« 7つの習慣 原則中心のリーダーシップ を読んだ | トップページ | 佐藤のおじちゃんが相撲観戦 »

2004.03.17

Zwilling 鼻毛クリッパーを買ってみた

アマゾンで本を買おうと思ったら、お勧め商品の欄にコレを発見。カスタマーレビューを見ると賛否両論あり、購入を一瞬躊躇しましたが、話の種にと思い購入しちゃいました。

使用後の第一声は、「なるほどねぇ~(感心&落胆)」。
まず、デザインがいいですね。電気の力が必要ないのもいい点です。“モノ好き”が好きになるタイプのシロモノではないでしょうか。
機能的には、鼻毛を2mmほど残してカット。鼻の中が刈り揃えられた芝生の状態です。本来、異物排除のために生えている毛ですし、完全に根本から切る必要はないでしょう。要は、穴から飛び出なければいいんだから。
ただ、奥の方から前に1本だけ飛び出ちゃったときなんかは、切るのが一苦労。全体を刈り揃えるのは得意だけど、ターゲットの1本をねらい打ちするのは苦手なようです。

メンテナンスも、しやすい構造です。内刃と外刃は手で回せるねじをはずせば分離ができ、付属のブラシでちょいちょいとできちゃいます。

という事で、日頃のグルーミングはこれでやって、ちょっと気になるアノ1本は、はさみで切るという感じでいこうかと思っています。
花粉症の季節なので結構のびが早いし、鼻腔内環境が妙に気になるので、使い始めにはちょうどいい時期です。

Zwilling 鼻毛クリッパー

#この記事のカテゴリはデジモノになってますが、もちろんデジタルではありません。

|

« 7つの習慣 原則中心のリーダーシップ を読んだ | トップページ | 佐藤のおじちゃんが相撲観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/314962

この記事へのトラックバック一覧です: Zwilling 鼻毛クリッパーを買ってみた:

« 7つの習慣 原則中心のリーダーシップ を読んだ | トップページ | 佐藤のおじちゃんが相撲観戦 »