« 12/27上野樹里さんシスターズに上場 | トップページ | 今日の注意 »

2004.12.27

石原さとみさん、お疲れ様でした

などとタイトルに書くと、いかにも石原さんファンの掲示板カキコみたいですね。誰にも発見されないマイナーファンサイトの掲示板で、本人が読むことは絶対無いのに本人宛てにメッセージを書いちゃってる感じでしょうか。

さて、石原さとみさんは誕生日でもあった24日から25日にかけてラジオ・チャリティー・ミュージックソン(ニッポン放送)のパーソナリティとして24時間参加しました。
ラジオが聴けないときはあそこの実況板で状況を確認しながら、聴けるときはぼちぼち他のことをしながら聴いていました。AMラジオを聴くこと自体あまりないのですが、ミュージックソンは非常に久しぶりでした。
例年、フジテレビのニュースでミュージックソンの模様を紹介している時は、テレビラジオ同時放送を楽しむために急いでラジオをつけてますが・・・。

改めてミュージックソンを聴くと、テレビでやっている地球を救う番組と比べマラソンとかがないので、構成がシンプルで想いがストレートに伝わりますね。夏だとお祭り騒ぎになりがちですが、冬とかクリスマスだと真摯な気持ちで受け止められます。音の出る信号がそれほど普及していないという厳しい意見も寄せられましたが、そういった言葉も勢いに任せて流さずに発信側(番組作成者)が戸惑うことで、素の部分でこのテーマとどう向かい合えばいいのかを考えさせられるきっかけになりました。
ただミュージックソンという割に、今年は音楽が完全に脇だったのが残念です。

石原さんはパーソナリティ初挑戦ということで、ぎこちない部分やラジオの間ではないしゃべりもありましたが、終わり頃にはしっかりラジオ的な相づちをマスターしていました。単純に疲れていたとか聞き慣れたということかもしれませんが。

それと、決められたセリフではなく自分の言葉でしゃべることが多いラジオなので、石原さんの素顔の一部が見れたような気もします。
明け方、本人の自覚がないままに数秒のテレビ中継が終了し「今中継?昨日から化粧直してないんですよ、どうしよう。全国放送ですよね」みたいな発言や、鶴瓶さんに軽くいじめられた時の反応などは微笑ましかったです。
また、石原さんの母親からのメッセージが読まれたときの、恥ずかしさととまどいが入り交じったへらへらした声の表情は、局側としては泣かせの演出だったのかもしれませんが、単純に泣いてしまうよりリアリティがあって良かったです。
最後にリスナーや募金に集まった人へのメッセージでは、決して巧い言い回しでは無いですが、一言ひとこと言葉を選ぶように、精一杯自分の言葉で想いを伝えようとしている雰囲気が印象的でした。

映画『北の零年』の試写会の時の挨拶もそうでしたが、内容は正直言うとあまり印象にないのですが、相手に一生懸命伝えようと頑張っている姿は、みていて応援したくなります。
石原さんのコメントでよく見る「○○にあこがれていました」も文字だけ追うと表面的ですが、発言したときの様子を想像することで石原さんの素直さを、何となくですが感じることが出来ます。
今回のラジオでは、打算的であったり、営業的であったり、言わされているだけだったりということがなく、一生懸命頑張っている石原さんを感じることができ、とてもいい時間を過ごすことが出来ました。

ちなみに、今週の週アス(週刊アスキー)の表紙は石原さとみさんでした。何となく朝から得した感じです。

それと前回紹介した芸能証券(芸証2部)に本日、石原さとみさんが無事上場しました。
芸能証券

■関連ニュース記事

スポニチアネックス 芸能 記事 - 石原さとみ感泣!24時間ラジオ完走
SANSPO.COM - 「幸せでした!」石原さとみ、涙の“24時間完走”
デイリースポーツonline - 石原さとみ ラジオ完走に涙
報知ウェブ - 石原さとみ泣けた 24時間ラジオ完走

■関連ブログ

IRFANのネット放浪記さん - 石原さとみちゃん、18歳
ひばかまだいありー(石原さとみブログ)さん - ミュージックソン

■関連情報

石原さとみさんの関連情報については、こちら

|

« 12/27上野樹里さんシスターズに上場 | トップページ | 今日の注意 »

コメント

TBありがとうございました。
私自身は番組の放送圏外在住なのでミュージックソンは聞けなかったのですが、記事を読んでいると石原さとみさんのファンにとってもなかなか貴重な素の部分を感じることが出来る番組だったみたいですね^^最近、人気が出るにつれ素の部分を見る機会が減ってきている気がしていたので、聞いてみたかったです^_^;

投稿: IRFAN | 2004.12.29 01:19

IRFANさん、コメントありがとうございます。

グダグダだったので、番組としてのクオリティはそれほど高くないと思いますが、手作り感があって良かったです。
ラジオはテレビよりも身近に感じることの出来るメディアだと思うんですが、そのことと相まって石原さんを素直そうな18歳の女の子だなぁと思いました。

投稿: すきま | 2004.12.29 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/2388638

この記事へのトラックバック一覧です: 石原さとみさん、お疲れ様でした:

« 12/27上野樹里さんシスターズに上場 | トップページ | 今日の注意 »