« にがりウォーター を飲んでみた | トップページ | 自分が読んだ戦争を題材にした物語 »

2004.08.13

モノの原価がまるごとわかる! を読んだ

世の中のさまざまなモノの原価がいくらなのかを教えてくれる本です。

高級家具や格安旅行、電子辞書、納豆など身近なモノや気になるモノを中心に原価がどのくらいなのかがわかります。この手の本では古典的な紙幣・貨幣の原価についても取り上げられています。

単に原価を紹介しているだけでなく、影響を及ぼす社会環境や原価を割り出す簡単なアプローチも書かれているので、社会勉強や市場調査の入門書としてはいいかもしれません。

ただし、リアリティがあまり感じられない点が残念です。
夕刊紙のミニ雑学やうわさ話レベルの内容もあり、推測や裏付けがないデータや「~さんはこう言っている」というような子・孫情報で終わってしまっている話もあります。

きちんとウラをとったデータでまとめ上げていればかなり楽しめると思うのですが、データの裏打ちが少ないため読み進めていくうちにしらけてしまいました。

ちなみにこの本、同じ出版社から過去に発売された同様の本を再編集しデータを2004年5月のものに差し替え、新たな情報を加えた内容ということです。
(2004/08/11読了)

モノの原価がまるごとわかる!―得するウラ情報の最新版!
モノの原価がまるごとわかる!―得するウラ情報の最新版!
マル秘情報取材班
価格:¥ 500(定価:¥ 500)
単行本
出版社: 青春出版社 ; ISBN: 4413006844 ; (2004/06)

|

« にがりウォーター を飲んでみた | トップページ | 自分が読んだ戦争を題材にした物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/1180072

この記事へのトラックバック一覧です: モノの原価がまるごとわかる! を読んだ:

« にがりウォーター を飲んでみた | トップページ | 自分が読んだ戦争を題材にした物語 »