« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.30

はるか17の平山あやさん

平山あやさん主演の金曜ナイトドラマ [ はるか17 ]が面白い。

ドタバタコメディー(死語)系の単純に楽しめるドラマなのですが、主演の平山あやさんが魅力的です。
平山あやさんの代表作としては映画「ウォーターボーイズ」が挙げられると思うのですが、自然体の演技、コロコロ変わる表情など当時と変わらないお茶目な(死語)魅力で楽しませてくれます。

こういった昔ながらのアイドル系ドラマをしっかり演じられるのは平山あやさんしかいないのではないかと思ってしまいます。それほど役にはまっていますし、ドラマ自体の完成度(わかりやすさ)も高いです。

そして平山さんは、「はるか17」としてイメージDVDも発売しちゃってます。
ここら辺の徹底ぶりも楽しいですよね。

しかも、タイミング良く映画「ウォーターボーイズ」もフジテレビで本日放送されます。
バラエティー番組の平山あやさんしか知らない方には是非見て欲しいですね。青春映画のヒロインを見事に演じきっていますから。
おまけに、眞鍋かをりさんのはじけた(死語)演技にも注目です。


■関連情報

はるか 17歳(ISBN: )DVD  ¥ 3,591

ウォーターボーイズ スタンダード・エディション(ISBN: )DVD  ¥ 2,940ウォーターボーイズ(ISBN: )DVD

綾瀬はるか ・・・揺れる17才。(ISBN: )DVD  ¥ 2,100
こちらも「はるか17才」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.27

星野真里さんの誕生日

今日、7月27日は星野真里さんの誕生日です。

おめでとうございます。・・・27日もあと数分ですが。

この一年の活動について、テレビで言うと金八先生がやはり良かったですね。離婚弁護士2にも出演していました。
そして今後の活動として注目なのが、映画「さよならみどりちゃん」でしょうか。まもなく公開ですね。

■関連サイト
☆星野真里☆OFFICIAL HOMEPAGE
星野真里 - ユニバーサルミュージック

作品紹介『 さよなら みどりちゃん 』
さよならみどりちゃん
映画配給会社 スローラーナー - さよならみどりちゃんの配給会社

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.25

西尾由佳理さんの誕生日

今日、7月25日は日本テレビのアナウンサー西尾由佳理さんの誕生日です。

おめでとうございます。

今年の大きな変化といえば、夜の番組(MAX)から朝の番組(ズームイン)にシフトしたことでしょうか。
それ以外にも、「謎を解け!まさかのミステリー」「くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン」などレギュラー番組も増えてきました。これからもどんどん出演して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

さくらさんトップへ

NANDA!?やしゃちっ娘に出演中のさくらさんですが、今日ググってみたら「さくら」というキーワードでさくらさんのオフィシャルサイトがトップ表示されるようになっていました。
これで以前の記事に書いたような「さくら」プラス出演番組で検索しなくても、すぐにさくらさんの情報にたどり着けるようになりました。

Google 検索: さくら

ちなみにしゃちっ娘には木下あゆ美さんも出演しています。・・・TBS深夜の愛・地球博のミニ番組です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.17

ファイト16週目

絶妙なセリフとしっかりとした演技で見応えのあった週でした。

例えば、太郎さんのプロポーズのセリフ「世界一の・・・いや日本一の調教師に」。
普通は、日本一、世界一の順で言うところですが、逆の順番にすることで大げさではなく日本一ということに現実味が増すとともに、太郎さんの人柄が現れていました。

また、隆行さんたちに挨拶に行く前に優には報告しておこうということで、琴子さんから優に電話がかかってくるシーン。
幸せそうな琴子と辛い優という対比の中、電話越しに精一杯明るい声を出す優、でも悲しい顔をしている。・・・ここの本仮屋さんの繊細な演技は言葉で言い表せません。
太郎からつきあっている人がいると聞かされる先週(先々週)の厩舎のベンチでのシーンもそうでしたが、本仮屋さんは繊細で押さえた演技が巧いですよね。
・・・今週一番のお気に入りシーンです。

そして、絹子の「なごり雪」。
優が事務所の隅にポツンと一人でいるところに隆行さんが帰ってくる。太郎さんがどんな人かを尋ねる隆行さんに答える優。太郎のことを話せば話すほど涙が出てくる。「(涙を流すのは)なんでもない」と言いながらも止まらない。
太郎と一緒にいた時のことを思い出すように話し、そして最後に精一杯の笑顔で「私は、太郎さんのこと、けっこう、好きですよ」。・・・「けっこう」という一言がスパイス効いてます。

この後、優の気持ちを察した隆行さんが無言ではなく、多くを語らず「優ちゃんの本当の気持ちは、僕の胸だけにしまっておくよ」という一言で終わらせるあたりも潔いです。
そしてこのシーンに余韻をもたせ次のエピソードに移るために鳥が飛んでいるシーンが挿まれます。15分という限られた時間にこういうシーンをしっかり入れるあたり、「さすがNHK。ドラマを丁寧に作っているなぁ」と感じさせます。

エンディングのイラストも良かったですね。ホッとして救われる言葉です。

来週も新たな辛いエピソードが出てきますが、ますます楽しみなドラマです。
・・・仲居姿を披露とか初騎乗とか、予告ではなくネタバレに近いことをバンバンやっているドラマなのに、これだけ魅せるんですからすごいです。

完全版DVDの発売が待ち遠しい作品です。

それと明日、8:35からNHK総合でわたしの『ファイト』が放送されます。
番宣番組ですが、こちらもチェックかと。・・・プレマップも「ファイト」は面白いですね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

残念です

コメントしようもありません。

岡村靖幸容疑者、覚せい剤逮捕 - nikkansports.com > 芸能ニュース
岡村靖幸容疑者を覚せい剤使用で逮捕 - nikkansports.com > 芸能ニュース
スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能 - 岡村靖幸容疑者 覚せい剤使用で5月逮捕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.16

見かけました

仕事の関係でお台場に行ったのですが、りんかい線からフジテレビに向かう路上で偶然私の後ろを木下あゆ美さんが歩いていました。マネージャーさんらしい女性の方と収録番組の話をしていました。
そのときは木下さんだとは分からなかったのですが、後で「ああ、そうだったのか」と分かりました。

その後、磯山さやかさんも見かけたのですが、二人とも若手アイドルらしく感じが良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボートに水を差したら沈みます

まずは今回の記事のニュース元を。

「NEWS」未成年メンバー飲酒で補導 - ウェブ報知

さすがジャニーズ。ファン・アンチファンがネット上には多いようで、ファンサイトの掲示板は軒並み閲覧できなくなってしまってますね。

まぁ、未成年の飲酒は良くないですが、それ以前に「病み上がりだろ」と突っ込みたくなります。・・・医者も未成年だから飲酒は控えるようにとは言わないか。。。
病気の件があったので応援していたのですが。

これでがんばっていきまっしょいも台無しですね。
一緒にいたのがフジテレビの社員でしょ・・・どれだけ影響(損失)があるか想像できなかったのでしょうか。

そういえば、「がんばって・・・」の番組宣伝「ドラマツアーズ」に、メインキャスト5人+2人と坂下千里子さんとフジテレビの女性アナウンサーが出演していましたが、その中でゲームに勝って坂下さんだけおいしそうにビールを飲むというシーンがあった記憶があります。・・・もしかしたら記憶違いかもしれませんが。
そのとき、「さすがに未成年には飲ませないよなぁ」とか「(プライベートで)飲んでいる雰囲気はないなぁ」と思ったのですが、やはり飲んでいたということでしょうか。

(追記 2005.07.17)
NEWSの18歳補導、菊間アナが酒飲ませた - nikkansports.com > 芸能ニュース
スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能 - NEWSメンバー呼んだのは菊間アナ
スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能 - 取りやめ、差し替え…出演番組に影響続々
スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能 - 少年は無期限謹慎 残る7人で活動

そういえば、探偵ファイルで今回のニュースやってましたが、最後の文章は立て読みでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

石原さん、怪談スペシャルに主演

石原さとみさんが、フジテレビのスペシャルドラマ「怪談スペシャル」に主演するようです。
共演は、朝ドラ「ファイト」に出演中の二人の先生(佐藤仁美さん、山口馬木也さん)です。

今朝のめざましテレビでもその模様をやっていましたが、石原さんの時代劇での和服姿もなかなかかわいいですね。

(ニュース元)
SANSPO.COM - 石原さとみが…あ・ぶ・な・い「怪談スペシャル」主演

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.06

海猿といきまっしょい

海 猿 -UMIZARU EVOLUTION-」と「がんばっていきまっしょい」の速攻レビューを。

■海猿

方向性が分かりませんでした。・・・連続ドラマで何をしたい(見せたい)のでしょうか。

あまり良くないなぁと思った点が3つ。

1.映画を観ているのが前提かも

映画のシーンを多用しすぎだと感じました。
映画のシーンのダイジェストを使うことで、映画を観ていない人に仙崎(伊藤英明)と伊沢(加藤あい)の関係(過去)が上手く伝わらないと思います。映画を観た人と観ていない人で二人の関係の受け止め方に差が出ると思います。だったらドラマの中で完結するようなシーンを作った方が良かったのではないでしょうか。
観てない人はDVDを買えor借りろってことでしょうか。

2.時間拡大の意味がない

一話完結のために時間拡大するのなら分かります。でも、エピソードが来週に続きます。だったら拡大しなくても良いのではないかと。
原作のあの話(2人救出のエピソード)を今後展開するのであれば、初回できちんと完結させた方が次週につながるように思います。

3.今回のは予告編?

上の2つもひっくるめて今回は次週以降の予告編だったのでしょうか。今回のラストの思わせぶりな長い予告を観ていると、今回のすべてが「映画からの続編です」という宣言と、「次週から連続ドラマが始まります」という告知だという気がします。

ということで、原作と違った楽しみを与えてくれそうには無いなぁと。
臼田さんの演技は観たいけど、現時点で他に興味はありません。

■がんばっていきまっしょい

青春ですね。

綺麗な海や、その中を行くボートの姿を見ると、凝ったストーリーではなくとも「いいなぁ」と感じます。
ウォーターボーイズもそうですが、綺麗な自然が背景だと役者陣のつたない演技も隠れてよく見えるんですよね。

回想シーンという手法は好きではないですが続きが観たいなぁと思いました。
※回想シーンという手法はどの作品においても好きではないです。

役者陣でいえば、藤本さん(イモッチ)の台詞回しは説得力があるなぁと感じました。高校生っぽくなくもないですが、ドラマということで許せる範囲だと思います。
それと、主人公の父親役である大杉さんの演技がいつになくしっくりしていました。池内さんもそれっぽいですし、役者のアンサンブル(組み合わせ)は良いですね。
あと、相武さんにはもうちょっと演技の経験を積んで欲しいなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »