« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.30

(未読)就職の極意

就職の極意―これで、息子は10社の内定を獲得した(ISBN: 4478783438)単行本 越智 通勝 ¥ 1,575夕刊フジBLOGで紹介されていたのでとりあえずアマゾンのカートに放り込んでおきました。
読むかどうか以前に買うかどうかを書店で検討しようと思います。

この本は、エン・ジャパン株式会社代表取締役社長の越智さんが書いた本です。
エン・ジャパンは転職サイトとして有名でしたが、去年から新卒向けのサイトもオープンし、また日本ブレインセンターから採用関連事業を継承し、総合的に就職支援を行う企業になりました。
そんな会社の代表取締役社長が書いた本です。

わざわざ記事にした理由は、この本の副題にツッコミを入れたかったから。

『就職って内定をとった社数で決まるんですか?』

まぁ、現実には社数なんでしょうけど、(就職ビジネスに携わる会社の社長としての)タテマエとしてこういう副題はいかがなものかと。
そういえばエン・ジャパンは「人財」って言葉を使ってますよね。

ちなみに、ワイキューブの安田さんも本を数冊出していますが、「採用の超プロが教えるできる人できない人」のカスタマーレビューは賛否両論。最初は「否」の方が多かった印象がありますが、さっき見てみたら☆5つも結構ありますね。

それと会社の知名度を上げるために「社長という立場の人は、本を出した方が絶対いい」って誰かがいってました。

何を言いたいか察していただけるとありがたいのですが。。。

就職の極意―これで、息子は10社の内定を獲得した
就職の極意―これで、息子は10社の内定を獲得した
越智 通勝
価格:¥ 1,575(定価:¥ 1,575)
単行本
出版社: ダイヤモンド社 ; ISBN: 4478783438 ; (2004/11)

採用の超プロが教えるできる人できない人
採用の超プロが教えるできる人できない人
安田 佳生
価格:¥ 1,365(定価:¥ 1,365)
単行本
出版社: サンマーク出版 ; ISBN: 4763194909 ; (2003/02)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.29

ドラえもん盗用疑惑の続報

以前の記事『ドラえもん、身売り』で取り上げたアメリカ合衆国(米国)FCCのサイトのキャラクター「Broadban」君がドラえもんに似ているという話題ですが、Sankei Webが『「ドラえもん」そっくり?キャラクターで物議 米連邦通信委サイト』という記事で取り上げています。
ブログを中心として取り上げられていた話題ですが、今回ようやくマスコミが取り上げることになりました。
Sankei Webの記事によると、「(ドラえもんの)著作権保全業務を委託されている小学館プロダクション」が今回の件について警告の文書を送ったとのこと、しかし送付から約1ヶ月が経っても返答がないとのことです。
スラッシュドット ジャパンでも、今回の件について話題に上っていますが、このコメントには共感します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【速報】てるてる家族総集編放送時間変更

先ほどNHKの番組表を確認してみたら「てるてる家族」総集編の放送時間が変更になっていました。
スマトラ沖地震の報道による時間変更だと思われます。

明日以降の放送時間はNHKのサイトの番組表とドラマ再放送「てるてる家族」総集編とでは違っています。
今後も様々なニュース報道により放送時間の変更が行われる可能性がありますので、ご注意ください。

ちなみに、朝ドラ「わかば」の特別編があることをヤフーのテレビ番組表で見つけ録画しようとした際、てるてるの時間が変更になったのを知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.28

スウィングガールズコンサート初日無事終了

スウィングガールズ プレミアム・エディション(ISBN: )DVD  ¥ 8,232映画『スウィングガールズ』の「SWING GIRLS First & Last Concert」が昨日行われました。

本日28日も行われますが、公式サイトによると午後2時より当日券の発売があるようなので、どうしても観ておきたいという方は、この機会に是非。

今朝のめざましテレビでコンサートの模様を紹介していましたが、やはり本仮屋ユイカさんは欠席されたようですね。
当日レポがOldRailWayさんのSwingGirls First&Last Concert 12/27に載っていますので、どんな様子か気になる方はチェックしてみて下さい。

スポーツ誌では、SANSPO.COMに一段と上達…「スウィングガールズ」解散コンサートというのがあります。ちなみに本日のSANSPO.COM芸能トップページの画像はコンサート時の上野樹里さんです。
記事によると、今回のコンサートの模様を収録したCDが来年3月23日に、DVDが来年4月6日に発売されるそうです。

映画DVDが3タイプ発売され、今回のCD、DVDの発売となると、商業的にはかなり成功を収めたといえるでしょうね。
映画『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』のように飲料メーカーとのコラボレーションはなかったものの、スウィングガールズ単体での売り上げは、当初の予想より大きかったのではないでしょうか。

今回のコンサートのDVDですが、きっと買うことになりますね。
今回本仮屋さんは参加できなかったですが、プロモーションを兼ねての東北ジャスフェスティバルでの演奏をはじめ、「とくダネ!」(フジテレビ)やニューヨーク、ロスでの演奏など、様々なライブ音源が存在することになります。
それこそ本当のジャズバンドのように、「フルメンバーのライブはこれがベスト」とか、「フルメンバーではないけれど、このライブが一番」といったような楽しみ方が出来るのではないでしょうか。

ちなみに上野樹里さんについては、明日から「てるてる家族総集編」が放映されたり、映画出演が決まったりといろいろあるようですが、風邪を引いてしまい網羅する体力がないので、そこら辺の情報はいろんなブログでご確認下さい。(投げやりだなぁ)

(追記)2004.12.29 10:09
OldRailWayさんが2日目のレポも書かれていますのでそちらのリンクと、併せて他の方のも。
それとOldRailWayさんコメントありがとうございます。プラスアルファの情報も提供していただき感謝します。

また、スウィングガールズのモデルとなった高校のホームページを観てみましたが歴史のページが面白かったです。高校ってそうだよなぁと思わせる設立時のエピソードでした。

■当日レポ関係
<OldRailWayさん>
 SwingGirls First&Last Concert 12/27
 SwingGirlS First&Last Concert12/28
<//袈//裟//斬//り// さん>
 スウィングガールズ First&Last コンサートを観て
<日々是精進セピアさん>
 4-12-28(Tue)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

今日の注意


飲む酸素!オキシジェン・ドロップス【ヒーリング雑貨メープルフォレスト】
は、ソフトコンタクトレンズ用 ケア用品レニュー(355ml)と似ているの注意しましょう。

危うくジュースにオキシジェン・ドロップスのかわりに、ソフトコンタクトレンズ用 ケア用品レニュー(355ml)を入れるところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.27

石原さとみさん、お疲れ様でした

などとタイトルに書くと、いかにも石原さんファンの掲示板カキコみたいですね。誰にも発見されないマイナーファンサイトの掲示板で、本人が読むことは絶対無いのに本人宛てにメッセージを書いちゃってる感じでしょうか。

さて、石原さとみさんは誕生日でもあった24日から25日にかけてラジオ・チャリティー・ミュージックソン(ニッポン放送)のパーソナリティとして24時間参加しました。
ラジオが聴けないときはあそこの実況板で状況を確認しながら、聴けるときはぼちぼち他のことをしながら聴いていました。AMラジオを聴くこと自体あまりないのですが、ミュージックソンは非常に久しぶりでした。
例年、フジテレビのニュースでミュージックソンの模様を紹介している時は、テレビラジオ同時放送を楽しむために急いでラジオをつけてますが・・・。

続きを読む "石原さとみさん、お疲れ様でした"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.24

12/27上野樹里さんシスターズに上場

上野樹里さん関連のブログ記事を探していたら『芸能証券 - 芸能動向分析サイト 』というサイトを見つけました。

このサイトは、「芸能人の名前のGoogle(インターネット検索サービス)での検索ヒット件数を株価になぞらえ、日々の値動きを記録していこうという主旨のサイトです。」(サイトより。全文はこちら
12月1日より新規上場が始まったばかりですのでまだ銘柄が少ないですが、上場銘柄が増えることで盛り上がっていくと思います。

久しぶりに「やられた!」と思ったサイトです。

タイトルの上野樹里さんについては、12月27日にシスターズ市場に新規上場予定とのことです。
芸能証券の場合、上場記念のご祝儀相場はなさそうですが、映画出演などでご祝儀相場になりそうですね。
それと、不祥事を起こしても相場が上がっちゃいますよね、たぶん。

続きを読む "12/27上野樹里さんシスターズに上場"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

石原さとみさんの誕生日です

Time Switch Vol.1 (2004)―青春を聴キ想フ「おとな」MAGAZINE (1)(ISBN: 4812418879)大型本  ¥ 1,200今日12月24日は、石原さとみさんの誕生日です。誕生日おめでとうございます。
ちなみに石原さとみさんは1986年12月24日生まれです。

他に12月24日生まれの人としては、『嵐』の相葉雅紀(1982年)さん、キャスターの長野智子(1962年)さん、『ビューティフルライフ』『オレンジデイズ』の脚本家北川悦吏子(1961年)さん、『ジュールの法則』のJ・P・ジュール(1818年)さんなどがいます。

石原さんにとって今年一年は、テレビドラマの年だったのではないでしょうか。
最近の朝ドラでは一番のデキだと言える『てるてる家族』(NHK)のヒロインや、朝ドラ後民放ドラマ初出演の『天国への応援歌 チアーズ』(日本テレビ)のヒロイン、かなり久しぶりにリメイクされた『ビー・バップ・ハイスクール』(TBS)のヒロイン、『ウォーターボーイズ2』のヒロインなど、作品のデキや視聴率は別として、特徴的な作品に多く出演されています。

続きを読む "石原さとみさんの誕生日です"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.21

眞鍋さんのイチオシ出演情報

爆笑問題のススメ 作家V.S.爆笑問題!永久保存版 実はこんなトーク・カットしてました。 ¥ 3,990あの中山道(なかやまどう)が、『真昼のスペシャル 激辛クリスマス 』と題してスペシャル番組が放送されます。
中山道は、テレビ東京の毎週木曜深夜25時から放送されていたものですが、今回は12月23日(木)12:30~13:25(Gコード:7563101)となっており、平日昼間の放送となっています。

深夜番組を平日昼間にスペシャルで放送するということで、誰をターゲットにしているのかさっぱり分かりません。
冬休み直前の小中高校生をターゲットにしているのでしょうか?それとも、深夜枠を楽しんでいた人をターゲットにしているのでしょうか?謎です。
いずれにせよ、レギュラー放送中の「まったり感」と「中山秀征さんのスケベ親父」に期待したいです。

レギュラー放送中、眞鍋かをりさんはゲスト出演をし、ほぼ準レギュラー化していました。
おそらく、ここ最近の眞鍋さんが出演しているバラエティの中で一番、魅力と自由さを堪能できる番組でした。

その中山道のスペシャルに眞鍋さんが出ないわけありません。当然、出演するからには十分期待できると思います。
自分はテレビ番組情報誌を読まないので、もしかしたらそういった情報誌で少し内容に触れられているかもしれませんが。

眞鍋さんファンの方や、ブログで眞鍋さんのことが気になっている方は是非、チェックしてみて下さい。

ちなみに、12月22日の徹子の部屋にも出演する予定です。
また、年末年始の特番にも多く出演の予定です。アバンギャルド(所属事務所)の公式ホームページには特番関係の情報はほとんどありませんが、私がいつもお世話になっているサイトには、しっかり出演情報が載っていました。

どうでもいい話ですが、アバンギャルドにリンクを張るには連絡が必要なようです。
年末の忙しい時期で連絡するのは面倒なので、今回はリンクを張らないことにします。まぁ、忙しい割にはブログを書いているのですが・・・。
アバンギャルドに限ったことではないですが、リンクを張るときの連絡って何とかならないんですかね。そんなにリンク元が気になるなら定期的にリファラーでも調べれば良いと思うんですが。

■関連サイト
眞鍋かをりのここだけの話
君の夏に飛び込みたいっ!
 アイドル出演情報や独自のアイドルコラムがすばらしいです。
リンクに許可は不要です - 情報教育Wiki

■関連情報
アマゾンで「眞鍋かをり」をさがす。
楽天で「眞鍋かをり」をさがす。

(追記)2004.12.21 23:32
最初の方に「深夜番組を平日昼間にスペシャルで~」と書きましたが、祭日でしたね。失礼しましたm(_*_)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.20

スウィングガールズDVD予約開始

スウィングガールズ プレミアム・エディション(ISBN: )DVD  ¥ 8,232映画『スウィングガールズ』のDVD発売が決定しました。
発売日は、2005年3月25日だそうです。

今回発売のDVDは3種類あり、特典が多くなる順にスタンダード、スペシャル、プレミアム・エディションとなっています。それぞれのエディションの違いは、下記のリンクでご確認下さい。
ちなみにプレミアム・エディションは完全予約限定生産ということで、ラーメンでいうところのアリアリの全部乗せ状態になっていますが、この手の商品としてはお手軽な価格となっています。
Amazonでは12月19日から予約を受け付けています。ちなみに自分はその日のうちに予約をしました。
また、TSUTAYA onlineでは、スウィングガールズ・ポスターなどのオリジナル特典がつくようです。

続きを読む "スウィングガールズDVD予約開始"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

佐藤めぐみさんのインタビュー記事

佐藤めぐみさんのインタビュー記事が、タレメ.net『今週の注目!』に載っています。

佐藤めぐみさん誕生日の記事にタレメ.netさんからコメントをいただき今回の情報を知りました。感謝!
インタビューでは、デビューのきっかけや現在公開中の映画『銀のエンゼル』の撮影話などが紹介されています。また、アップの写真もあり、ファンの方やドコモのCMなどで気になっている方は是非チェックしてみて下さい。
映画を中心に活動をしていきたいということですので、今後の活躍にも注目です。

タレメ.netは以前から知っていて、さくらさんの記事山口紗弥加さんの記事など、ちょいちょい読んでいました。
改めてインタビューのバックナンバーを眺めると、いろいろな意味で気になる人物が多い事に気がつきました。「ちょっと気になるなぁ」というタレントさんがチョイスされているので、なかなか読み応えがあります。

さて、佐藤めぐみさんについて取り上げたので、ついでに賞味期限切れの話題を。

ブラジャケという、無料で配布されているブックカバーに『銀のエンゼル』が登場していました。提供期間が2週間ということで、すでに12月16日に提供終了となっていますが、ブラジャケサイトのCOLLECTIONページ(2ページ目、4段目・右から2つ目)でどのようなものか確認できます。
首都圏100ヶ所の書店でのみ提供しており、たまたま最終日に気がつき入手することが出来ました。
ブックカバーということで不定形なので保管に苦労しています。

■関連サイト

<タレメ.net - 「日本タレント名鑑」公式サイト>
  今週の注目! - 佐藤 めぐみさん
<すきま>
 佐藤めぐみさんの誕生日です
 ※関連情報などはこちらの記事でご確認下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.15

『オンリーワン』という言葉

最近このフレーズはあまり聞かなくなりましたが、前回の『人財』という言葉同様、企業に対して使うのはいかがなものかと思うのです。

誤解して頂きたくないのですが、本当の意味で実際に『オンリーワン』な企業はあります。
ただ、現在オンリーワンでなくて「『オンリーワン』を目指す」と言った場合、何となく競争に負けたから、正面から勝負しないで見せ方の切り口を変えて誤魔化そうというニュアンスを感じ取ってしまうのです。

企業である以上、競合他社や技術革新などあらゆる競争を勝ち抜く必要があります。その時、『オンリーワン』と言われても、違う土俵をいきなりみせられて肩すかしを食らってしまいます。負け犬の遠吠えにすら聞こえしまうときがあります。

結局はTPOの問題だと思うのですが、『オンリーワン』という言葉の賞味期限が過ぎつつあることと、今言ったような印象を持ってしまうので使い方が難しいと思います。

リクナビを見る限り、『オンリーワン』という言葉を使っている企業も少ないですし、本当に『オンリーワン』の企業、『ナンバーワン』かつ『オンリーワン』な企業もありますね。
私が言う意味の『オンリーワン』な企業は減っているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.14

特技について

芸能人のプロフィールにある特技欄に注目をしてみると、面白いことを発見することがあります。
ちなみに、すきま2号が書いている採用系の話題ではないので、悪しからず。

特技の話題で真っ先に思い出すのが上野樹里さんの「テナーサックス」。
ご存じのとおり映画『スウィングガールズ』でのテナーサックス演奏がきっかけで、それを特技にしてしまったというパターン。
さらに上野さんは陸上短距離も特技です。この特技を活かした映画が『チルソクの夏』。陸上競技が舞台の作品です。

上野さんのように特技を活かした役につくということは結構あります。
石原さとみさん主演のドラマ『天国への応援歌 チアーズ ~チアリーディングに懸けた青春~』(日本テレビ系)に、同期のメンバーとして出演していた藤澤志帆さんの特技は器械体操とダンス。
『天国への応援歌』でチアリーディングを披露していますが、朝ドラ『わかば』でも原田夏希さん演じる主人公高原若葉の大学時代のチアリーディングチームの後輩として出演しています。

続きを読む "特技について"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ココログブックス・コンテスト ノミネート作品発表

以前、このブログでも参加を表明したココログブックス・コンテストのノミネート作品が発表されました。

応募件数は1,081件、その中から一次審査、二次審査を経て14作品がノミネートされました。
“すきま”ブログは当然、ノミネートから外れました。。。

エントリーのあとは特に何もなく、『「ココログブックスコンテスト」ノミネート作品発表!』のメールが届いただけ。
終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人財』という言葉

リクナビで企業の採用情報をみると『人財』という言葉が使われていることがあります。
ちなみにリクナビ2006のキーワード検索をしてみると、企業情報に『人財』のいう言葉が含まれる企業は現在(12月13日)312社あります。一時期に比べると減った感じですね。

『人材』(じんざい)の『材』を『財』という言葉に置き換えたものですが、私はこの『人財』という言葉を企業が使うのが好きではありません。
人は材料ではなくて財産だというのが、その意図しているところですが、私は逆に『人材』という言葉のほうが『人財』より好きです。

企業を構成するもの(経営資産)は、「人」「モノ」「カネ」「情報」といわれています。この4つの要素をどのように使うかでビジネスの成功か否かが決まります。つまり「人」もビジネスをする上では材料だと言えるのです。
だから『人材』でおかしくはない、逆に『人財』だと貯め込んでおくというイメージがあり有効活用されていない印象を持ってしまいます。

それと知っている企業で『人財』という言葉を使っているところがありますが、そこは端から見て優秀な人材がどんどん流出しています。そのせいか『人財』という言葉を使っている企業ほど人を財産と思っていないんじゃないかなぁと思ったりもします。
もっと悪い見方をすれば「当社は社員を人財と考えている」というのは、「考えているだけ」で、「実践していない」んじゃないかなぁと。「人材ではなく人財になって欲しい」という期待があるだけで、実際には「人財になっていない」のではないかと。

この『人材』と『人財』の話を聞くと、『子供』と『子ども』の表記の違いについての話を思い出します。(子供 - Wikipedia
私は学者ではないので、『人材』と『人財』の由来について詳しく知っているわけではないので、あくまでも自分のイメージや経験でしか話せません。

それと最後にもう一つ、人材の言葉遊びを。
「人材は、人罪(必要のない人)・人在(ただいるだけの人)・人財(なくてはならない人)の3つがある」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.13

ブラウジング環境を整える

■はじめに

今年は、すっかりブログが自分の生活の一部になった一年でした。
自分でブログを書くのはモチロンのこと、有名人のブログや自分の興味のあるブログを定期的に確認するようになりました。ブログが広まる前は定期的にホームページを訪れ、更新内容を確認したり掲示板を眺めたりしていましたが、いくつものホームページをチェックするのは大変で、結局は大手のニュースサイトや有名なテキストサイト(死語?)をチェックするだけになっていました。
ホームページの更新チェックソフトやWeb巡回ソフトなんかも使ってみましたが、ホームページによって規格(デザイン)がバラバラなので、結局一つずつサイトを見ていく方が効率的だったりしました。

ところがブログが広まり、このチェック作業が格段に楽になりました。

続きを読む "ブラウジング環境を整える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.11

おすすめの理由を表示できません

アマゾンでは過去に購入した履歴を元に、他の人の履歴と比較したりして購入しそうな商品を『おすすめ』として教えてくれる機能があります。また『おすすめの理由』として、「どの商品を購入したからこれを薦めました」というものを表示してくれます。

今回おすすめのDVDとして『天国への応援歌 チアーズ』を薦められました。ふと、どんな理由で(どの商品を購入したから)薦められたのかを知りたくなり、『おすすめの理由』を見てみました。すると、

amazon-no-ir-why

人に勧めるだけ薦めておいて、おすすめ理由を教えてくれない、“いじわる”なアマゾンさんなのでした。

後日ちゃんと理由を教えてもらいました、念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.10

H2が一歩リード!?

2005年1月度のテレビドラマ情報もだんだんと出始め、どのドラマが注目かといった話がさまざまなブログでも取り上げられています。

その中でも一番熱い話題が、「H 2」(TBS系)と「優しい時間」(フジテレビ系)のどちらを観るか?というものだと思います。両番組とも木曜日22時からの放送なので真正面からぶつかっています。

続きを読む "H2が一歩リード!?"

| | コメント (4) | トラックバック (4)

リクナビで注目されるには

リクナビの2006年版サイトがオープンしてしばらく経ちました。
いくつかの企業では、採用に関係ない(という前書きのある)セミナーを行ったり、エントリーをしてきた学生に対して、メールマガジンの発行や、パスワードを発行しクローズドの採用情報ページを告知し始めています。

そもそも、有名企業(イコール、大企業ではないが)でない場合、リクナビにただ載せているだけでは情報が埋もれてしまい学生に発見される機会が少ないです。学生に認知してもらうには、業種検索などで引っかかる必要があります。

採用費を多く使える企業であれば、リクナビから発信するWeb-DMを利用したりリクナビのトップページにバナーを貼り、認知度を上げることが出来ます。

では、予算のあまりない企業が認知度を上げるためにはどうすればよいのでしょうか?

続きを読む "リクナビで注目されるには"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.12.08

イブのはなし

「イブ」といえば「クリスマス・イブ」ですが、今回はその「イブ」ではなくて、ボーカルグループの「EVE」(イブ|イヴ)さんについて、まとめてみます。

EVEさんを、きちんと認識したのは、「THE 夜もヒッパレ」(日本テレビ系)という番組でした。この番組はたまにしか観ていなかったのですが、観るたびに歌のうまさに驚いていました。
ちなみにFolder5を再認識したのもこの番組です。AKINAとARISAのツイン・ボーカルがよかったですね。

その後「THE 夜もヒッパレ」の放送が終了し、「最高!ブギウギナイト」(テレビ東京)という出演者がヒッパレとほぼ同じ番組にも出演されていました。こちらの番組も2003年9月に放送終了となっています。
最近テレビで見かけなくなったので、その歌声が聞けなくて残念です。もしかしたら自分がチェックしていない番組に出演されているかもしれませんが。

続きを読む "イブのはなし"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.12.07

石原さとみのミュージックソンまであと○日

何気なくネットサーフィン(死語)をしていたら、「石原さとみのミュージックソンまであと○日 」というサイトを発見。

石原さとみさんが、今年のラジオ・チャリティ・ミュージックソンのパーソナリティを務めることは既報のとおりなんですが、このページでは石原さとみさんがカウントダウンをしているようです。

表題のように「石原さとみのミュージックソンまであと○日」という言葉と共に、石原さんのコメントが日記形式で掲載されているようです。コメントの日付をみると12月5日から始まったようですね。ちなみに今日は7日ですが、7日のコメントはこの記事を書いている段階ではありませんでした。

ちなみにミュージックソンまであと17日ですが、コメントはどのくらい続くのでしょうか。ミュージックソン的な話題しか載せないとすると結構ネタに困ると思うんですけど・・・。ちょっと心配です。

期間限定の日記というよりは、右下に「チャリティメッセージをお寄せ下さい」というリンクがある事から、事前のメッセージを受け付けるためのページと考えた方が良いのかもしれません。

ちなみに、ミュージックソンのサイトは、徐々に更新されていますので、この機会に一度確認してみてはいかがでしょうか?

■関連サイト
▼公式
ラジオ・チャリティー・ミュージックソン
 石原さとみのミュージックソンまであと○日
▼関連ブログ
<kuma_lyaの情報局・改 さん>
 石原さとみも出演予定!『北の零年』の史上最大試写会
ひばかまだいありー さん
 ドラマ「H2」の撮影情報(エキストラ参加)が載ってますね。

・・・過去1週間、石原さんがらみの掲載ブログが少ないですね。。。
単に、探すのに手抜きをしているだけという話ですが。

■無駄話

...ココログの標準カテゴリにラジオって無いんですが、自分で「ラジオ」カテゴリを作るかどうか悩み中。
おそらく、ラジオカテゴリを作っても、今後カテゴリに入れるのは、今回のミュージックソンとコサキンぐらいでしょうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そういえば去年、日本橋でサンタさんを見かけました

もうすぐクリスマスですね。「師走とはよく言ったもので、」(2004.12.06)の記事でも取り上げましたが、サンタクロースさんも忙しい時期になってきました。

そういえば去年の今頃だったと思いますが、日本橋の高島屋で本物のサンタクロースを見かけました。
日本でただ一人の本物のサンタクロースです。ちなみにこのサンタクロースの趣味は「マン盆栽」。

続きを読む "そういえば去年、日本橋でサンタさんを見かけました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

師走とはよく言ったもので、

師走とは、「為果す」(シハス)と書き、すべての事柄をし果す(=し終える)という意味だそうです。
また、「師馳月」(しはせづき)とも言われているようです。詳しくは、Wikipediaの「12月」の項で。

まぁ、通説は「年末はみんな忙しく、普段走らない師匠も走る」というもの。そんなわけで普段走らない人たちも走るんですね。・・・これが言いたかっただけ。

元ネタはgooニュース(JIJI PRESS)なので、しばらく日にちが経つとリンク切れになるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダブルをトリプル経験した電車男

電車男(ISBN: 4104715018)単行本(ソフトカバー) 中野 独人 ¥ 1,365先週の出来事。1日に同じ事が2回、それが3日連続で起こりました。・・・といってもたいした話ではないですが。

月曜日の朝の列車、目の前に本を読みながらニヤニヤしている20歳代中ばの女性が。何を読んでいるのかと覗いてみると『電車男』を読んでいました。
で、その日の帰り。ホームで電車を待っていた時、隣に並んでいた20歳前半の男性が本を読みながらニヤニヤ。何を読んでいるのかと覗いてみると『電車男』を読んでいました。
まぁベストセラーなんで、電車の中で何人も読んでいるでしょうから、そう珍しいことではないのかもしれません。

火曜日の朝の電車、いつもと同じようにラッシュ。隣に立っていた女性が、何度も頭を私の肩にぶつけています。何か私が悪いことでもしたのかと様子をうかがうと、その女性は立ち寝をしていました。
で、その日の帰り。朝と同じくラッシュ。斜め後ろに立っていた女性が何度も頭を私の肩にぶつけています。また何か私が悪いことでもしたのかと様子をうかがうと、その(今朝とは違う)女性は立ち寝をしていました。
まぁ、皆さんお疲れなんですよね。

水曜日の朝。昨日、一昨日と朝夕同じ事が起きたので、今朝はどうかと思っていると・・・特に何も起きず。
で、その日の帰り。途中の駅でなかなかドアが閉まらない。「車内で急病人が発生した」ということで一時停車。数分後には「駅員に引き渡した」ということで無事発車。ところが2駅ほど過ぎたところで再びドアが閉まらない。また「車内で急病人が発生した」とのこと。結局、7分ほど遅れて発車。
どんな状況なのか分かりませんが、年末の忘年会ラッシュで飲み過ぎた人が多くいたんでしょうか。それにしても同じ電車で急病人が連続して発生するなんて滅多に経験しないことです。

続きを読む "ダブルをトリプル経験した電車男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.01

World AIDS Day:今日は世界エイズデー

レッドリボンフレディの命日の1週間後、12月1日は世界エイズデー(World AIDS Day)です。
世界エイズデーは、世界保健機関(WHO)によって1988(昭和63)年に、エイズ問題への人々の意識を高めることを目的として制定されました。

■レッドリボン

この記事の画像『レッドリボン』は、エイズに対する理解と支援の象徴です。

『レッドリボン』については、エイズ予防情報ネットの「レッドリボンとは?」で説明されていますが、元々はヨーロッパの風習で病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すためのものだったそうです。
それがエイズのために使われ始めたのは1980年代の終わり頃。エイズで死んでいくアーティスト達が増え、そうした人たちへの追悼の意味と、エイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すために『レッドリボン』をシンボルとした運動が始まったそうです。
フレディ・マーキュリーが亡くなったのも1991年ですから、ちょうど同じ頃ですよね。

■世界エイズデーの活動

日本でも様々な活動が行われており、Act Against AIDS(エイズ啓蒙活動)などが有名です。今年も『AAAコンサート2004』と題して多くのアーティストが参加するイベントが開催されます。

とはいえ、以前と比べ世間一般的にはそれほど関心がないように思います。
AAAや、飯島愛さんの活動が目立っていますが、それ以外でエイズに関して何か活動を知っているかというと、どうなんでしょう。

続きを読む "World AIDS Day:今日は世界エイズデー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »