« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.17

佐藤めぐみさんの誕生日

今日、11月17日は佐藤めぐみさんの誕生日です。1984年生まれなので21歳となります。

この1年で、テレビドラマでは「H 2」「花より男子」など、映画も「銀のエンゼル」などに出演しました。そして一番の話題は舞台『世界の中心で、愛をさけぶ』ではないでしょうか。

来月には、映画『ガラスの使徒(つかい) GARASU NO TSUKAI』が公開となります。唐十郎さん原作なので楽しみにしています。

これからの活躍にも期待しています。


■関連サイト
Megumi Sato Official site
STARDUST OFFICIAL SITE - 佐藤めぐみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たゆたい」発売

石原さとみさん2作目の写真集「たゆたい」が発売になりました。

ちなみにアマゾンでは到着が年越ししそうです。なので・・・。

第1作がデビュー直後なので、それと比べるといろいろな表情をしているのがわかります。
当たり前の事なのですが、今の石原さんの表情が詰まっています。
すっぴんに近い顔から表紙のような感じのものまで様々な表情がありますが、個人的には大人っぽい表情がもう少しあっても良かったかなぁと思います。・・・(本当に何度も言ってますが)WPBの黒い服を着たものや、赤い疑惑のようなものです。

旬とばかりに連続して写真集を発売しているグラビアアイドルではないので、じっくり撮りためた写真の中から選りすぐりを選んでいる感じですね。勢いで発売した写真集って、表情がちょっと変なものとかありますよね。
ただ、「この写真出すなら、このシリーズのあっちのほうがいいんじゃない?」と思ったりもします。

まぁ、そんな感じで、自分自身が思いの外、石原さんの写真を見ていたんだなぁと再認識しました。

それと、予想よりスラッとした写真が多いなぁと感じました。たま~にアレな時があるので。・・・23日の写真集発表記念イベントでは、そのあたりの事(ダイエットしたとか)をグラビアアイドルのように言うのでしょうか?

▼アマゾン
石原さとみ写真集「たゆたい」
石原さとみ写真集「たゆたい」
熊谷 貫
価格:¥ 2,625(定価:¥ 2,625)
単行本
出版社: 小学館 ; ISBN: 4093637024 ; (2005/11/16)

▼楽天
石原さとみ写真集 「たゆたい」

▼ビーケーワン

たゆたい
たゆたい
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.16
熊谷 貫撮影
小学館 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。


■関連サイト(写真集発売近辺のパブリシティ)

OPENDOORS:雑誌:週刊朝日
Weekly POST.com - 石原さとみ 『義経』の静御前が放つ18歳の火影

他に、週刊サンデーWEEKLY PLAYBOYなどに登場。

(追記)2005.11.21
アマゾンから届きました。。。キャンセルしてなかったので。・・・保存用でしょうか(^_^;

それと表紙について。
表紙は今までのイメージの延長線上にないので、おやっ?っと思う人も多いでしょうね。
ただ、中身を見たら結構納得できる表紙だなぁと思いました。石原さんの成長や変化の流れの一部として。
別の言い方をすれば、てるてる家族「宝塚の卒業公演」の時のメイク姿と同じようなものかなぁと。舞台上のメイクもあれば、ステージを降りたときの表情もあるし。

写真集には、すっぴんに近い写真もあるので、化粧度合いについては、結構幅があるなぁと。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005.11.15

がんばっていきまっしょい を読んだ

田中麗奈さん主演の映画「がんばっていきまっしょい」のDVDを買ったきりで観ないとなぁと思いつつ、ドラマの「がんばっていきまっしょい」が無事?終了しました。
・・・ドラマについては以前『ファイトの視聴率と民放ドラマ』で書いたとおりです。

今回、読んだのは幻冬舎の文庫本ですが、巻末の情報によるとオリジナルの単行本に大幅に加筆修正してあるとの事です。
オリジナルの単行本を読んでいないので、どのあたりがどう変わったのか分かりませんが、テレビドラマ化に際してテレビドラマにあわせるように修正されているとしたら残念です。何となくそんな気がするのですが・・・。

