« シナリオへの道 を読んだ | トップページ | 石原さとみ 現地で職員激励 »

2004.11.11

アイデアのつくり方 を読んだ

アマゾンで勧められたのがきっかけで購入しました。

この本の帯には「60分で読めるけれど一生あなたを離さない本」と書かれています。
この言葉は、オリジナルの本でも同様のコピーがつけられていたようです。

そしてまさに、このキャッチコピーのような本です。

非常に薄い本なので、手に取ったときは本当に薄いんだなぁと驚きました。ただ実に奥深い本です。
おそらく世の中で言われているアイディアのつくり方は、すべてこの本が原点ではないでしょうか。
この本に書かれているアイディアを生み出す手順は非常にシンプルです。そしてこの本を読んでしまえば、他に手順に関しての本を読む必要は一切ありません。

ただ、アイディアを作り出すツール・手法については、全くといっていいほど触れられてはいないので、アイディアを生み出す道具(川喜田二郎の「発想法」など)については、必要に応じて学ぶ必要があります。

ちなみに、アマゾンではこの本の出版社がティビーエス・ブリタニカとなっていますが、2003年7月に出版事業の営業譲渡を受け阪急コミュニケーションズに変わっていますのでご注意下さい。
(2004/11/02読了)

・・・今回紹介した作品は以下に

アイデアのつくり方
アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング 他
価格:¥ 816(定価:¥ 816)
単行本
出版社: 阪急コミュニケーションズ ; ISBN: 4484881047 ; (1988/03)

発想法―創造性開発のために
発想法―創造性開発のために
川喜田 二郎
価格:¥ 693(定価:¥ 693)
単行本
出版社: 中央公論社 ; ISBN: 4121001362 ; (1967/06)

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

|

« シナリオへの道 を読んだ | トップページ | 石原さとみ 現地で職員激励 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/1909774

この記事へのトラックバック一覧です: アイデアのつくり方 を読んだ:

« シナリオへの道 を読んだ | トップページ | 石原さとみ 現地で職員激励 »