« 残念です | トップページ | さくらさんトップへ »

2005.07.17

ファイト16週目

絶妙なセリフとしっかりとした演技で見応えのあった週でした。

例えば、太郎さんのプロポーズのセリフ「世界一の・・・いや日本一の調教師に」。
普通は、日本一、世界一の順で言うところですが、逆の順番にすることで大げさではなく日本一ということに現実味が増すとともに、太郎さんの人柄が現れていました。

また、隆行さんたちに挨拶に行く前に優には報告しておこうということで、琴子さんから優に電話がかかってくるシーン。
幸せそうな琴子と辛い優という対比の中、電話越しに精一杯明るい声を出す優、でも悲しい顔をしている。・・・ここの本仮屋さんの繊細な演技は言葉で言い表せません。
太郎からつきあっている人がいると聞かされる先週(先々週)の厩舎のベンチでのシーンもそうでしたが、本仮屋さんは繊細で押さえた演技が巧いですよね。
・・・今週一番のお気に入りシーンです。

そして、絹子の「なごり雪」。
優が事務所の隅にポツンと一人でいるところに隆行さんが帰ってくる。太郎さんがどんな人かを尋ねる隆行さんに答える優。太郎のことを話せば話すほど涙が出てくる。「(涙を流すのは)なんでもない」と言いながらも止まらない。
太郎と一緒にいた時のことを思い出すように話し、そして最後に精一杯の笑顔で「私は、太郎さんのこと、けっこう、好きですよ」。・・・「けっこう」という一言がスパイス効いてます。

この後、優の気持ちを察した隆行さんが無言ではなく、多くを語らず「優ちゃんの本当の気持ちは、僕の胸だけにしまっておくよ」という一言で終わらせるあたりも潔いです。
そしてこのシーンに余韻をもたせ次のエピソードに移るために鳥が飛んでいるシーンが挿まれます。15分という限られた時間にこういうシーンをしっかり入れるあたり、「さすがNHK。ドラマを丁寧に作っているなぁ」と感じさせます。

エンディングのイラストも良かったですね。ホッとして救われる言葉です。

来週も新たな辛いエピソードが出てきますが、ますます楽しみなドラマです。
・・・仲居姿を披露とか初騎乗とか、予告ではなくネタバレに近いことをバンバンやっているドラマなのに、これだけ魅せるんですからすごいです。

完全版DVDの発売が待ち遠しい作品です。

それと明日、8:35からNHK総合でわたしの『ファイト』が放送されます。
番宣番組ですが、こちらもチェックかと。・・・プレマップも「ファイト」は面白いですね。


|

« 残念です | トップページ | さくらさんトップへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/5005530

この記事へのトラックバック一覧です: ファイト16週目:

» おとうさん ファイト! [もあぱそ]
「ファイト」(NHK朝の連続テレビ小説)へ マスコミに先輩に操られ、工場を閉鎖。 従業員に退職金を支払うために家を売った。 再就職も思うようにならない。 …でも、家族が支えてくれる。 おとうさん、いい家族だよね。 けいたさん(おとうさん)、事故にあったけれど、..... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 08:37

« 残念です | トップページ | さくらさんトップへ »