悦ネェこと主人公の篠村悦子の屈折した感情に青春だなぁと共感し、高校生活のいろいろなイベントが懐かしく感じられました。舞台となった高校の校風が良いんですよね。歴史の浅い高校だったので、ちょっとあこがれます。

いろいろなエピソードが、じんわり伝わってくるような作品でした。ハラハラ、ドキドキというのではなく、まさに青春の1ページ1ページをめくっていくような感じでした。
ドラマと違い周りのキャラクターのエピソードをいちいち描く必要が無いですが、それでもヒメを初めとする周りを取り囲むメンバーの何気ない一言がスパイスとなり、ドラマを盛りたてています。

がんばっていきまっしょい(ISBN: 4344406605)文庫 敷村 良子 ¥ 520

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原さん、舞う

久しぶりに石原さんを取り上げますが、この話題以上に取り上げなければいけないことがあるのを分かりつつクリッピング。

SANSPO.COM-芸能 - 大河ドラマ「義経」感動クライマックス!石原さとみ渾身の舞い
ZAKZAK - さとみ御前、クライ舞クス「ガムシャラに演じた」
nikkansports.com > 芸能ニュース - 石原さとみ、タッキー語る
ウェブ報知 - さとみ熱演「静の舞」
デイリースポーツonline - 石原さとみ 見せ場に感激

ちなみに録画した義経を1.3倍速で観ることがあるんですが、そうすると石原さんの台詞が普通のテンポになり違和感がありません。。。
きれいに舞えるのを期待しています。

(追記)2005.11.15 19:00
紹介紙面の追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.14

2005夏クールのドラマの話2

前回『ファイトの視聴率と民放ドラマ』の続き。
・・・下書きしたままでというか、見出しだけ書いてそのままだったので、慌てて公開。
秋クールドラマ、真っ盛りなんですが。

「はるか17」・・・良かったですね。平山あやさんの魅力が十分出ていたのではないでしょうか。
最終回はちょっとやっつけ仕事っぽかったですが、まぁああいうテイストなので、それも許せるかなぁと。

気軽に観る事の出来る数少ないドラマだったので、こういうドラマがもっと生まれると良いなぁと思います。
最近、クオリティが高くないのに毎回ちゃんと観ることを強要するドラマが多いんじゃないでしょうか。それに比べると1週見逃しても十分楽しめるので、テレビドラマとしてちょうど良い作品だったと思います。
・・・昔のドラマの焼き直しで再放送を翌日に放送したり、中学校が舞台なのに、家族で観る事の出来る金曜の8時ではなく10時に放送したり、映画の二番煎じのドラマをやったりと、決してコンテンツが魅力だとは思えないんだけれどもIT企業からすごく評価されている局などもありますよね。

「電車男」みたいに、小ネタを押しつけるようなお節介が無かったのも、好きなポイントです。


「女王の教室」・・・無難な終わり方だったなぁと。いろいろな方面にいい顔をしなくちゃいけなかったのかもしれませんが、もっと掘り下げる事が出来たような気がします。
結局、生徒が(大人にとって)良い子になって終わった感じがします。

見所は、子役だったと思います。青田買いといいますか・・・。
個人的には仲根かすみさんに似ていると思う主役・神田和美役の志田未来さんや、これまた個人的には田中麗奈さんに似ていると思う進藤ひかる役の福田麻由子さんなど、今までもこれからも活躍する人が多く登場していました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.13

ファイト を読んだ

久しぶりの書評です。

今回のは、NHK朝の連続テレビ小説「ファイト」のノベライズ本です。

原作本とは違い、ドラマを小説化したものです。
ドラマの「ファイト」にすっかりハマったので、その延長で小説も読んでみました。
全3巻で、ドラマの節目(「高崎編」、「四万温泉編」、厩舎編?)ごとに巻がわかれています。それぞれ放送のタイミングで発売されていたのですが、一気に読みました。

ドラマは良かったですよね。このブログでも何度か書きましたが、本仮屋ユイカさんの演技が気持ちよく、エピソードがうまく絡み、実に良い作品でした。・・・厩舎編はちょっと息切れ&妙にメルヘンっぽくなっちゃったのでアレでしたが。
で、小説はというと、「あー、そうそう、優はこういう行動をしたんだよなぁ」とドラマを思い出すのにちょうど良い作品でした。・・・逆の言い方をすると、小説だけ読んでも「ファイト」の良さは分からないんじゃないかと思います。純粋に小説としてどうかといわれると、手放しに良い作品ですとは言えないかなぁと。
なので、ドラマを見た方にお奨めの作品です。

小説を読んで思ったのは、やっぱり本仮屋さんの演技は良かったなぁという事です。小説の優の台詞を読んでいても、なんだか物足りないんですよね。台詞だけ読むと結構あっさりしてるんです。それを本仮屋さんが生きた言葉にしているんだなぁと改めて思いました。

ドラマの名シーン「卵焼き」と「旦那さんに太郎の事を言う」など、優の心情を表す行動は小説でも良かったのですが、それ以上に家族の絆を表す優と父の何気ない会話などのシーンが良かったですね。電車の中で結構泣きました。

ちなみに「ファイト」のサントラを聴きながら、小説を読んでました。・・・どっぷりと「ファイト」の世界に浸る事が出来ます。

ファイト (1)(ISBN: 4043715048)文庫 橋部 敦子 ¥ 540ファイト 2(ISBN: 4043715056)文庫 橋部 敦子 ¥ 580ファイト(3)(ISBN: 4043715064)文庫 橋部 敦子 ¥ 660

■ファイト関連商品
▼ガイドブック
ファイト―連続テレビ小説(ISBN: 4149235449)単行本 橋部 敦子 他 ¥ 1,050
▼NHK連続テレビ小説“ファイト”西原理恵子イラストポストカード集
NHK連続テレビ小説“ファイト”西原理恵子イラストポストカード集〈1〉(ISBN: 4091794629)単行本 西原 理恵子 ¥ 980NHK連続テレビ小説“ファイト”西原理恵子イラストポストカード集〈2〉(ISBN: 4091794637)単行本 西原 理恵子 ¥ 980
▼ピアノスコア
ピアノソロ 中級 NHK連続テレビ小説 ファイト(ISBN: 4636295617)楽譜  ¥ 735
▼CD
ファイト 由紀さおり~絹子の愛唱歌~(ISBN: )CD  ¥ 3,100絹子の愛唱歌
連続テレビ小説「ファイト」サウンドトラック(ISBN: )CD  ¥ 2,548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.08

石原良純さんと野口健さん

似て非なる者。。。
何となくこの二人が似ているなぁと思うんですよね。

○前髪の感じ
○眉毛の濃さ
○声の高さ
○場の雰囲気に対する感性

といったところが似ているような気がします。

■関連サイト
▼石原良純
yoshizumiishihara.com - 公式サイト
Yahoo! JAPAN - 石原良純のプロフィール(詳細)
石原良純 - Wikipedia

▼野口健
新・野口健公式WEBサイト - 公式サイト
野口健 - Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.07

本田美奈子さん、死去

本田美奈子さんが、6日お亡くなりになりました。
デビューの頃から知っているだけにショックですね。

一番の心残りは本田さんの舞台を見ていない事です。
学生の時、ちょうどミス・サイゴンが上演されていたのですが見る機会を失っていました。そして今年のレ・ミゼラブル。入院と聞き、退院後には絶対に舞台を見に行こうと思っていたのですが、残念です。

謹んで哀悼の意を表します。

ちなみに、こういうときに表現する言葉は、何が適切なんでしょうね。
電報の文面を参考にすると、「ご冥福をお祈りします」というのがありますが、それは適切ではないという話もありますし。それとネットの掲示板を見ると「合掌」という言葉も多いですね。

葬儀のツボ 弔電 - 弔電の出し方は?
NDS 日本電報サービス - メッセージ例文(お悔やみ)
お役立ちツール:電報 - 用途別電報文例
極東ブログ - 「冥福」は祈らない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »