« 携帯でビデオ | トップページ | 元・採用担当者になりました »

2004.11.02

ココログブックス・コンテストに参加してみます

今ココログでは、ココログブックス・コンテストの受付を行っています。

■ココログブックス・コンテスト開催宣言(全文引用

ココログブックス・コンテストは、優れたココログを広く公募のなかから発掘し、活躍の場を提供するものです。ココログを作っている方ならどなたでもご応募いただけます。

審査員には、第一線で活躍する編集長3名をお迎えし、入賞作品を決定します。ココログブックス賞に入賞した方のココログは、プロの編集者の手により書籍化され、書店に並びます。

ノミネート作品にも将来的な書籍化のチャンスがあるかもしれません。あなたのココログのご応募をお待ちしています!

-- 引用 ここまで --

という宣言ですが、イマイチ何のコンテストなんだか、入賞すると何がうれしいんだかよく分かりません。

賞は、ココログブックス賞(1名)と審査員賞(3名)があり、ココログブックス賞は該当のココログ(作品)が単行本化され出版されます。副賞はAdobe Creative Suite Premium版。審査員賞は賞品(デジカメCanon IXY DIGITAL 450)が贈られます。

単行本化やデジカメをもらいたい人が、応募するんでしょうか?
自分の感覚としては、単行本化やデジカメは副賞で、何らかの名誉がコンテストの目標だと思うんですが、どんな名誉があるのかはっきりしません。

何がコンテストの目的なのか一生懸命想像力を働かせて考えて見た結果、『一番ココログらしいココログはどれか?』を決めるものなのかなぁと。
例えは変ですが、ホリプロタレントスカウトキャラバン全日本国民的美少女コンテストのように回数を重ねれば、賞に重みも出てくるのかもしれません。

■選考基準(全文引用)

・オリジナリティがよく出ているもの
・ブログならではの機能に関心が高く、コミュニケーションに積極的なもの
(すべてを満たすことが条件になるわけではありません)

-- 引用 ここまで --

選考基準もいまいちはっきりしません。ちなみに全日本国民的美少女コンテストの基準(美少女の絶対条件)はこちら
まぁ、あんまり厳密な基準を設けると受賞作品を決めにくくなるだけなので。。。

で、結論としては、参加してみました。
受賞するとは一切思っていませんが。・・・社会的貢献といいますか、協力した方がいいのかなぁという親心ならぬ子ゴコロで参加をしました。

おそらく、画像やフラッシュ、スタイルシートなどを駆使してデザイン的にいい作品が受賞するのではないかと想像しています、審査員賞は。
ココログブックス賞は、わかりやすく言うと「電車男」のように今までのスタイルではない作品が有力なのかなぁと思っています。出版に耐えられるブログ作品が受賞となるのでしょう。

エントリー受付期間が11月7日(日)まで延長されましたので(エントリーが少ないのでしょうか?)、この機会に、ココログな方、他薦も良いそうなのでお気に入りのココログがある方は、申し込んでみてはいかがでしょうか?

|

« 携帯でビデオ | トップページ | 元・採用担当者になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/1829927

この記事へのトラックバック一覧です: ココログブックス・コンテストに参加してみます:

« 携帯でビデオ | トップページ | 元・採用担当者になりました »