« 最近リクルート出身者系ベンチャーを聞かないです | トップページ | 石原さとみ、ラジオパーソナリティー初挑戦…鶴瓶と »

2004.10.30

スウィングガールズを観ました

スウィングガールズ オフィシャルブック微妙に旬を外していますが、スウィングガールズを観ました。

11/1付の映画興行ランキングで5位と健闘しているスウィングガールズを観ました。
終盤のドタバタがちょっと雑で、残念なシーンもありますが、そんなのはどうでもよくなるくらい(ちょっとは気になりますが)良かったです。
特にラストの演奏は良かったです。引き込まれるというのはこのことを言うんですね、映画であることを忘れ自分が画の中に完全に入ってしまいました。映画の中の観客同様、自分も席を立ってしまいそうでした。

いくつもお気に入りのシーンがありますが、主役・鈴木友子役の上野樹里さんが一番きれいに描けているなぁと思ったのは、雪の中に倒れているシーンです。純粋で素朴な表情がとても良かったです。

純粋という部分で言うと、演奏を諦めなくてはいけなくなり音楽室から出て行くシーン。本仮屋ユイカさん演じる関口香織を引っ張り出し全員で下校するのですが、悔しさが抑えきれなくなり泣き出すところは、その姿が純粋で観ていて切なかったです。小学生が大切にしていた宝物を無くしてしまって学校の帰り道を泣きながら帰っていく、そんな感じでした。
このシーンがツボにはまり、目が潤んでしまいました。

スウィングガールズの映画宣伝では今ひとつ個性を発揮できていませんでしたが、斉藤良江役の貫地谷しほりさんも好演していました。まぁ、映画宣伝では表現しにくいキャラクターだったので仕方ありませんが。
夏休み明けの廊下で友子と交わす、クラスが違う者の微妙な距離のある会話や野球場での応援が印象的です。

そしてなんといっても、生演奏がいいですね。当然、演奏自体は拙いですが「演奏そのものを楽しむ」「スウィングする」という音楽本来の楽しみを思い出させてくれます。これで演奏が上手かったら、それこそブランデーグラスを片手に持たなくてはいけなくなります。

演奏の中では、「SING SING SING」が一番のお気に入りです。メンバーそれぞれの見所もあり、一体感もあり、聴いていてゾクゾクする曲です。

脇役の中で一番のポイントは、谷啓さんですよね。ジャズの映画に谷啓さんが出てくるなんで、こんな贅沢はありません。

で、ここからは本編以外の話。

■ニューヨークの話

このブログでも紹介しましたが、先日、フジテレビ系で「スウィングガールズ ニューヨークへ行く」を観ましたが、本仮屋ユイカさん、平岡祐太さん、貫地谷しほりさんが欠席したようです。つまりメインのキャスト5人のうち3人が欠席ということに・・・。
そんなわけで自分的には微妙に盛り下がってしまいましたが、上野樹里さんのメガネ姿のすっぴんに近い顔を見れたのは良かったかなぁと。
情報のソース元は忘れましたが、この模様はDVDに収録されそうです。

■ガールズ共演の話

kuma_lyaの情報局・改さんのブログで触れられていますが、上野樹里さんと貫地谷しほりさんが11月26日放送予定のフジテレビ系金曜エンタテイメント『ドラマスペシャル さよなら、小津先生』で共演するようです。
上野樹里さんが、この作品に出演していた記憶がなかったのですが、フジテレビ系のサイトをみたらやはり新しいキャスト・舞台のようです。
ちなみにどうでもいいことですが、フジテレビのサイトの説明に“スゥイング・ガールズ”という表現が。正しくは“スウィングガールズ”だと思うんですが・・・。どうせ間違えるのなら“スウィソグガーノレズ”ぐらい言ってもらわないと。

■サントラの話

11月1日付 MUSICランキング (ウィークリー TOP30)で24位と、サウンドトラックも相変わらず好調です。

映画を観る前からサントラを聴いていましたが、映画を観たあとはもっと聴きたくなります。
ナット・キングコールの「L-O-V-E」が収録されていないのが本当に残念ですが、ガールズのみずみずしい演奏とミッキー吉野さんの透明感のある音楽、映画の中で重要な役回りのルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」が収録されており、思う存分楽しめます。ブリッジのガールズトークやボーナストラックの「失恋してもラヴィン・ユー / 工場のフォークデュオ」もいい味を出しています。

■公式サイトなど

スウィングガールズ
 キャスト紹介は必見。
 映画のヒミツ「ジャズだべさ!」には、未だに「Comming Soon」の文字が。

▼スウィングガールズ関連ニュース
GoogleNews - BETA

■関連ブログ

kuma_lyaの情報局・改さん<上野樹里、『スウィングガールズ』貫地谷しほりと共演
KINEMAtograph[キネマトグラフ]さん<スウィングガールズ スローなジャズにしてけろ
ネタバレ映画館さん<スウィングガールズ
studio*sachiko annexさん<スウィングガールズ♪
切腹!<スウィングガールズ ★★★ みんなSWINGしてる?
30歳独身男Kazuakiの映画日記<スウィングガールズ

■スウィングガールズ関連情報

スウィングガールズと始めるジャズ入門
スウィングガールズと始めるジャズ入門
日経エンタテインメント!
価格:¥ 1,400(定価:¥ 1,400)
単行本
出版社: 日経BP社 ; ISBN: 482221737X ; (2004/09)

スウィングガールズ
スウィングガールズ
矢口 史靖
価格:¥ 1,050(定価:¥ 1,050)
単行本
出版社: メディアファクトリー ; ISBN: 4840111367 ; (2004/08)

スウィングガールズ公式ガイドブック Swing a gogo!!
スウィングガールズ公式ガイドブック Swing a gogo!!
角川書店
価格:¥ 1,470(定価:¥ 1,470)
単行本
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4048537911 ; (2004/09)

「スウィングガールズ」絵コンテ集
「スウィングガールズ」絵コンテ集
矢口 史靖
価格:¥ 2,100(定価:¥ 2,100)
単行本
出版社: キネマ旬報社 ; ISBN: 4873766125 ; (2004/09/29)

スウィングガールズ オフィシャルブック
スウィングガールズ オフィシャルブック
ブレインワークス
価格:¥ 1,200(定価:¥ 1,200)
単行本
出版社: 学習研究社 ; ISBN: 4054025862 ; (2004/09/08)

サントラ 他 - SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック
SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック

■上野樹里さん関連情報

JURI first―上野樹里写真集チルソクの夏 特別版

※チルソクの夏(DVD)は、10/29に発売されました。

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

|

« 最近リクルート出身者系ベンチャーを聞かないです | トップページ | 石原さとみ、ラジオパーソナリティー初挑戦…鶴瓶と »

コメント

kuma_lyaです。トラックバックだけでなく、ご紹介いただきありがとうございます。
「SING SING SING」の演奏はテクニック的なことは抜きにして、確かに「楽しさ」が伝わってきますね。
出演者はもちろん、スタッフ、関係者が良くやってくれたと思います。

投稿: kuma_lya | 2004.10.31 05:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/1804357

この記事へのトラックバック一覧です: スウィングガールズを観ました:

» スウィングガールズ [ネタバレ映画館]
 「JAZZっておっさんの音楽じゃん」と言われようが、音楽の心は永遠なのだ。  スタンダードな名曲「A列車で行こう」、「シング・シング・シング」、「イン・ザ・ム... [続きを読む]

受信: 2004.10.30 19:21

» スウィングガールズ ★★★ [切腹!]
みんなSWINGしてる?JAZZの演奏の基本はSWING。SWING♪SWING♪でも、この見終わった後の不完全燃焼感は何なのだろう。期待していたほどの満足感が... [続きを読む]

受信: 2004.11.02 01:07

» 本仮屋ユイカの『ファイト』主要キャストが揃い会見 [kuma_lyaの情報局・改]
本仮屋ユイカさんの主要キャストが発表されましたね。緒形直人さんと酒井法子さんが両親とのこと。3月28日が待ち遠しいです。 [続きを読む]

受信: 2004.11.07 02:54

» SWING GIRLS(スウィングガールズ) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
今日は1日。映画の日ということで1,000円で鑑賞。ということで、会社を即効定時退社でバイクでぶっ飛ばして!。っま、ほとんど毎日定時退社ですが(笑) この... [続きを読む]

受信: 2004.11.11 14:18

» 貫地谷しほりの映画『死霊波』が2月5日に公開 [kuma_lyaの情報局・改]
映画『スウィングガールズ』でブレークした一人、貫地谷しほりの新作映画『死霊波』が2月5日から公開される。 この映画はテレビで流される心霊写真や怪奇スポット... [続きを読む]

受信: 2005.01.17 20:25

» スウィングガールズ (DVD) [ひるめし。]
映画館で観て好きになってDVDを買ってしまった。私は好きな映画でも2回くらい観たら「もう、いいや」って飽きちゃうけど「スウィングガールズ」だけは何度観ても飽きない!!それどころか何度でも観たくなっちゃう。 出て来る女子高生達のキャラクターがみんな個性的でわかりやすくて、おもしろかった。ラストの演奏シーンはカッコよかった!ラストソングの「シングシングシング」は感動したさ。それぞれのソロパートは鳥肌�... [続きを読む]

受信: 2005.04.07 16:28

« 最近リクルート出身者系ベンチャーを聞かないです | トップページ | 石原さとみ、ラジオパーソナリティー初挑戦…鶴瓶と »