« 甲子園ポスター、今年は戸田さん | トップページ | 石原さん、怪談スペシャルに主演 »

2005.07.06

海猿といきまっしょい

海 猿 -UMIZARU EVOLUTION-」と「がんばっていきまっしょい」の速攻レビューを。

■海猿

方向性が分かりませんでした。・・・連続ドラマで何をしたい(見せたい)のでしょうか。

あまり良くないなぁと思った点が3つ。

1.映画を観ているのが前提かも

映画のシーンを多用しすぎだと感じました。
映画のシーンのダイジェストを使うことで、映画を観ていない人に仙崎(伊藤英明)と伊沢(加藤あい)の関係(過去)が上手く伝わらないと思います。映画を観た人と観ていない人で二人の関係の受け止め方に差が出ると思います。だったらドラマの中で完結するようなシーンを作った方が良かったのではないでしょうか。
観てない人はDVDを買えor借りろってことでしょうか。

2.時間拡大の意味がない

一話完結のために時間拡大するのなら分かります。でも、エピソードが来週に続きます。だったら拡大しなくても良いのではないかと。
原作のあの話(2人救出のエピソード)を今後展開するのであれば、初回できちんと完結させた方が次週につながるように思います。

3.今回のは予告編?

上の2つもひっくるめて今回は次週以降の予告編だったのでしょうか。今回のラストの思わせぶりな長い予告を観ていると、今回のすべてが「映画からの続編です」という宣言と、「次週から連続ドラマが始まります」という告知だという気がします。

ということで、原作と違った楽しみを与えてくれそうには無いなぁと。
臼田さんの演技は観たいけど、現時点で他に興味はありません。

■がんばっていきまっしょい

青春ですね。

綺麗な海や、その中を行くボートの姿を見ると、凝ったストーリーではなくとも「いいなぁ」と感じます。
ウォーターボーイズもそうですが、綺麗な自然が背景だと役者陣のつたない演技も隠れてよく見えるんですよね。

回想シーンという手法は好きではないですが続きが観たいなぁと思いました。
※回想シーンという手法はどの作品においても好きではないです。

役者陣でいえば、藤本さん(イモッチ)の台詞回しは説得力があるなぁと感じました。高校生っぽくなくもないですが、ドラマということで許せる範囲だと思います。
それと、主人公の父親役である大杉さんの演技がいつになくしっくりしていました。池内さんもそれっぽいですし、役者のアンサンブル(組み合わせ)は良いですね。
あと、相武さんにはもうちょっと演技の経験を積んで欲しいなぁと。

|

« 甲子園ポスター、今年は戸田さん | トップページ | 石原さん、怪談スペシャルに主演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/4846674

この記事へのトラックバック一覧です: 海猿といきまっしょい:

« 甲子園ポスター、今年は戸田さん | トップページ | 石原さん、怪談スペシャルに主演 »