« いろいろ | トップページ | 交通安全教育はネットで受けられない »

2005.05.18

2005.05.18 ニュース記事雑感

ここ最近のニュースについて。

■救急服でも外食許可

救急隊員が救急服姿でコンビニやファーストフード店に立ち寄り食事をとる事でできるようになりました。

(ニュース元)
MSN-Mainichi INTERACTIVE 医療 - 救急隊員に”規制緩和”、救急服で外食OK
東京新聞 - 『救急車でコンビニ』OK
Sankei Web 社会 救急車でコンビニもOK 東京消防庁が「外食解禁」(05/17 19:26)

出動回数の増加で、食事をとる時間が確保できないための措置だそうです。
「よくやく解禁」といった感じですよね。まぁでも、このニュースを知らない人がコンビニで買い物をしている救急服の人を見たら「けしからん」って怒る人がいそうですね。
警察と比べたら救急や消防の人たちって大きな権力を持っていないですよね。本当に大変な仕事だと思います。頭が下がります。

そういえば去年のこのくらいの時期、制服姿の警官がお弁当屋さんから弁当を交番に持って帰るところを目撃しました。あれは良かったんでしょうか?普段見ない光景なのでちょっと驚きました。

■尼崎脱線事故

テレビのコメンテーターの発言やニュース番組の放送内容を見ると、相変わらず視野が狭い考えやバランスの悪い発言がおおいですね。

そういえばこんな記事も。
MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件 - 読売新聞が「罵声記者会見」でおわび掲載

事故を起こした電車に乗り合わせた運転手2人の手記が発表されましたね。
救助せず出勤、JR西の運転手2人が手記 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
ここに書いてある事が本当であればいいのですが、企業をかばってこういう事を書いたのであれば、ちょっと辛いですね。
この件に関しては、『救出したかったが、出勤が遅れると自分の運転する車両に遅れや、乗務交代で同僚に迷惑がかかることを心配』しての行動だったのでは。と思っています。そういう行動をとるように指示していた企業文化があったんじゃないかと思っています。

脱線事故については、いろいろいいたい事があるので、今後も少しずつ書いていこうと思います。

■納税者番付

相変わらずいくら稼いだのかとか、順位付けにしか興味を持たせないニュース記事が多いのは悲しいですね。
せめて「世界がもし100人の村だったら」程度のわかりやすさで税金の使い道を紹介することぐらいはして欲しいんですが。

本当は「通報制度による脱税防止」目的の件で、さんざん日本でCDとかのセールスで稼いでおいて税金対策で海外に行ってしまった人とかにスポットを当てて欲しいんですけどね。
海外に行ってしまう日本の税制にも問題がありますが、そういうアーティストのCDを買っている若い世代の人に税金対策で海外生活がゴールだと思わせるのってどうなのかと。
プロスポーツ選手や芸能人が薬や暴力で問題になると若者に影響がでるといいますが、こっちの問題は日本に影響が出るので、もっと大きな問題だと思うんですけどね。

・・・これってやっぱりマスコミ批評?

|

« いろいろ | トップページ | 交通安全教育はネットで受けられない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/4177831

この記事へのトラックバック一覧です: 2005.05.18 ニュース記事雑感:

« いろいろ | トップページ | 交通安全教育はネットで受けられない »