« 眞鍋さんらしいですよね | トップページ | クリティカルシンキング (入門篇) を読んだ »

2004.07.09

XYZ WIRED を購入

何を買ったのか、やっと言うことができます。

過去、3回にわたって購入時の状況を報告してきましたが、やっと何を買ったのかをお伝えできます。
そこまで引っ張るネタではなかったのですが・・・。

で本題。今回、時計を購入しました。
購入したのはセイコーウオッチ株式会社WIREDというブランドXYZ(ザイズ)シリーズ。その中のA-01 BLACK(AMBV105)です。このXYZシリーズは、専用Webサイトのみでの限定販売で、元「BEAMS」のバイヤー星名一郎氏とのコラボレーションで生まれたものです。

A-01(AMBV103)NAVY
↑画像はA-01(AMBV103)NAVY

今メインで使っている時計は、ちょうど1年くらい前に購入したもので、そろそろ休憩させた方がいいかなぁと思っていました。そこで新しい時計を探すことになりました。

購入の基準は4つ。

1.アナログであること

デジタル表示ではなくて、針で時間を示すということです。
正確な時間が知りたければケータイ(携帯電話)で十分です。逆に、大体の時間を知るにはアナログ時計の方が有利です。例えば短針の場合、9時から12時の間にあれば「昼前だなぁ」、3時から6時だと「1日の仕事も後半だ」といった具合です。
ちなみに今回、クォーツかゼンマイ巻きかはこだわりませんでした。(4番目の項目には、多少関わりますが)

2.シンプルであること

デザインがゴテゴテしておらず、機能もシンプルなもの。G-Shockほどゴツくなく、タフくなくて、生活防水以上のものも必要ないです。
それと仕事でもつけるので、遊び心全開のものはNG。

3.他の人がつけていないようなものであること

気が付いたら、周りの人の何人かが同じもの(商品そのもの・ブランド・シリーズ)をしていたという状態は避けたい。

4.手ごろな価格であること

普段使いの時計なんだから、気軽に出せる範囲で買いましょう。

・・・ということです。

そして今回のXYZ WIREDは、この基準にうまく合いました。
アナログで、シンプル。Web限定販売なので流通量も多くなさそうですし、15,750円というお手頃価格。ちょっとしたこだわりが見え隠れするのもうれしいですね。あからさまな「こだわってます感」がないのがいいんです。
フェイスを丸型か四角型で悩みましたが、今しているのが丸型なので、今回は四角型を選択。まぁ、丸型が欲しくなっても痛くない金額で買えますし。

■最初の感想

そんなわけで、ざっくりと感想を。

▼第一印象
「ん?」
ショップでいろいろな時計と一緒に並んでいても、欲しいとは思わないかも知れない。

▼想像していたほどの高級感はない
もうちょっとシルバー感(キラキラ感)があると思ったのですが、フェイスのヘアラインはやや黄色っぽい感じで、全体的に落ち着いたトーン。高級感と言うよりはカジュアル感が強い。

▼リュウズが硬い
リュウズを回転させるとスムーズに動かず、1周の内ある地点に来ると結構力が必要。
リュウズを回していると指にグリスと一緒に黒くなった金属粉が付くのもNG

▼以外と小さい
つけてみたところ腕の中に収まり、以外と小さな印象。腕からはみ出すかと思っていました。

そんなわけで、今後も気になったことがあれば投稿してみようと思います。
今のところ気になるのが周りの反応。果たして気が付いてもらえるでしょうか。。。

|

« 眞鍋さんらしいですよね | トップページ | クリティカルシンキング (入門篇) を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/927093

この記事へのトラックバック一覧です: XYZ WIRED を購入:

« 眞鍋さんらしいですよね | トップページ | クリティカルシンキング (入門篇) を読んだ »