« いかりや長介さん、死去 | トップページ | てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫 を読んだ »

2004.03.22

大吾である必然性

FIRE BOYS め組の大吾』が先週最終回を迎えました。

番組宣伝には力を入れるフジテレビではありますが、この『FIRE BOYS め組の大吾』には、最終回30分拡大スペシャルも、『めざましテレビ』でのテコ入れもありませんでした。
主題歌のORANGE RANGE『ミチシルベ ~ a road home ~』も、タイアップ効果というよりも、自力で売れている感じがしますし。

全話を観た感想を正直に言えば、『め組の大吾』である必然性はないということ。原作を持たず、オリジナルの消防士の物語を作った方が良かったと思います。

マンガ『め組の大吾』の主人公である朝比奈大吾は数々の現場に遭遇しますが、生への本能的な執着心・天才的な活躍により、絶対に目の前で人が死にません(死なせません)。これが、このマンガ最大の特徴だといえます。
ところがドラマでは、こともあろうに同じ隊の先輩(植木さん)が大吾の目の前で殉職してしまうのです。

『大吾は必ず人を助ける。彼の出場した現場は犠牲者ゼロ。』
これが大吾が大吾たるゆえんだと思うのですが、ドラマではあっさりと覆されてしまいました。だから、「別に大吾じゃなくていいじゃん」と。

マンガを知っている自分にとっては、ワクワクするようなキャスティングでした。
そして内山理名演じる園田まひるのエピソード、最終話で的場浩司演じるレスキュー隊長神田が大吾に向かって言うセリフなど、マンガにはない場面でもなかなかいいところがありました。
・・・しかし、マンガのエピソードをつまみ食いしたような、何の脈絡もない、無理矢理つぎはぎしたようなシーンの連続は、見ていてつらかったです。

最終話、大吾の「要救助者は、オレにとって、いつも自分自身だったんです」というのは、マンガでは説得力あったけどドラマでは唐突すぎのような気が・・・。
それと、五味さんの「消防士はな、生きて帰ってこそヒーローだ。」というのも植木さんが直前に死んじゃってるしなぁ~。

全体的に重かったし、続編はないだろうなぁ~。
#重厚というのではなく、胃がもたれているような感じの重さ

|

« いかりや長介さん、死去 | トップページ | てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫 を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/335199

この記事へのトラックバック一覧です: 大吾である必然性:

« いかりや長介さん、死去 | トップページ | てるてる坊主の照子さん〈上〉新潮文庫 を読んだ »