« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004.05.30

検索の限界

半年くらい前から、テレビを観る時はパソコンも同時に立ち上げておいて、気になった言葉をGoogleでその場で検索するというスタイルになっています。

例えば、番組で紹介されたショップや商品を検索してみたり、ニュースで気になった地名・人名・キーワードを検索してみたり。
ショップや商品は、結構簡単にヒットしますね。公式のサイトであったり、利用者の評価サイトであったり。

他によく検索するのは、芸能人。
ドラマやバラエティを観ていて気になる人をすぐに検索してみます。
芸能人の場合は、公式サイトよりもファンサイトやブログが先にヒットすることが多いですね。グラビアアイドルだと、有料アダルトサイトやバナー広告が大変を占めるサイトにつながることが多いような気がします。

で、たまに検索に苦労する場合があります。
最近一番苦労したのは、日本テレビ「@サプリッ!」や、テレビ朝日の「トリセツ」に出演のさくらさん。

キーワードが“さくら”だけでは、日本の代表的な樹木だけあって様々なものがヒットします。
“さくら”と“芸能人”で検索しても、“さくら”のつく芸能人は多く、上原さくらさんや水谷さくらさんがヒットします。ちなみに今日現在、“さくら 芸能人”のキーワードでは「モーニング娘。さくら組」の順位は低いですね。。。

そしてやっとさくらさんのオフィシャルサイトを見つけることができました。

いろいろな掲示板やブログなどをたどってみると、以前は「杉安広美」という名前で活動していたみたいですね。
地方タレントで東海地区を中心に活躍をしていたらしく、東京進出を機に改名をしたということのようですが、実際ネットでさくらさんのことを調べるには、“杉安広美”というキーワードがついて回ります。
“さくら”だけでは、絞り込めませんからね。ネットで知名度を上げるには、ありきたりな名前ほど不利になるってことでしょうか。

さくらさん本人や事務所が好むと好まざるとに関わらず、ブログなどのテキストサイトでさくらさんのことを取り上げようとすると以前の名前を出すのが一番手っ取り早いですよね。“さくら”だけの検索では、サイトに訪問されることは少ないでしょうからね。

今後は、さくらさんに活躍していただき、“さくら”だけでも検索の上位になっていただくか、「○○に出演中のさくらさん」でさくらさん情報が多くヒットすることを期待します。
@サプリッ!」や、「トリセツ」では、まだまだ弱いですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.29

ペットな紅茶

5/25に『食べ茶(キリンビバレッジ・午後の紅茶)』が発売されました。

公式HPによると『食べ茶』は、『新宿 中村屋』との共同開発で、食事との相性を考えて作られたもののようです。

で、早速購入してみました。
am/pmに買いに行ったのですが、6列ぐらい並んでいたので相当力を入れているようです。

説明では、「渋みの少ないキャンディ茶葉を中心に厳選した茶葉を使い、さらにひと口ごとに料理のおいしさを際立たせる隠し味を加えました。」とあります。
実際に飲んでみると、お茶としての味はあっさりとした感じで軽いです。後味がスパイシーで、これが隠し味なんだと思います。全体的な印象としてはミルクを入れていない薄味のチャイといった感じでしょうか。

これが、食事と合うかというと、どうなんでしょう?
古奈屋のカレーうどんを食べた帰りにコンビニに寄って買って飲んだのですが、カレーのスパイシーな部分と『食べ茶』のスパイシーな部分が重なってしまい、相乗効果はないように感じました。
説明に「カレーなど、食事との相性を考えて・・・」とカレーを一点指名していますが、カレーより合う食事がある気がします。

少し前、コカ・コーラから『ザ・ティー・フォー・ダイニング』という、これもまた「食事に合う」ということを製品コンセプトにしたお茶がありましたが、これもまたあっさり味で、食事に合うかいまいちわからなかった記憶があります。

以前の記事で大塚ベバレジのジャワティストレート(shinvino JAVA TEA)が好きだと書きましたが、今回の『食べ茶』と『ザ・ティー・フォー・ダイニング』、そして『ジャワティストレート』を比べてみると、やはり個人的にはジャワティが一番だという結論ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.05.28

「世界のやまちゃん」世界進出!?

風の噂で、「世界のやまちゃん」が川崎にあると聞きました。

ということで、「世界のやまちゃん」のホームページをチェックしてみると、何と川崎に2店舗(川崎砂子店川崎仲見世店)、新大久保に1店舗あるではありませんか。

さらにググってみると、この事実は世界にかなりの影響を与えているようです。(「それすらも日々の糧EX」さん、「Umbrae Diary」さん、「Kentaro's Memo」さん、「灰色書庫」さんなど)

私が「世界のやまちゃん」を知ったのは2,3年前だと思います。仕事の関係で名古屋に行ったとき知人に連れて行ってもらったのが最初です。その知人から存在だけは聞いていたのですが。
それまで手羽先というと焼き鳥のメニューのひとつぐらいにしか思っていなかったのですが、食べてびっくりしました。おいしイイんですよ!名古屋は奥が深いですね。

近いうちに、是非いってみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.27

ハイウェイカードをETCに付け替えました。

平成16年3月1日からハイウェイカードの5万円券と3万円券、再発行券で残額が10,500円より大きいカードが利用できなくなりました。
ちなみに、5万円券と3万円券は残額の大小にかかわらず利用不可能です。

と、たまにしかハイウェイカードを利用しない私は、この事実を最近知りました。
普段は現金で支払っていたのですが、ETCを車に取り付けた関係でハイウェイカードを消化しようと思っていたら、こんな出来事が・・・。告知されてました?

で、利用できないカードはどうするかというと、日本道路公団の料金所の各事務室などで、ETCの前払いサービスに付け替えること(カード残額をETCに加算)になります。使用不可能なカードを1万円以下のカードに分割することも出来るみたいですが。

さっそく首都高速道路公団の西東京管理局に行って来ました。
ETC付け替えの受付が8階にあります。ユーザーライクではないですね。。。エレベーターで受付まで行き、そこで呼び鈴。感じのいい男性が出てきて親切に対応してもらいました。
必要なのは、ETC前払割引登録情報(ユーザーID、登録氏名、登録住所、登録電話番号)と付け替えたいカード。
PCでインターネットが利用できれば、事前に申請用紙をプリントアウトすることが出来ます。
必要な箇所を記入して、あとは受付の方にお任せ。3分ぐらいで受付完了です。あとは付け替えられるのを1週間ほど待てば手続終了です。完了通知が郵送されるそうです。実際には2,3日後にはPCでネットのETC前払割引サービスページで確認できるみたいなので、そちらで確認してもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.05.26

パケ・ホーダイに申し込みました。

6月1日からドコモ(DoCoMo)で、FOMAのパケット通信料定額制サービス『パケ・ホーダイ』が始まります。申し込み受付は5月20日から始まっています。

月額4,095円(税込)でパケット通信料が定額です。そのかわり料金プランをFOMAプラン67(月額7,035円)以上にする必要があります。
またパケットパックからパケ・ホーダイに切り替えることで、パケットパックのメリットであった、「定額通信料を無料通信分として使える」「無料通信分は音声通話にも使える」「余った無料通信分は2ヶ月繰り越し」はできなくなります。

N900iに買い換え直後は、着メロや待受画像のダウンロードでパケット代が多くかかり明細を見てびっくりしました。
最近は、さすがに着メロのダウンロードなどは少なくなったものの、もともと仕事やプライベートでケータイを使ってネットを利用する機会が多いので、どの料金プランにするかで悩んでいました。
買い換え直後は、「FOMAプラン49」と「パケットパック20」でしたが、今現在は「FOMAプラン67」と「パケットパック40(30)」にしてあります。

ドコモのサイトで「割引相談サイト」というものがあり、自分の明細の内訳金額を入力することでお奨めの料金プランを教えてくれます。私の場合、今の組み合わせが一番最適だと出ていましたが、パケット通信料がこのプランの無料通信分ギリギリのラインです。パケット通信はかなり我慢して今の金額になっているので、もう少したっぷり通信できた方がいいんですよね。

そこで今回、パケ・ホーダイに切り替えることにしました。
一番の理由は、いちいちパケット代を気にするのがいやだからという理由です。
あまり音声通話をせず、通信端末と化している私のケータイは、このパターンが一番最適な気がします。

ちなみに、ドコモの料金プランの名称「FOMAプラン39・49・67・100・150」「パケットパック10・30・60」のそれぞれの数字は税抜き金額が元になっているようですが、イマドキ税抜き金額とは・・・。税抜き金額をサービス紹介に書き続けなくてはいけない状況ってどんなもんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.25

コンタクトにしてみました。

「ホントの私デビュー!」ってことで、コンタクトレンズ・デビューをしました。

これといったきっかけはなく、ただ何となくコンタクトレンズにしてみようと思ったのでした。
しいて挙げるとすれば、気分転換、イメージチェンジといったところでしょうか。

で、コンタクトレンズ販売店に隣接している眼科に行きました。
視力の検査(機械で自動測定のやつで、目に風を吹き付けられたり、農村風景がだんだんぼけていくやつです)をした後、眼科の助手(?)のお姉さんに「最初は私が入れますので・・・」と、いわれるがままにコンタクトレンズを装着されました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのアキュビューのCMの相武紗季ちゃんではないですが、ちょっとだけ「おぉ!」と思いました、さすがに声には出しませんでしたが。

装着の後、再度視力の検査(今度は、Cの穴がどっちにあいているか)をした後、眼科の先生の診察。
ここまで非常に淡々と進みました。

そして最後に、レンズの装着・脱着練習。
すでに装着しているので、まずは脱着練習。図解入り説明ボードで説明をうけてから脱着。脱着はあっさりと完了。
そして装着練習。脱着と同じように図解入り説明ボードで説明をうけますが、メガネもコンタクトもしていない裸眼の為、説明が全く見えず。。。「いつもこうやって、見えない人に説明してるのかなぁ」と心の中でツッコミながら装着。これが結構難しく、なかなか装着できず、何度もやり直し。
何とか終了し、眼科で診察料を払い、コンタクトレンズ販売店でコンタクトレンズの料金を払い、帰ってきました。

約15年ずっとメガネだったので、メガネをしていない状態で外に出るのは、かなり久しぶり。コンタクトレンズの装着感を確かめる為にも、きょろきょろと辺りを見回しながら帰ってきました。
つけはじめは多少違和感がありましたが、慣れてくると目薬を差した直後のような清涼感に包まれる感じで、なかなか心地よいです。しばらくたってから、コンタクトで目が乾くという感覚を実感。目が乾くと視界の境界あたりが2重になりぼやけて見えます。

何はともあれ、コンタクトレンズの初経験が終わりました。これからの様子はまた後日ということで。

ちなみに、購入したのはジョンソン・エンド・ジョンソンの「ワンデーアキュビュー」。
2週間使い捨てレンズに比べると、やや割高ですが、メンテナンスの手間がないのと、メガネを今後もする可能性があるので1日使い捨てレンズにしました。
なぜアキュビューなのかというと、店員さん、、、じゃない眼科の助手(?)さんがUVカット加工してあるので・・・と勧めたからです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.05.24

年金未納?問題

TBSテレビの『サンデージャポン』をみていたら、ゴージャス松野こと松野行秀氏が記者会見を開き、自らの年金未納について語ったとのこと。

『サンデージャポン』以外に、この件に関するニュースソースがないので、何ともいえませんが。。。

まぁ、どうでもいいニュースといってしまえばそれまでですが、今の議員年金未納問題も同じようなもんでしょう。
何かしらの職を辞するといっても議員を辞めるわけではないので、数年経ってほとぼりが冷めれば何かまた別のポジションに就くワケなので。政界用語で「禊ぎ(みそぎ)」っていうんでしたっけ?

それより松野さんの復活はあるのでしょうか?そっちの方が心配です。

そう言えば、期限が過ぎたから納められないんでしたっけ、議員の皆さんって。
でも便利なことに国会って立法機関なんですよね。さっさと法律つくって、議員の方達が気持ちよく納められるようにすればいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.19

JASRAC賞ってなんでしょう?

Yahoo!ニュースを見ていたらこんな記事が。

日本音楽著作権協会が2004年度のJASRAC賞を発表したそうです。
この賞は、著作権使用料の分配額が多い作品に贈られる賞だそうです。CDやDVDがヒットしたり、カラオケで歌われたりして、著作権使用料に貢献した作品が表彰されるみたいです。

レコード大賞のように、「その年一番ヒットした・・・」といったような表現なら何の疑問もないですが、「著作権使用料の分配額が多い作品」って身も蓋もない表現だと思うんですが、いかがなもんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.11

人名の世界地図 を読んだ

この本を購入したのは2年ほど前になります。
新卒採用の関係で名古屋にいった際、移動時間のひつまぶし、もとい、暇つぶしに購入しました。
買ったのはいいのですが、買ったきりで、そのままになっていました。

さすがに買ったときの知識欲は薄れており、今読んでも消化試合のようで、あまり興味を持って読むことができませんでした。そもそも人名(特に外国人名)を覚えるのが苦手なので、これだけカタカナ人名が出てくると何がなんだが分からなくなってしまいます。

この本は、普段耳にする人名の由来や、名前に込められた意味について解説してあります。
名前だけでどこの出身なのかが分かったり、名前に込められた歴史、各言語によって語尾などに変化が生じた名前などが紹介されています。
巻末には、50音順(アイウエオ順です。A-Z順ではないです)に人名とその由来・意味などが簡単に書かれている索引があるので、ふとしたきっかけで名前の由来を知りたい場合に便利です。

「この名前って、こういう歴史があるんだよ」といったように、うんちくのネタにはいいんじゃないでしょうか。
仕事で海外の方と接する機会が多ければ、一人一人検索してみても面白いでしょう。
私は残念ながら海外の方とあまり接点がないので、映画俳優やニュースで登場する人物名を探すぐらいですが。。。

cover
人名の世界地図 文春新書

21世紀研究会 (編集)
新書: 309 p ; サイズ(cm): 18
出版社: 文芸春秋 ; ISBN: 4166601547 ; (2001/02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.05

だだっ子は、秘蔵っ子

先日、ある方からお土産をいただきました。

その名も「だだっ子」。
名前だけでは、なんだかさっぱり想像がつきませんが、小ぶりな焼き饅頭(まんじゅう)で、『名菓ひよ子』などと同じタイプの食べ物です。

で、食べてビックリ!久しぶりに本当においしいと思えるお菓子でした。
中身の餡は、鶯色で豆の食感が程よくあり、しっかり豆の味がします。甘すぎないので食べ飽きません。

で、どういったものなのか、早速サイトで調べてみました。
「だだっ子」の「だだ」は「だだ茶豆」の「だだ」のようですね。
しかも『食べ飽きしない、けれどしっかり豆の味』とサイトにも書いてあります。
まんまと作り手の罠に引っかかっちゃった感じです。

「山形の新銘菓」とサイトにありますが、まさしくお土産に買ってきてほしいお菓子です。

『いいもの』には、人に教えたくないものと、人に教えたいものがありますが、これはいろいろな人に教えたいものですね。
本当にお奨め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.04

NNN ドキュメント'02 天国への応援歌 を観ました

以前、石原さとみ主演の『天国への応援歌 チアーズ ~チアリーディングに懸けた青春~』を観たと書きましたが、今回このドラマの元になったNNNドキュメント'02『天国への応援歌~めざせ、日本一のチアリーダー~』を偶然観ることができたので、その感想を書こうと思います。

私が観たのは2002年10月27日に放送されたもののようです。ググってみるとよみうりテレビでも2003年3月22日に放送されていたようですが、野球延長で40分遅れの放送だと冒頭にテロップが出ていたので10月27日のものでしょう。

ちなみに、
高校のチアリーディング部で2連覇をねらう箕面自由学園のドキュメンタリーです。去年と比べ技術もチームワークも未熟な部員が全国一を目指します。卒業間近の先輩部員の突然の事故死、アザだらけの練習、難易度の高い技への挑戦、出場メンバー同士の信頼、出場できなかった部員との絆。いろいろな想いが入り交じり、大会決勝へと進んでいきます。

で、感想です。
全体的に淡々としている印象を持ちました。
先輩の死に必要以上にウェイトをおいてしまい、『お涙ちょうだい系』になりがちですが、そうではありませんでした。
ただ、これといった対立や大きな葛藤といったものもなく、気がつくとラストシーンになってしまった感じです。
もう少し起伏があっても良かったと思いますが、そうなるとリアリティーがなくなってしまうのかもしれませんね。
淡々としたイメージを持ったのは、作品(番組)としてのテーマが強く出ていなかったからなのかもしれません。

もちろん、いろいろなエピソードがあり、十分楽しむことができました。
練習中バランスを崩し鼻血を出したり、チアリーディング部オリジナルの応援歌「CHEERS!」を3年生の送別会で歌ったり。。。

芝居をやっている自分としては、お客さんの前で魅せる演技を行うという意味で、チアリーディングに共感する部分が多くありました。ただ彼女たちの方が、若く、さわやかで、純粋ですね。
アザを作りながら、何度も何度も失敗し、お互いに信頼することで、技を完成させるというところは、観ていて力が入ります。また、出場メンバーから外れてしまった3年生が、「悔しさ」を「想い」に変え、ハードな練習後、密かに作りためていた千羽鶴を決勝前夜に手渡すシーンは、それぞれの想いが表現されていて良かったです。

ドラマと比べると、やはりドキュメンタリーだけあって、事実であるため説得力があります。
なかなかうまくまとまらない部員達を集めて顧問の先生は、「人は一人じゃ生きていけない。いろんな人に支えられているのを意識して、常に感謝の気持ちで、みんなでやっていると思わないといけない。それが生きているみんなの仕事だと思う」という言葉を伝えます。
先輩の死を乗り越えるというストーリーではなく、絆をキーワードにした作品ですね。もちろん『絆』には、事故死した先輩との絆も含まれます。その先輩以外にも、その母親、出場メンバー、メンバーからもれた3年生、その1,2年生の部員、顧問の先生、部の伝統、それぞれがしっかりと結びついていると感じることができました。

昔から比べるとチアリーディングの技術が進歩していますね。昔の印象だとこんなにハードではなかったのですが・・・。今回、彼女たちの演技を観てレベルが高くなったんだなぁと感じました。層も厚くなっているでしょうしね。NFLのチアリーディングチームで日本人が活躍しているのも理解できますね。

ちなみに、この作品はいくつかの賞を受賞しているようです。

放送と女性ネットワーク賞 第3回最優秀賞
NNNドキュメント'02年間奨励賞

【参考サイト】
■NNNドキュメント(今回の作品)
http://www.ntv.co.jp/document/
■ドラマ(このドキュメントを元にしたドラマ)
感動ドラマスペシャル 天国への応援歌 チアーズ ~チアリーディングに懸けた青春~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »