは閲覧のみできます。

前の日に告知なんて・・・
知らなかったから、記事作成中にメンテ時間に突入。・・・で、書き終わって保存しようとしたら保存できずに終了。

昼間にメンテなんて、どういうことなの?
緊急メンテは別として、過去のメンテ情報を見ても昼間ですね。夜勤が嫌いな人がメンテナンスをしているんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.15

微妙な抑揚

フジテレビで放送された「名門高校女子バレー部『悔し涙からの出発』」を見た。理由は単純で、石原さとみさんがナレーションをするから。
NHKの朝ドラでもナレーションをしている彼女ですが、今回は同年代の女子バレー部のドキュメンタリーでナレーションをしています。

この番組は八王子実践高校バレー部が、春の高校バレー全国大会に出場するまでの物語で、OGの三屋裕子さんがコーチをつとめ、名門復活の目指すというもの。
ナレーションは、同じバレー部員として心情を語るスタイルで、決して滑舌がいいとはいえませんが、そのあたりが逆にリアリティーがあり、心地よかったです。
ただ声量がないせいか、声が不安定で微妙な抑揚がついてしまい、悲しい事を表現したいのか、うれしい事を表現したいのかいまいち分からないセリフもありました。まぁそれも、肯定的にとらえれば、いろいろな受け止め方ができるという事で・・・。それもまた良しってことですね。

NHKの朝ドラ終了後、忙しそうな彼女ですが、こういったナレーションなどもしっかりとこなし、幅の広い、いい女優さんになって欲しいですね。
#3/11の「スタジオパークからこんにちは」では、岸谷五郎さんからのメッセージで、「(いろいろなものを吸収できる)高野豆腐女優になってください」といわれてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

N900i買っちゃいました

ガジェット(デジモノ)好きにもかかわらず、ここ最近ケータイを変えていなかった私(採用担当者のほう)ですが、先週の土曜日にN504iからN900iに機種変更をしました。

本当はオレンジ(本体の色のこと)にしたかったのですが、売り切れていたためシルバーになりました。
入荷直後に行ったはずなのでにオレンジが手に入らなかったのは、きっとドコモの店員さんの知り合いが優先されたからでしょうね。

さて、使用感はというと、多少キー配列が変わったり、機能のキー割り当てがちょっと違ってはいるものの、操作的にはあまり戸惑いを感じませんでした。
なにより驚いたのが画質のよさですね。緻細な感じで、待ち受け画像を決めるのが楽しくなります。
Webもサクサク動き、さすがFOMAといった感じです。
ただ残念な点として、全体的に動きが(反応が)遅いというのがあります。何かの機能を使っていて終話ボタンを押し終了させたときの待ち受け画面に戻る時間の遅さや、電源を切った後の終了処理(完全に画面が消えるまでの時間)が長く感じました。

。。。また、気がついたら書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やっぱり」という気持ち

今週月曜日(3月8日)のニュースで、鳥インフルエンザ感染問題で京都の会社の会長夫婦が自殺したというものがありました。そのとき、自分(劇団主催のほう)の口から一番最初に出た言葉がタイトルにもある「やっぱり」というものでした。こんなことになるんじゃないかと思ってました。

問題発覚直後の社長のインタビューと比べ、先週末の社長と会長の記者会見の表情は、明らかにやつれていたし、マスコミに対してどう対応すればいいのか分からなく、困惑しているように見えました。マスコミに、相当追い込められているなと思いました。
その矢先だったので、「ああ、やっぱりそうなっちゃったんだ」と思いました。会長ではなく社長がそうなってしまうのではないかと思っていたので、すこしだけ思っていたことと違いますが。

問題発覚後の対応はよくなかったと思いますし、自殺は責任をとったことにはならないと思いますが、そもそも、マスコミがあそこまで追い込まなければこんな結末にはならなかったでしょう。
いままで普通に地道に生活していたんだと思います。それが急にあんな風にマスコミに取り囲まれたら、理路整然と説明すること何できないでしょう。何もできなくなってしまって当然ではないでしょうか。

それに誹謗中傷や嫌がらせの電話などもあったでしょうし、これからもきっとあるでしょう。

自分の価値観だけの正義を振り回す『マスコミ』や『匿名さん』、少しは公の精神を持ってもらいたいものです。
何が世の中のためになるのか?少なくとも自殺者を出すことが世の中のためになるとは思いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.05

考具―考えるための道具、持っていますか? を読んだ

この本では、考えるための道具のことを「考具(こうぐ)」と呼んでいます。
優しく語りかけるような文章で、具体的な例を交えて書かれています。アイディアを出すところから企画をまとめるところまで、プロセスごとにいくつもの「考具」を教えてくれます。
「考具」の一つに「マンダラート」があり、紹介されているのですが、個人的に懐かしいです。学生の頃、MacPowerという雑誌を読んでいてその中に出てきた記憶があります。

すぐに使える「考具」ばかりなので、使ってみようと思います。
ちなみに、本の最後には、こう書かれています。
 『あなたにとっての最大の問題は、「読んで、分かって、やらないこと」。』
ぜひ、やりましょう。。。
(2004/03/05読了)

考具―考えるための道具、持っていますか?
考具―考えるための道具、持っていますか?

加藤 昌治 (著)
単行本: 239 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: ティビーエスブリタニカ ; ISBN: 4484032058 ; (2003/03)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.03

「ライフワーク」で豊かに生きる を読んだ

幸せな小金持ちシリーズの3作目です。ライフワークを見つける方法を教えてくれます。どんなことが自分にとってのライフワークなのかを解説とミニワークを通して知る事ができます。
この本は読んでいるだけで、何故だかワクワクしてきます。自分の進む道に悩んでいる方に読んで欲しい本です。
(2004/03/03読了)

「ライフワーク」で豊かに生きる ― 幸せな小金持ち的“天職”の見つけ方
「ライフワーク」で豊かに生きる ― 幸せな小金持ち的“天職”の見つけ方

本田 健 (著)
単行本: 244 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: ゴマブックス ; ISBN: 490146552X ; (2002/11/22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.01

新 大学教授になる方法 を読んだ

読みにくい本でした。肯定とも否定とも受けとれる文末や、論文調の言い回しなどがあり、軟らかい文章になれている私にとっては、読みにくかったです。
大学教授になるための裏技を期待したのですが、結局近道はなく、ちゃんと大学院に行って、論文を書いて、いい先生を見つけていく必要があるということのようです。本当に研究が好きな人がなる職業のようですね、大学教授って。(2004/02/27読了)

新 大学教授になる方法
新 大学教授になる方法

鷲田 小彌太 (著)
単行本: 320 p ; サイズ(cm): 182 x 128
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 447878292X ; (2001/11/29)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとよくなってきました。

あまりテレビドラマを見ない私(劇団主催のほう)ですが、今クールは、2本見ています。ひとつは『てるてる家族』。もうひとつは、『FIRE BOYS め組の大吾』です。
め組の大吾』は昔サンデーに掲載されいて、この漫画の影響で消防官を志望するひとが増えたらしいですね。私自身もこの漫画を読んで、いずれ消防士の芝居を書きたいと思いました。
連載当時、全話の半分ぐらいまでは読んでいたのですが、どういう訳か最後まで読まなくなってしまったので、今回のドラマ化を楽しみにしていました。

