« 元・採用担当者になりました | トップページ | ジョゼと虎と魚たち を読んだ »

2004.11.03

儲けを生みだす表現力の魔法 を読んだ

儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できるアマゾンのおすすめ商品でこの本を知りました。
演劇の役者経験を営業(セールス)に活かしたと聞き、興味がわいたので早速購入して読みました。

筆者は冒頭で『顧客満足度』という言葉を取り上げます。
顧客満足という言葉は、文字通り顧客を如何に満足させるかということですが、「顧客を満足させるだけでいいのですか?」と読者に疑問を投げかけます。

顧客の期待を下回れば顧客は満足はしません。期待通りのことをすることで『顧客満足』となります。
演劇の場合、期待通りのことをすればいいのかというと、そうではないと筆者は言います。演劇の場合、期待を上回ることが起きるので感動する。つまりお客を如何に感動させるかが重要なんだと。セールスも同じで、顧客の満足ではなく、顧客の感動を目指しましょう、と。
そして、その後の章でどのようにすれば感動を演出できるか例を交えながら説明していきます。

まるで筆者の講演会に参加しているような文体・内容で、例話法が豊富です。話し言葉で行間も多く空けてあるので1時間もあれば十分読み終えます。いろいろな話題が出てくるので、楽しく読み進めることができ、なんだかやる気にさせてくれます。

ただ残念なことに実践してみようと思っても、どうやって感動を演出すればいいかまでは書かれていません。
どちらかというと、考え方や精神論が中心で道具として使える部分は少ないです。

技術的な話題として「カンカラコモデケア」の説明がありますが、私としては中学校の時に既にカンカラ作文術を読んでいたので、目新しくなかったのが残念です。

いろいろなところから理論を引用し、これでもかというほど理由付けをしているので「感動させることが重要です」というメッセージは、痛いほど伝わってきます。最後の『儲ける』という言葉は、信者をつくると書くという名言もいいですね。
ただ、全体として講演を聴いている感じなので、結局金八先生の説教と同じで、納得はできるけれどなかなか実践は難しいですね。

残念ながら私は信者にはなれませんでした。
(2004/10/15読了)

儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる
儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる
平野 秀典
価格:¥ 1,470(定価:¥ 1,470)
単行本
出版社: かんき出版 ; ISBN: 4761261528 ; (2004/02/10)

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

|

« 元・採用担当者になりました | トップページ | ジョゼと虎と魚たち を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/1844758

この記事へのトラックバック一覧です: 儲けを生みだす表現力の魔法 を読んだ:

« 元・採用担当者になりました | トップページ | ジョゼと虎と魚たち を読んだ »