« 眞鍋さんらしいですよね2 | トップページ | マナベのチカラ、メガネのチカラ »

2004.07.16

クリティカルシンキング (実践篇) を読んだ

クリティカルシンキング (入門篇)に引き続き、 実践篇を読みました。

クリティカルシンキング (入門篇)については、こちら

クリティカルシンキング (実践篇)
この本は、シカゴ・ロヨラ大学の心理学教授であるEugene B. Zechmeister と James E. Johnson による「Critical Thinking: A Functional Approach」の訳書です。
原著は1巻本ですが、こちらの訳書は上下巻の2巻に分かれており、今回の本はその下巻ということになります。
この本では、「ものの考え方」を系統的に学習でき、ものごとを冷静に、客観的に、論理的に考え、判断していく、実用的な思考力を身につけるための方法を学ぶことができます。

上巻の入門篇は、日常で出会うさまざまな出来事や現象の「理解」という観点でまとめてあり、下巻の実践篇を、「実践・活動」という観点でまとめてあります。言い換えれば、上巻で原理や基本的な理論を学び、下巻でそれらの原理や理論をどのように日常の出来事に利用するかを学びます。

日本の事情に合わせた翻訳となっているので、違和感なく読み進めていくことができます。
また、具体的事例を挙げて解説をし、重要ポイントを「原則」としてまとめ、その後読者がワークを行える構成になっているので、非常にわかりやすく、理解を深めることができます。「発掘!あるある大事典」のような構成と言えばわかりやすいでしょうか。

訳者があとがきにも書いてありますが、日常のあらゆる出来事に常にクリティカルな態度で一つひとつ検討していくことは現実的ではありません。大切なのは、クリティカルに考えるべき局面かどうかを適切に判断し、クリティカルに考えるべき局面であれば自分の直感や常識を過信せずに正しく判断するということです。

ということで、物事の考え方・とらえ方を身につけたい方、つい直感的に行動してしまい損をしている方などにおすすめします。
(2004/07/15読了)

クリティカルシンキング (実践篇)
クリティカルシンキング (実践篇)
E.B.ゼックミスタ (著), J.E.ジョンソン (著), 宮元 博章
価格:¥ 1,995(定価:¥ 1,995)
単行本: 290 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 北大路書房 ; ISBN: 4762820938 ; 実践篇 巻 (1997/09)

■ 関連の本

クリティカルシンキング (入門篇)
クリティカルシンキング (入門篇)

E.B.ゼックミスタ (著), J.E.ジョンソン (著), 宮元 博章, 道田 泰司, 谷口 高士, 菊池 聡
価格: ¥1,995 (税込)
単行本: 250 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 北大路書房 ; ISBN: 476282061X ; 入門篇 巻 (1996/09)

クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法
クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法

道田 泰司, 宮元 博章
価格: ¥1,470 (税込)
単行本(ソフトカバー): 188 p ; サイズ(cm): 22
出版社: 北大路書房 ; ISBN: 476282139X ; (1999/04)

|

« 眞鍋さんらしいですよね2 | トップページ | マナベのチカラ、メガネのチカラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/977825

この記事へのトラックバック一覧です: クリティカルシンキング (実践篇) を読んだ:

« 眞鍋さんらしいですよね2 | トップページ | マナベのチカラ、メガネのチカラ »