初回からずっと見ているのですが、どうも昔自分が読んだ漫画とストーリーが違う。で、せっかくの機会なので漫画を全巻購入し読み返したが、やはりストーリーが違う。登場人物の相関関係も微妙(明らか)に違う。原作は原作、ドラマはドラマなので、「原作とはちがう」なんて野暮なことはいいたくないのですが、なんだが納得できない。実写だし、制作費の面からも、そうバンバン火事を起こしたり危険な場面を作るわけにはいかないのもわかるんだけど、でも納得できない。
山田孝之は、前作の『ウォーターボーイズ』や『ちゅらさん』をみていて、なかなか良い役者さんだとおもって期待をしていたし、内山理名小西真奈美は、以前から好きでしたし、鹿賀丈史が五味さん(主人公の配属先の所長)をやるというのも期待できる。それなのに・・・。
そんなわけでストレスと感じながら、きっと今後は良いドラマになると期待しつつ見続けていました。

で、先週で8話まで進んだのですが、やっと見ることのできるレベルになりました。今回だけかもしれませんが。
今回の話は、原作には出てこない園田まひる(内山理名)が、女性消防士として悩む姿が描かれていました。彼女は原作に登場しないので、当然ストーリーはオリジナル(原作にも要素はありましたが)。オリジナルってことで原作という呪縛から逃れていたのでよかったのかもしれません。
とはいえ、ドラマ全体として原作に沿わせようとする意図からか、今週のストーリーのテーマとして別にいわなくてもいいのに主人公に対して「おまえは悪運が強い」なんてことを言ったりしています。
ちなみに、ついこの前NHKの土曜特集「夢見るタマゴ! 熱血浜田塾の冬期講習」(21日午後7時30分)で、消防官のたまごという女性が出ていました。ドラマでは女性は筒先をもてないってことになってましたが、その人は、筒先を持ってました。地域によっても違うのかもしれませんね。

来週は、再びレスキュー隊の神田(的場浩二)が登場します。この役のキャスティングも五味さん同様、個人的には期待しています。でも予告編を見る限り、ストーリーに期待できなそうです。

冒頭にも書きましたが、「原作と違う」なんて野暮なことは言いません。「実際の消防士は、そうじゃない」なんてことも言いません、あくまでもドラマなんだからドラマとしてのリアリティがあればいいと思います。
でも、もう少し主人公の方向性をしっかりさせた方がよかったのではと思います。『天才の誕生』とするなり、『新米消防士の成長物語』とするなり、今のままではどっちつかずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル選びの基準

仕事の関係で私(採用担当者のほう)は、各地のホテルに宿泊することがあります。また、業務の繁忙期で終電を逃し会社近くのカプセルホテルやサウナに泊まることもあります。
今回、福岡の方に出張することになり、宿泊先をいくつか探していました。結局、福岡にある支店の社員に教えてもらったホテルにしたのですが、ここがなかなか良いホテルでした。どの点がよかったかというと、ホテルにおいてあったヒゲ剃りがよかったんです。
ひとそれぞれ、ホテル選びの基準はあると思うのですが、私の基準の一つに、「ヒゲ剃りが良いところ」というのがあります。本当が自宅から洗面用具一式を持っていくのが良いのですが、できるだけ身軽でいこうとするとホテルに準備されたものを使うことになります。
ヒゲ剃りに良いも悪いもないだろうという方も多いと思うのですが、結構違います。使い捨てのヒゲ剃りにもピンからキリまであって、悪いものだと切れ味が悪くいくら剃ってもひげは剃れず、カミソリ負けだらけになってしまうのです。
で、今回のホテルのカミソリは、貝印のカミソリでした。いままでホテルやカプセルホテル、サウナなどにいきましたが、貝印のカミソリを置いてあるところは結構少ないんですよね。でも貝印のカミソリは、いつ使っても、どこの場所のでも切れ味が良いんです。裏切られたことがないといっても良いくらいです。
たかだか使い捨てカミソリ1本で、ホテル選びに影響があるかと思うかもしれませんが、宿泊した翌日も仕事の場合がほとんどなのでひげ面でいるわけにはいかないんですよね。だから重要なんです。さすがに事前にヒゲ剃りのメーカーを知ることはできないので、行ってからのお楽しみということになるんですが、今後同じ土地にきたときには、また泊まろうと思う重要な要素ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »