« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.30

眞鍋さんとバタコさん

真鍋かをりと松本大のいちばんやさしい株のはなし―チカラを抜いて、スローな投資生活を始めよう(ISBN: 4532351154)単行本 日本経済新聞社 他 ¥ 1,000眞鍋かをりさんが、「小田急沿線喫煙マナー向上キャンペーン」に参加しました。
ニュースサイトによると、眞鍋さんは小田急グループ各社と(社)日本たばこ協会で実施する今回のキャンペーンでクリーンアップ隊隊長に任命され、29日、東京・新宿ミロード「モザイク広場」で行われた任命式に出席したそうです。

<ニュースサイト>
真鍋かをりが喫煙マナー向上を訴える(nikkansports.com)
マナー守って…眞鍋かをり、クリーンアップ隊隊長(SANSPO.COM)

以前、自身のブログで「私自身は、歩き煙草の人とすれ違うときなどはわかりやすく大きな迂回をするくらい煙イヤ系」と発言したのが影響したのかどうか分かりませんが、納得のいく隊長就任だと思います。こういったキャンペーンの任命って何でだろうとおもうことがよくありますので。

ちなみに、ニッカンでは、眞鍋さんのクリスマスの予定についての質問もあり、「仕事はあるけど夜は未定です」とのことです。
「友達と・・・」とか適当なことを言わないので、本当に未定なんでしょうね。正直なぁと思わせるあたりが眞鍋さんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.29

ロートジーコンタクト(目薬)の使用感

ロートジーコンタクト[医薬品] [目 薬]12mlコンタクトレンズユーザーにも超清涼感を!今年の春からコンタクト(使い捨て)にしているのですが、どうやらドライアイのようで目薬が手放せません。
どうせ買うならいろいろな種類を試してみようということで、いくつも買って使用感を確認しています。
そこでせっかくなので目薬のレビューを書いてみようと思います。

今回は、「Zi: contact <ジー コンタクト>」(ロート)です。

この目薬の最大の特徴は、コンタクト対応型で清涼感が得られることです。

実際のところ、それほど強い清涼感は得られませんでした。全く清涼感が無いということはありませんが、CMで良くあるような清涼感のイメージにはなりませんでした。

■コメント

商品名: ジー コンタクト
メーカー:ロート製薬
液色:無色
効能:疲れ目、コンタクトレンズの不快感改善、涙液補助
清涼感:★★☆☆☆
好み:★★☆☆☆

■関連リンク

すきすき目薬
※現時点で今回の商品レビューはありません。

ジー コンタクト 対応コンタクトレンズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.26

年末は上野樹里さんで

JURI first―上野樹里写真集(ISBN: 4063646033)大型本 木村 晴 ¥ 2,940
年末は上野樹里さんの露出が多いので、そのことについて。

続きを読む "年末は上野樹里さんで"

| | コメント (3) | トラックバック (3)

CDの省スペース化

CDのプラケースを捨てて、中身を別のケースに入れ替えましょうという話。

既に有名な商品ですし、いろいろなホームページで紹介されているので、ここでの紹介は手短に。
自分が忘れないために記事にしました。

学生の頃はバイト代が出たらその足で中古CD屋に直行して、ジャケットだけを見て買ういわゆる「ジャケ買い」を
していました。
仕事を始めてからは、あまりCDを買わなくなったのですが、最近また買い出すようになってきました。
学生の頃のように「ジャケ買い」はしませんが、ネット(主にHMVのサイト)で良さそうなのを探して、バンバン買っています。

ちなみに、P2Pでいわゆる違法コピーが出回ってCDの売り上げが落ちたと言っていますが、本当なんでしょうかね?
単純に、買ってまで聴きたいものが減ってきたんだとおもいますが、違いますか?
それと、違法コピーを試聴と捉えれば購入意欲が高まると考えられるのではないでしょうか。私自身、ネット(ショップ)で試聴することが出来るようになって、以前より購入することが多くなりましたし。
・・・違法コピーに賛成しているわけではありませんよ。

本題に戻って・・・

続きを読む "CDの省スペース化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.25

ドラえもん、身売り

すでに各方面のブログで取り上げられている「ドラえもんの声変わり」。ところが、ドラえもんの話題はこれだけではなく、もっと大きな問題が起きています。

こちらも各方面のブログで取り上げられていますが、『「ドラえもん」そっくりキャラ、米国政府関連団体サイトに登場で物議』(nikkeibp.jp)というニュース記事。

アメリカ合衆国(米国)のFCC(連邦通信委員会[Federal Communications Commission])という政府機関の子供向けコンテンツ「Kids Zone」にドラえもんに似たキャラクターが登場しています。

ドラえもんは声だけが変わるのでなく、心も日本から離れてしまうんですね。

続きを読む "ドラえもん、身売り"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Amazon.co.jpのバーコードリーダー

Amazonが、ケータイ向けサービス“Amazonモバイル”と、NTTDoCoMoのカメラ付きケータイのバーコードリーダー機能を使った新サービスの“Amazonスキャンサーチ”の提供を開始したようです。

平たくいうと、ケータイ向けサイトのリニューアルと、ケータイで読みとったバーコードの商品をサイトで表示できるiアプリの提供という事でしょうか。

<ニュースソース>
“Amazon.co.jp”、携帯電話向け新サービス“Amazonモバイル”を提供開始(ASCII24)
お店でパシャリはOK? Amazon、商品バーコードをカメラで読み取るiアプリ(ITmediaモバイル)

早速、アプリをダウンロードして手元にあった本のバーコードを読みとってみました。しっかり商品が表示され、カートに入れるかどうか聞いてきました。

・・・と、ここでふとした疑問。
欲しい本のバーコードってどこで読みとればいいの?

続きを読む "Amazon.co.jpのバーコードリーダー"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.11.24

北のポッキー:石原さとみさんのクリッピング

ひばかまだいありーさんを覗いてみたら、石原さとみさんのインタビュー記事(北海道新聞)を発見。ちょっと大人っぽい感じで写っていました。

記事の内容は、映画『北の零年』について。
ちなみに、大人っぽい感じの写真のキャプションには、「現場でいただいた差し入れがおいしくて、北海道は忘れられない場所になりました」というコメント。・・・食べ物ネタですか。おそらく差し入れをして下さった方々の温かさに感謝しているんだと思いますが。

まぁ、ホリプロスカウトキャラバンの前にダイエットしていたり、榊原郁恵さんをはじめとした歴代グランプリをみてのとおり健康美が審査基準になっていることを考えたら、こういった発言は織り込み済みですし、いちいち突っかかるようなコメントでは全くないんですが。
まぁ、北海道が忘れられない場所になった理由が食べ物であったり、ペットを飼ったことがないので馬の接し方が分からなかったりと微妙にズレたコメントが石原さんらしくってかわいいですね。・・・書いている記者のまとめ方でこういったコメントになったんだと思いますが。

それともう一つ、ポッキー&プリッツの日のPRについて。
少し古い情報になりますが、江崎グリコのホームページのプレスリリースに「渋谷で石原さとみさんが ポッキー&プリッツの日をPR」(2004年11月7日)が掲載されました。

こちらでのコメントは、「(ポッキー&プリッツについて)普段からよく食べます。私はノーマルにポッキーの赤箱やメンズポッキーが好きです。」といったような優等生的なコメントでした。

■関連ブログ

<kuma_lyaの情報局・改さん>
 石原さとみがヒロイン!あだち充の『H2』ドラマ化
<ひばかまだいありー(石原さとみブログ)さん>
 多恵役・石原さとみ がむしゃらに演技(北海道新聞)
<IRFANのネット放浪記>
 石原さとみ、ポッキーイベントにゲスト参加
<今日の出来事 part2 & STRIKE ZONE さん>
 石原さとみ  ポッキーのCM
<Orchard Cafe 〜 美女数珠つなぎさん>
 石原さとみ嬢の成長を見守ろう
<アイドル画像 newsさん>
 石原さとみミニスカならず!残念!!
<アイドル情報局さん>
 新?ポッキー四姉妹

■関連情報

<映画『北の零年』(東映)>
 公式サイト
 ※吉永小百合さん、渡辺謙さんの娘役(2005年1月公開)
 インタビュー記事(北海道新聞)
<江崎グリコ>
 キャンペーン・CMページ
 パナップTV-CM
 アイスの実TV-CM
 ポッキー
 渋谷で石原さとみさんが ポッキー&プリッツの日をPR(プレスリリース)
<第30回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン>
 ニッポン放送公式ページ
 Wikipedia
<H2>
 公式サイト(TBS)

▼写真集・カレンダー
最前線TimeSwitch(2004石原さとみファースト写真集石原さとみ 2005年度 カレンダー

その他の石原さとみさん情報については、こちらの記事をご覧下さい。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

Freddie Mercury's Day

HMVのサイトへ
11月24日は、フレディ・マーキュリー (Freddie Mercury[1946~1991])の命日です。

1991年11月23日、フレディはエイズに感染しているとマスコミを通じて公表。そしてその翌日、1991年11月24日フレディはエイズによる気管支肺炎で他界しました。45歳という若さでした。

今日1日、“Freddie Mercury's Day”ということでFreddie Mercury氏を追悼したいと思います。

このブログのデザインも今日1日だけ特別なデザインになっています。
トップバナーの画像は、Queen: Greatest Hits IIIのジャケット画像です。そして、この記事の画像はHMVのアーティストサーチの画像です。
ちなみに、HMVのサイトは最近リニューアルしたようです。前よりもシンプルになった気がしますが、ウィッシュリストとショッピングカートが同一画面で無くなったのが残念です。

続きを読む "Freddie Mercury's Day"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.23

Diaryをはじめた佐藤めぐみさん

先日、20歳の誕生日を迎えた佐藤めぐみさん。オフィシャルサイトでDiaryを始めたようです。

Diaryを始めたのは11月27日ということで、誕生日からですね。
オフィシャルサイトもリニューアルし、ファッション雑誌をイメージさせるデザインとなっています。・・・あくまでも主観ですが。

ちなみにDiaryへたどり着くのは大変です。オフィシャルサイトのトップページからだと、[Photo]のリンクから入り、そのPhotoの本文中のDiaryをクリックすることでみることができます。
トップページからすぐにたどり着けないのは、誰の陰謀なんでしょうか?まぁサイトリニューアルとDiaryコンテンツ追加の連携がうまく取れなかっただけだと思いますが。
今後、サイトのマイナーチェンジで動線が確保できるでしょう。
それとDiaryページは、ケータイでの閲覧も可能なような作りだったのでマイケータイでみてみました。ところが11月22日のページは画像の容量が大きすぎて、途中で容量オーバーになってしまいました。。。

今回、サイトを見ていてうれしかったのは、newsページに佐藤めぐみさんのファンへのメッセージ(テキスト)が掲載されていたのと、今後の掲載雑誌のスケジュールが出ていたことです。
「サイトを充実させるより、プロモーションに力入れろよ!」とツッコミが入るよりはいいと思いますので。

それにしても、誕生日だったのにトラックバックが一つもないって悲しい。。。

■関連サイト

▼公式サイト
プロフィールページ
オフィシャルサイト
所属プロダクション

▼出演中のCM
ケータイ・デ・ピッ!と(NTTDoCoMo)

※その他の情報は、この記事でご確認下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.22

やっぱり南田洋子さんに注目でしょう!

朝ドラ「わかば」に出演している南田洋子さんに注目しています。

「わかば」では、ヒロイン若葉の祖母役で出演しており、「人生、生きちょるだけで丸儲け!」という口癖がドラマの中でいいアクセントになっています。
南田さんの最近の活躍を知らなかったのですが、このドラマを観てすごい女優さんだなぁと再認識しました。
役者はその年齢に応じて演じられる役があるといいますが、南田さんはまさにその通りです。人生の年輪といったものがドラマの中でさりげなくにじみ出ていて、奥の深さをみせてくれます。このさりげなくというのがなかなか出来ないんですよね。

そして先日、『ナースマンがゆく』(日本テレビ系毎週土曜日21時)の第5話にも出演され、優しさあふれる演技で魅せてくれました。
このドラマとしては珍しい、悲しいエピソードの重要な役を演じていました。南田さんの優しさが、エピソードの悲しみをより深いものにし、またドラマ全体を暖かい雰囲気にしていました。

そんなに女優さんを知っているわけではないですが、『ドラえもん』に出てくるのび太のお婆ちゃん的な『優しいおばあちゃん』という役が一番ぴったりなのは南田さんではないでしょうか。「わかば」と「ナースマンがゆく」を観てそう思いました。

続きを読む "やっぱり南田洋子さんに注目でしょう!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.18

あだち充「H2」山田&石原でドラマ化

いろいろなところで噂になっていた「H2」のドラマ化&石原さとみさん出演の件ですが、スポニチアネックスにその記事が載りました。
詳細は、スポニチの記事を見ていただこうと思いますが、気になるのは石原さんのドラマに関するコメント。

「同世代の出演者が多いのでチームワークを大切に演じたい。堤さんの作品は大好きなので出られるのがうれしい」(スポニチの記事より)

『ウォーターボーイズ2』や『天国への応援歌 チアーズ』の時にも同じようなコメントを聞いたような気がしますが、自分の思い違いだと思うので、過去のニュースは調べないことにします。
もう少し作品に寄ったコメントを用意してもいいと思いますが、いかがなもんでしょうか?ホリプロさん。

※記事自体は11月17日の昼頃に書きましたが、翌日のタイマーセット投稿になっています。

■関連サイト

公式サイト「H2」(TBS)

ひばかまだいありーさん>「H2~君といた日々~」(石原さとみ)
今日の出来事 part2 & STRIKE ZONE さん>
<徒然なるままに・・・ さん>山田孝之&石原さとみでH2ドラマ化!
<今日も生きてます。さん>あだち充「H2]ドラマ化

kuma_lyaの情報局・改さん>石原さとみがヒロイン!あだち充の『H2』ドラマ化
※この記事を書いているときには掲載はありませんが、たぶん記事にされると思うので勇み足で紹介(^_^;
・・・実際に記事が投稿されましたので、リンクを追加しました。

Orchard Cafe 〜 美女数珠つなぎさん>
※おなじく投稿されると思うので、予め紹介(^_^;

(追記)2004.11.22 10:45
kuma_lyaの情報局・改さんで関連記事が確認できたので、リンクを追加しました。
公式サイトのリンク追加。まだ、コンテンツは少ないようですが。
コメントには『タッチ』世代と書きましたが「日あたり良好」のドラマも観ていました。『タッチ』世代では無い?

| | コメント (5) | トラックバック (5)

2004.11.17

佐藤めぐみさんの誕生日です


今日11月17日は、佐藤めぐみさんの誕生日です。誕生日おめでとうございます。
ちなみに佐藤めぐみさんは1984年11月17日生まれです。

他に11月17日生まれの人には、ホンダ創業者の本田 宗一郎さん、TOKIOの城島さん、内田 裕也さん、水谷 さくらさんなどがいます。

今回の記事を書いていて感じたのは、佐藤めぐみさんを取り上げているブログやファンサイトが少ないということ。
個人的には関心度がかなり高いのですが、世間的にはそうでもないようですね。ちょっとさみしい。。。
DoCoMoのCM出演で知名度が上がり、映画出演で評価が高くなることを楽しみにしています。

関連情報などは以下に、

続きを読む "佐藤めぐみさんの誕生日です"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.16

今年の冬は、ハバネロとジンギスカン

浅見れいな 2005年度 カレンダー先日(2004.11.14)の世界ウルルン滞在記は、(下條アトム風に)「世界一辛い唐辛子ハバネロに・・・ 浅見れいな が出会った。」ということで、女優の浅見れいなさんがハバネロ農家に滞在しました。
そういえば浅見さん、歌うのが嫌いなようで最後の最後にようやく1曲だけ歌っていました。

日本でもスナック菓子などで有名になったハバネロですが、番組の中で実にいろいろな料理に使われていました。そしてどれも美味しそうでした。
生ハバネロは間違いなく辛いでしょうが、香りが良いということなので食べてみたくなりました。

偶然?にも、スポニチアネックスに「日本ブームでメキシコハバネロ特需 」といった記事も掲載されています。

辛いものが大好きというわけではないですが、生ハバネロに惹かれてしまいました。
ちなみに去年の同じ時期には「ゆずこしょう」がマイブームでした。

で、楽天で生ハバネロがないか探してみましたが残念ながら見つかりませんでした。タバスコのようにソース状のものや乾燥粉末はあるんですけどね。

で、メキシコ料理店なら食べられるだろうと@グルメぴあへ。

続きを読む "今年の冬は、ハバネロとジンギスカン"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『純愛』な岡村ちゃん

11月12日のNEWS23『金曜深夜便』のコーナーに岡村靖幸さんが登場しました。
以前このブログでも紹介しましたが、出演の件すっかり忘れていました。記事によると10月22日に出演予定となっていましたが、ずれたようですね。・・・10月22日も忘れていましたが。

たまたま番組を見ることができたのは、ラッキーでした。

筑紫さんとの簡単なトークのあと2曲ほどナマ歌を披露してくれました。
トークはあまりかみ合わず、先日出版された岡村さんの「純愛カウンセリング」を中途半端に紹介して、あわただしく生演奏の準備へ。
歌った曲は、『ア・チ・チ・チ』と『聖書(バイブル)』でした。

と、この記事を書いていたらラジオで『だいすき』が流れはじめました。
『だいすき』は岡村ちゃんらしいポップでちょっとエッチな感じが良いですね。
NEWS23のライブの声を比べると、さすがにハリがあって若いですね。

で、話を戻すと。

続きを読む "『純愛』な岡村ちゃん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

サイドバーの整理

ブログ(ココログ)のカスタマイズの話。

かなり前ですが、サイドバーの“カテゴリー”を標準のコンテンツから自作のものへと変更しました。
理由は、カテゴリが多くなりすぎたため。
それほど利用率は高くないけれど、かといってサイドバーから消したくはないということで、効率よくまとめることを考えました。

プルダウン(SELECTタグ)を使ってFORMのボタンかJavaScriptで移動する方法、別のページをフレーム(IFRAMEタグ)を使って表示する方法、スタイルシートを使って表示を縮めリスト風にする方法など、いくつか方法があります。

メリット・デメリットを考えると・・・。

☆プルダウンでボタンを使う方法が一番安全だと思うのですが、カテゴリが増えたときにリストを追加するのが面倒。
☆プルダウンでJavaScriptは、スクリプトを埋め込む(スクリプト書いて作動確認する)のが面倒。
☆IFRAMEは、別でページを作らないといけないし、対応していないブラウザがある(古い考え?)から却下。
☆スタイルシートは、ココログ自体がスタイルシートを活用しているし、カテゴリが増えてもコピー&ペーストで修正が楽。

ということで、スタイルシート方式を採用しました。
具体的な設定方法は以下のとおりです。

続きを読む "サイドバーの整理"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.13

北海道土産といえば

“すきま”ブログの検索ワードで常にトップの座を維持し続ける「東京土産」というキーワード。
記事の割合でいえば、土産ネタは圧倒的に少ないのに根強いです。

さて、今回は知り合いが北海道に行って来たということで、そのお土産をいただきました。
北海道のお土産といえば、そう「白い恋人」です。定番中の定番ですよね。

白い恋人(ホワイト24枚入り)

白い恋人チョコレートドリンク 1缶念のために説明すると石屋製菓の製品で、薄い四角形のクッキーでホワイトチョコをはさんだお菓子です。
クッキーの角が欠けないようにクッキーの角は丸く、サンドされているホワイトチョコはクッキーよりもやや大きめです。・・・そんな心遣いもうれしいですよね。
いつの間にかホワイトチョコだけでなく、ミルクチョコをサンドしたものや、白い恋人のドリンクなども発売されています。

最後に「白い恋人」をお土産で持って帰るときの注意点をひとつ。

サンドされているチョコは、当然の事ながら熱に弱いです。絶対に冷やして持ち帰りましょう。もしくはクール便を使いましょう。
完全に溶けてしまうまで放っておくのは問題外ですが、クッキーよりもやや大きめチョコは角がしっかりある四角形です。その角がしっかりと残っている状態で相手に渡しましょう。
おそらく角が残っているのが正しい姿だと思いますので・・・。

ちなみに、今回いただいたものはしっかり角がありました。

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

すらすら読める風姿花伝 を読んだ

以前読んだシナリオへの道の中で筆者の石森史郎さんが世阿弥の『風姿花伝』は読んでおいた方がいいと言っていたので、原文に近い『風姿花伝』では無いですが、こちらの本を購入し読みました。

読み仮名のついた原文と現代語訳を2段組とし、それぞれの文章のあとに筆者の解説が書かれているという構成です。
『風姿花伝第四 神儀云』は、専門的といった理由で省かれていますが、今の世の中にも通用する「教え」について収められています。

続きを読む "すらすら読める風姿花伝 を読んだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

石原さとみ 現地で職員激励

デイリースポーツonlineによると、「ホリプロ(堀義貴社長)が10日、新潟県中越地震の被災者に義援金500万円を送った」そうです。ホリプロのホームページ「新着情報」にも掲載されています。

記事全文(デイリースポーツonlineより全文引用)

石原さとみ 現地で職員激励

 ホリプロ(堀義貴社長)が10日、新潟県中越地震の被災者に義援金500万円を送った。この日、堀社長と同社所属の女優・石原さとみ(17)が新潟市を訪れ、新潟県共同募金会(星野元会長)に義援金を贈呈。終了後はボランティアセンターを訪れ職員を激励した。石原が今年度の共同募金運動のポスターモデルを務めていることから堀社長の発案で所属タレント、社員有志による募金活動で500万円が集められた。

-- 引用ここまで --

ちなみにこのニュースを知ったのは、ケータイの芸能ニュースメールで。ウェブでもデイリースポーツぐらいしか取り上げていないようですね。ニッカン、サンスポ、スポニチでは今現在、確認できませんでした。

今日11月11日はポッキー&プリッツの日ということで、そっち系のネタを拾おうと思ってましたが、この記事の方が自分の中での優先度が高いので、紹介いたしました。

まぁ、日も暮れたので今さらって感じはありますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アイデアのつくり方 を読んだ

アマゾンで勧められたのがきっかけで購入しました。

この本の帯には「60分で読めるけれど一生あなたを離さない本」と書かれています。
この言葉は、オリジナルの本でも同様のコピーがつけられていたようです。

そしてまさに、このキャッチコピーのような本です。

非常に薄い本なので、手に取ったときは本当に薄いんだなぁと驚きました。ただ実に奥深い本です。
おそらく世の中で言われているアイディアのつくり方は、すべてこの本が原点ではないでしょうか。
この本に書かれているアイディアを生み出す手順は非常にシンプルです。そしてこの本を読んでしまえば、他に手順に関しての本を読む必要は一切ありません。

ただ、アイディアを作り出すツール・手法については、全くといっていいほど触れられてはいないので、アイディアを生み出す道具(川喜田二郎の「発想法」など)については、必要に応じて学ぶ必要があります。

ちなみに、アマゾンではこの本の出版社がティビーエス・ブリタニカとなっていますが、2003年7月に出版事業の営業譲渡を受け阪急コミュニケーションズに変わっていますのでご注意下さい。
(2004/11/02読了)

・・・今回紹介した作品は以下に

続きを読む "アイデアのつくり方 を読んだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.10

シナリオへの道 を読んだ

ふとシナリオの作成技術に関する本を読みたくなってしまいました。

そこで手に取ったのが今回の本です。
この本は、シナリオライターの石森史郎さんが書いた本で、もともとは、雑誌『ドラマ』の連載として書かれたものです。
当初5回連載で勝手気ままにシナリオについて自身の意見を書くというスタンスだったのが、評判がよいということで50回連載という長期連載になったものだそうです。
本書のあとがきでは、最初から50回連載と決まっていれば順序立ててシナリオについて解説ができたが、そうではなかったのでまとまりに欠けていると、ご自身が言っております。

構成は大きく分けて3部構成になっており、1部がシナリオを書くための心構えや筆者の体験・経験談、2部が筆者の実際のシナリオを3作、3部が具体的なシナリオ作成術となっています。

繰り返し文中で語られているのは、「シナリオの書き方にきまりはない」ということ。つまり人によって、それぞれの書き方があるので、誰か有名な脚本家の描き方をマネしたところでいい作品にはならない、ということ。ストーリーの構成も、「起承転結」でも「序破急」でもいい、それはその人の書きやすいほうで良いと。
きちんと構成された50回連載のシナリオ作成術ではないことと相まって、「シナリオの書き方にきまりはない」という言葉に説得力があります。

また、無駄な説明口調のセリフを省き、効果的なセリフを言わせるかということを作者自身の作品を例に出し解説します。本に収められているシナリオ3作はそれぞれタイプの違った作品なので、さまざまなタッチを知ることができ大変参考になります。

作者の語りはストレートで辛口です。そしてシナリオについて熱心に話をしてくれます。シナリオのお勉強をしましょうという教本的で優等生的ではないところが読んでいて気持ちが良いです。

そして何よりも一番すばらしいと感じたのが、「他人の書いたシナリオの悪口をいわない」ということ。大の大人(プロ)が集まって完成させた作品に対して、批評家気取りであれこれ言う前に、まず自分で作品を書きなさいというメッセージが伝わってきました。

ちなみに、「石森 史郎」さんの読み仮名は、「いしもり ふみお」さんです。
(2004/10/29読了)

シナリオへの道
石森 史郎
価格:¥ 1,890(定価:¥ 1,890)
単行本
出版社: 映人社 ; ISBN: 4871002101 ; (1985/06)

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

石原さとみさんが泣いているので

TimeSwitch(2004 Vol.01)おそらく書くネタがなかったのでスルーしていた情報ですが、こんな記事がウェブ報知に掲載されていました。11月2日の記事っぽいですね。

で、どうしてまた今さら取り上げたかというと、この雑誌を偶然本屋で見つけて買ったからです。発売したことをすっかり忘れていました。

40~50代の男性読者がターゲットということで微妙にターゲットから外れている“すきま”ですが、石原さんの涙に思わず惹かれてしまいました。
雑誌の中でも巻頭数ページに数カット登場していますが、特にインタビューなどはなく、この雑誌のイメージ(?)にあった女優さんということで登場しているようです。

ひばかまだいありーさんのブログによると、石原さんは泣くのが苦手なそうなのでこのショットは貴重なのではないかとのこと。
気になる方は、お近くの書店でご確認下さい。

気になるついでにもう一つ。
藤代冥砂氏責任編集の『最前線』という写真集。

続きを読む "石原さとみさんが泣いているので"

| | コメント (4) | トラックバック (4)

渋谷飛鳥さんがデート

美少女クラブ31 1st Fan Book恋するハニカミ!」(TBS系毎週金曜23:00~23:30)に渋谷飛鳥さんが出演していました。

この番組は、タレント2人がデートをする番組ですが、今回は美少女クラブ31の渋谷飛鳥さんとジュノンスーパーボーイコンテスト特別賞受賞の木村了さんが遊園地でデートをしました。

渋谷飛鳥さんについては、もう2年も前になりますがNECのパソコン「VALUESTAR」のCMや、今年5月の平成教育委員会(フジテレビ)に出演している姿を思い出します。「美少女クラブ31」といわれてもピンとこないのは、グループ系アイドルへの興味がおにゃん子で終わってしまったからでしょうか。

一方、木村さんはウォーターボーイズ2に出演していたといえば、わかりやすいでしょうか。
実際、デートの冒頭ではウォーターボーイズの曲がBGMとし使われており、高校生のデートといった雰囲気を作っていました。

続きを読む "渋谷飛鳥さんがデート"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.06

『冒険! CHEERS!!』の冒険

日本テレビ系で毎週土曜18時30から放送されている『冒険! CHEERS!!』という番組が面白いです。

同じく日本テレビ系で放送されている『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日曜19時~、TOKIO出演)の子供・少年版といった番組で、番組タイトル(漢字 + 英語で、"!"マークが多い)からして似ています。DASH村の初代住人である清さんも「冒険! CHEERS!!」にいつの間にか出演するようになってます。

内容は、森の中で木の上に家を建てたり、廃線の線路を敷き直しトロッコを走らせたり、ミニチュア料理を作ったりと、外に出て昔ながらの冒険をしたり、町中でいろいろな遊び・実験をしています。
ちなみに、11月6日放送予定の内容は、自動車作りだそうです。

この番組のいいところは、8歳から20歳くらいの年齢の違うメンバーが協力して一つものを完成させるという点だと思います。
毎回のテーマ(内容)も面白いですが、年長者が率先して問題解決したり、年少者に協力を仰いだりと、それぞれができる範囲のことを一生懸命やっている姿は微笑ましく、この番組の最大の魅力です。

続きを読む "『冒険! CHEERS!!』の冒険"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.11.05

「わかば」を見ています、が・・・

わかば―連続テレビ小説NHK朝の連続テレビ小説「わかば」は始まりしばらく経ちました。
以前、このブログでも「わかば」に期待する記事を書きましたが、今回はその感想を書いていこうと思います。

朝ドラ「わかば」が始まり約1ヶ月が経ち、舞台も宮崎から神戸に移りました。「起承転結」でいうところの「承」に入ったところです。
ちなみに、ここまでのストーリーは「ヒロイン若葉が震災で移り住んだ宮崎の大学を卒業し、ようやく神戸に就職でき夢の第一歩をあゆみ始めた」ところです。

全体的な印象で言うと内容が薄い感じです。1回15分という限られた時間なので、あれもこれも盛り込むのは難しいですが、ストーリーがヒロインの成長に絞られすぎているように思います。まぁ、伏線を張っている途中という見方もできるかと思いますが。
てるてる家族のように家族全員が内容の濃いエピソードを持っているのは特別だとしても、もうすこしサイドストーリーを楽しみたいです。

続きを読む "「わかば」を見ています、が・・・"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.11.04

ジョゼと虎と魚たち を読んだ

久しぶりに小説を読みました。

ジョゼと虎と魚たちのDVDは買ったものの見る機会を失ってしまい、せっかくなので原作を先に読もうという事にしました。
田辺聖子さん自身は以前から知っていたのですが、小説を読んだのは今回が初めてです。よく筒井康隆さんの本を読んでいたのですが、筒井さんのエッセイなどでよく名前が挙がっていました。

この本は、「ジョゼと虎と魚たち」を含む8編の短編集で、どれも男女の関係を描いています。
子供の読むような童話ではなく、大人の男女(人間)の物語です。
いずれの話も、納得というか感心というか、細かい描写で登場する女性の心理が実によく分かります。それぞれの物語を読むたびに、こういった話が理解できる自分の存在を認識し、大人になってしまったんだと実感しました。
短編ですが、内容の濃い男女の事情(情事ではなく)を覗くことができました。

「ジョゼと虎と魚たち」のDVDを観ることになりますが、おそらく小説とは全然違うんだろうなぁという気がします。
小説のジョゼ(私の心の中)と映画のジョゼ(池脇千鶴さん)とが一致しなかったので。
(2004/10/21読了)

小説:ジョゼと虎と魚たち
田辺 聖子
価格:¥ 500(定価:¥ 500)
文庫
出版社: 角川書店 ; ISBN: 4041314186 ; (1987/01)

ジョゼと虎と魚たち
DVD:ジョゼと虎と魚たち

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.03

儲けを生みだす表現力の魔法 を読んだ

儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できるアマゾンのおすすめ商品でこの本を知りました。
演劇の役者経験を営業(セールス)に活かしたと聞き、興味がわいたので早速購入して読みました。

筆者は冒頭で『顧客満足度』という言葉を取り上げます。
顧客満足という言葉は、文字通り顧客を如何に満足させるかということですが、「顧客を満足させるだけでいいのですか?」と読者に疑問を投げかけます。

顧客の期待を下回れば顧客は満足はしません。期待通りのことをすることで『顧客満足』となります。
演劇の場合、期待通りのことをすればいいのかというと、そうではないと筆者は言います。演劇の場合、期待を上回ることが起きるので感動する。つまりお客を如何に感動させるかが重要なんだと。セールスも同じで、顧客の満足ではなく、顧客の感動を目指しましょう、と。
そして、その後の章でどのようにすれば感動を演出できるか例を交えながら説明していきます。

続きを読む "儲けを生みだす表現力の魔法 を読んだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.02

元・採用担当者になりました

うちの会社の担当替えで、今月から採用担当がメインでなくなってしまいました。
ということで、“元・採用担当”のすきま2号です。

まぁ、これでボーダーなネタかどうかドキドキすることが無くなったので、よりキワドイことが書けるようになりました。
例えば、某口コミ系サイトで私が体験したこととか、リアルな採用事情とか、知り合いの会社の状況とか。。。

ということで、ご期待下さい。もちろん不義理なことはしませんが。
ちなみに、今は何を担当しているのかは言えません、悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログブックス・コンテストに参加してみます

今ココログでは、ココログブックス・コンテストの受付を行っています。

■ココログブックス・コンテスト開催宣言(全文引用

ココログブックス・コンテストは、優れたココログを広く公募のなかから発掘し、活躍の場を提供するものです。ココログを作っている方ならどなたでもご応募いただけます。

審査員には、第一線で活躍する編集長3名をお迎えし、入賞作品を決定します。ココログブックス賞に入賞した方のココログは、プロの編集者の手により書籍化され、書店に並びます。

ノミネート作品にも将来的な書籍化のチャンスがあるかもしれません。あなたのココログのご応募をお待ちしています!

-- 引用 ここまで --

という宣言ですが、イマイチ何のコンテストなんだか、入賞すると何がうれしいんだかよく分かりません。

賞は、ココログブックス賞(1名)と審査員賞(3名)があり、ココログブックス賞は該当のココログ(作品)が単行本化され出版されます。副賞はAdobe Creative Suite Premium版。審査員賞は賞品(デジカメCanon IXY DIGITAL 450)が贈られます。

単行本化やデジカメをもらいたい人が、応募するんでしょうか?
自分の感覚としては、単行本化やデジカメは副賞で、何らかの名誉がコンテストの目標だと思うんですが、どんな名誉があるのかはっきりしません。

何がコンテストの目的なのか一生懸命想像力を働かせて考えて見た結果、『一番ココログらしいココログはどれか?』を決めるものなのかなぁと。
例えは変ですが、ホリプロタレントスカウトキャラバン全日本国民的美少女コンテストのように回数を重ねれば、賞に重みも出てくるのかもしれません。

■選考基準(全文引用)

・オリジナリティがよく出ているもの
・ブログならではの機能に関心が高く、コミュニケーションに積極的なもの
(すべてを満たすことが条件になるわけではありません)

-- 引用 ここまで --

選考基準もいまいちはっきりしません。ちなみに全日本国民的美少女コンテストの基準(美少女の絶対条件)はこちら
まぁ、あんまり厳密な基準を設けると受賞作品を決めにくくなるだけなので。。。

で、結論としては、参加してみました。
受賞するとは一切思っていませんが。・・・社会的貢献といいますか、協力した方がいいのかなぁという親心ならぬ子ゴコロで参加をしました。

おそらく、画像やフラッシュ、スタイルシートなどを駆使してデザイン的にいい作品が受賞するのではないかと想像しています、審査員賞は。
ココログブックス賞は、わかりやすく言うと「電車男」のように今までのスタイルではない作品が有力なのかなぁと思っています。出版に耐えられるブログ作品が受賞となるのでしょう。

エントリー受付期間が11月7日(日)まで延長されましたので(エントリーが少ないのでしょうか?)、この機会に、ココログな方、他薦も良いそうなのでお気に入りのココログがある方は、申し込んでみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

携帯でビデオ

ASCII24のケータイニュースによると、「三菱樹脂(株)は26日、SD/miniSDカードにTV番組などを録画できるビデオレコーダー『携帯でビデオ』(KV-900)を12月3日に発売すると発表」したそうです。ニュースソースは、ここ。会社の製品情報はここ

コンポジットケーブルを使いTVやビデオデッキと繋いで、SDカードやminiSDカードに携帯電話で再生可能なフォーマットの動画を録画できるものだそうです。
ASCII24編集部による予想販売価格は2万円前後とのこと。

128MBのカードならファインで約2時間の録画が可能ということなので、どうしてもケータイで見たい動画がある方には強い見方となる商品ではないでしょうか。

個人的には重要かつ緊急な需要が見つからないのでアレですが。
Appleのスティーブ・ジョブズさんもこう言ってますし。

ちなみにこの製品、ピラミッド型をしているのですが、とり・みきさんの四コママンガに登場する『ゲーム・テトラ』を思い出したのは私だけでしょうか?

※とり・みきさんの四コママンガは、週刊アスキーのコラム『ニュースの海を旅する』と一緒に掲載されていたものです。

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『てるてる家族』総集編、地上波で放映決定

オムニバス 他 - てるてる家族の昭和歌謡アルバム石原さとみさんネタが続いたので、もう一つ既報から。

NHKのドラマ再放送のページによると「てるてる家族」の総集編がNHK総合で2004年12月29(水)~2005年1月2日(日)に5日連続で放送されます。時間は毎日午前6時10分から。

私の記憶が正しければ、総集編は今年の夏ごろBSで放送されたので、おそらくおなじものだと思います。
BSのは観てないので分かりませんが。

完全版のDVD化が困難な作品なので、総集編がどれだけ上手く編集されているかが気になるところです。
まぁ、「ちゅらさん」や「ほんまもん」の総集編みたことがあるので、だいたいの想像はつきますが。。。要するにヒロインのストーリーを追う編集って事ですね。

すきまイチオシのドラマなので、早起きが三文の得な方には是非見ていただきたい作品です。
総集編なので、細かいエピソードが拾えないと思いますが、それは仕方がないですね。

時々、うちのPCに残っている「てるてる家族」の本放送をランダムに観ていますが、どの回を観ても泣けます。一つひとつの場面が作り込まれているなぁと改めて感心します。
ちなみに最近観たのは夏子がキャバレーまわりをして、いしだあゆみさん演じる先輩歌手山根ミサ子と出会い、イヤリングをプレゼントされるシーン。いしだあゆみさんの圧倒的な存在感、リアリティのある演技が圧巻でした。お気に入りのシーンの一つです。

■関連ブログ

kuma_lyaの情報局・改さん
石原さとみ&上野樹里の『てるてる家族』総集編

関連情報は以下に

続きを読む "『てるてる家族』総集編、地上波で放映決定"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第17回東京国際映画祭に石原さとみさん登場

すっかり油断してました。まさか東京国際映画祭に出席とは。
「第17回東京国際映画祭」が31日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで閉幕しましたが、そのクロージング作品「ターミナル」の舞台あいさつに石原さとみさんが登場しました。(ニュースソースは、SANSPO.COMスポニチアネックス

ちなみにSANSPO.COMの芸能トップページには石原さとみさんの写真が掲載されています。
どうでもいい短評をすると、SANSPO.COMの画像は大人っぽい感じ。スポニチアネックスの方は、ぷにぷにした感じです。nikkansports.comにも関連記事がありますが、画像がないので省略。

今日のめざましテレビでは、トム・ハンクスさんが映っている(はしゃいでいる)のは見たのですが、石原さとみさんは映っていたんでしょうか?全く気がつきませんでした。

それと、石原さとみさんのパーソナリティ初挑戦の記事のところで書くのを忘れてしまったんですが、目覚めと同時にテレビをつけたとき、めざましテレビで「さとみさん、ミュージックソンのパーソナリティに」と言っていたのを聞きました。寝ぼけていたんで小林聡美さんがパーソナリティかと思ったんですが、石原さとみさんだったんですね。「さとみ」と聞いて真っ先に石原さとみさんを思い浮かべないようでは、ファン失格ですね。。。

(追記)2004.11.01 13:41
ZAKZAKデイリースポーツにも関連記事が出ていました。ZAKZAKには質問内容なども書いてあります。

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原さとみ、ラジオパーソナリティー初挑戦…鶴瓶と

石原さとみさんが、毎年恒例の「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」(ニッポン放送、12月24日正午~)のパーソナリティを務めることが決まりました。(ニュースソースは、SANSPO.COM
ラジオのパーソナリティ初挑戦ということです。

それとニュースソースでも触れられていますが、12月24日は石原さとみさんの誕生日。
今年18才になるということで、この日から深夜の仕事も解禁となります。
この仕事を今年やらなくてどうする、というぐらいグットタイミングな出演です。
「母がラジオをよく聴いていたので、私もラジオっ子でした」という役目をしっかり意識した発言もあり、当日の生放送が今から楽しみです。

ちなみに一昨年のパーソナリティは田中麗奈さん。・・・何を言いたいかは分かっていただけると思うので、以下省略。

...ココログの標準カテゴリにラジオって無いの?

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »