« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

年末の独り言

2005年もあと僅か。
今年はテレビの年末特番に魅力的なものがないなぁと思いつつ転職したが故に今日もこれから仕事です。
日をまたぐので、初詣の掛け持ちをしてから帰宅しようと思っています。

今年はやり残したがたくさんあるので、年明けにはきちんと「一年の計」を決めたいと思います。

とりあえずこのブログ的には、石原さとみさんの年末特番「おじいちゃん本当のこと聞かせて」について書かないとなぁと。
・・・先週からアクセスが激減しているし、昨日はコメント欄に不幸の手紙的書き込みがあるし・・・。
不幸の手紙的書き込みの削除理由は、機会があれば書く事に。・・・師走なのでいちいち書く余裕はないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

ガラスの使徒を見に行かないとなぁ

先週17日からガラスの使徒(つかい)が公開されています。

唐十郎さんの原作は既に読んでいて、あの役を佐藤めぐみさんがどう演じるのか楽しみです。

監督の金守珍(キムスジン)さんは状況劇場出身、新宿梁山泊の主宰。状況劇場や梁山泊とは縁がなかったのですが(唐組は観ているのですが)、実は今年、金守珍さん演出の舞台を観ていました。
それは、吉川ひなのさんが出演していた『美女と野獣』 ダンス・エレマン スペシャル2005です。
『美女と野獣』はたまたま観たのですが、吉川ひなのさんが無茶苦茶かわいかったです。演出が良かったからなのかもしれませんが、存在感がすごかったです。

さてガラスの使徒ですが、いつ見に行こうかと。
年末はもう上演しないのですが、年明けに・・・とか思っていると機会を失ってしまいそうですね。

■関連情報

ガラスの使徒(つかい) GARASU NO TSUKAI - 公式サイト

ウェブ報知 - 佐藤めぐみ映画初主演
CINEMA TOPICS ONLINE - 唐十郎の書き下ろし映画「ガラスの使徒(つかい)」初日舞台挨拶 飛び入りで愛娘も参加!
cinematopics映画作品紹介 - ガラスの使徒
Walkerplus - 映画 - ロードショー作品 - ガラスの使徒
#探偵ファイル/芸能探偵 - グンっ!と注目度↑ 花より男子より、佐藤めぐみ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.25

木南晴夏さんが気になる

木南晴夏(きなみはるか)さんが気になります。

日本テレビ「さんま&SMAP!美女と野獣スペシャル」をみていたら再現ドラマに出演しているのを発見。同じく日テレの深夜番組「不幸の法則」の再現ドラマに出ていたのを思い出しました。
再現ドラマ以外にも、さくらさんが主演したTBS昼ドラ「貞操問答」に出演していましたし、現在放送中のNHK朝ドラ「風のハルカ」にも出演しています。
・・・(非常に広いくくりですが)恋人役をやらせたら日本一ではないでしょうか。

遡ってみるとテレビ朝日 Angel Eye 2002だったんですね。 同じく2002にはMEGUMIさんや伊織さんがいます。個人的には伊織さんが好きだったのですが木南さんがいるのは気がつきませんでした。

ホームページを見るとこれからの予定としては、これまた深夜ですがフジテレビ「劇団演技者。男の夢」(2006年1月10日スタート 火曜24:58~)に出演。2006年1月1日からはCM「コカ・コーラ ~正月のバトン篇~」オンエアーとなっています。
来年は注目の女優さんになるのではないでしょうか。これからどんな演技をしていくか気になります。

・・・風のハルカ。
木南さんはもちろん、水川あさみさんや黒川芽以さんの演技をもっとみたいんですが。。。彼女たちの出演を期待してみています。まぁ、いろいろ言いたい事はあるのですが、風のハルカについてはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末はラジオでユイカさん

年末は本仮屋ユイカさん出演のラジオを楽しみましょう。

■ラジオ・ファンタジックストーリー「ナルニア国物語 ライオンと魔女」

来年3月4日に日本公開するディズニー映画「ナルニア国物語 ライオンと魔女」のスペシャルプログラムが、ニッポン放送でラジオドラマとしてオンエアーされます。
2005年12月26日(月)~30日(金)の23:00~24:00(5夜連続)。

本仮屋さんの透き通った声が聞けるのではないでしょうか。

SANSPO.COM-芸能 - 本仮屋ユイカがニッポン放送でラジオ朗読劇に初挑戦!
CINEMA TOPICS ONLINE - 『ナルニア国物語』5夜連続ラジオ放送決定!!

■年末スペシャル2005「ファイト~明日への応援歌」

2005年12月29日(木)08:35~11:50、NHKラジオ第一でオンエアー。
年末恒例の「年末ラジオスペシャル」(3日間連続)の初日に瀬川亮さんと出演します。

NHKのホームページでは「瀬川 良」さんとなっていましたが、瀬川亮さんだと思います。
ちなみに「瀬川 良」でググると渡良瀬川系の情報が出てきます。

こちらは、瀬川さんとの掛け合いが期待できます。

NHK 年末年始の特集番組 - ☆年末スペシャル2005「ファイト~明日への応援歌」

■その他、古いインタビュー記事など

タブブラウザのタブで出しっぱなしだった記事です。ブログにしようと思いそのままだったので、在庫一斉処分と言うことで。。。古い情報ですが。

インタビュー : ZipZap : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞) - 聡明な女優へ ファイト!
nikkansports.com > 芸能TOP > インタビュー > 本仮屋ユイカ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.12.24

今日は石原さとみさんの誕生日

今日、12月24日は石原さとみさんの誕生日です。
誕生日おめでとうございます。

ちなみに1986年生まれです。

いつもなら、ここで石原さとみさんの活躍を振り返るのですが、言いたい事が多すぎるので、ひとまずおめでとうだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.23

プラシーボ効果がなくなってしまった

この前、ヒルズが出来る前まで待ち合わせと言えばココというところの隣の黄色い看板の千葉県松戸市の市長も勤めた事のある方のドラッグストア(直接的に言えば六本木アマンド隣のマツモトキヨシ)に、肝臓に効くサプリメントを買いに行きました。

肝臓に効くサプリといえばマリアアザミやウコンだと思うのですが、以前ここで買ったマリアアザミとウコンが両方入ったサプリが見つかりませんでした。マリアアザミのサプリもなかったので、ウコン粒(マンナンフーズ)を買う事にしました。

レジで会計をしようとしたとき店員さんと「お酒とか飲まれます?」「はい」「それならもっと良い商品がありますよ」といったような会話をしました。
いつもならそのもっと良い商品を教えてもらうのですが、その時はなんだか高い商品を買わされそうな予感がしたのと、お酒に効くサプリはこれじゃないんだよと小馬鹿にされたような気になり、「結構です」といいそのままウコン粒(マンナンフーズ)を購入しました。
マリアアザミやウコン関係のサプリ商品の選択肢がほとんどなく軽く失望していたのも断った要因だったのかもしれません。

結果的に、お酒にはあまり効果がないと店員に言われたサプリを利用する事になってしまいました。サプリにはプラシーボ効果があると思っているので、(実際の効果とあわせると)効果半減といったところです。

マンナンフーズさん、こんな事いわれましたがお酒には効かないんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N's あおい公式サイトオープン

ドラマ「N's あおい」の公式サイトがオープンしました。

石原さとみさんが全面に出ているので、ファンとしてはそれだけでうれしいですね。

ちなみにシーンカットのいくつかの表情をみると、いつもの悩み顔をしていますね。
・・・クライマーズ・ハイでは、この表情がなかったので良かったのですが。。。個人的には表情の幅を広げてもらいたいと思っているのですが、思っているだけではどうにもならず、こうしてブログに書いてもどうにもならず。。。

そういえば石原さんはこの年末いろいろな番組に出演しますね。
ファンとしては要チェックな年末になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

工藤里紗さんのホームページ

工藤里紗さんの情報がようやく所属事務所のホームページに掲載されました。

たまたま検索したら出てきたのですが、いつ頃からアップされたのでしょう。
まぁ、基本的な情報しか掲載されていませんが。

工藤里紗 Risa Kudo

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.22

ドラマ「Ns’あおい」

石原さとみさんが、2006年1月からのドラマ「Ns’ あおい」(フジテレビ・火9)で連ドラ初主演します。
・・・とまぁ特に目新しい情報ではないのですが年の瀬になり次期ドラマが気になる今日この頃です。

自身のラジオ番組でも言っていましたがドラマのために髪もショートにして、意気込みは十分だと思います。
で、フジテレビの情報を見て気になったところが1点。脚本が吉田智子さんなんですね。もう時効にしたいんですが、あのファイヤーボーイズの脚本を書いた方です。で、吉田さんの話を今年の春か夏に聞く機会があったのですが、吉田さん自身は社会派のシナリオが書きたいみたいですね。野沢尚さんの話をその時はしていましたが。

原作は読んでいないので、まずはドラマとして純粋に楽しんでみようと思います。
そのあとで、原作に興味がわけば原作を読もうと思っています。

そんなわけで、どういうドラマになるか気になるところです。

そういえば知り合いが都内某所でドラマのリハーサルをしているところに遭遇したそうです。

■関連サイト
Ns’ あおい - フジテレビ
こちらフジテレビ / News - フジテレビ

石原さとみがナース役に挑戦「Ns’(ナース)あおい」 - goo テレビ番組ナビ[東京版] - 番組トピックス
学生役“卒業”…ナース・さとみ、連ドラ初主演! - SANSPO.COM-芸能
石原さとみ、連ドラ初主演!フジ系「Ns’(ナース)あおい」 - SANSPO.COM-芸能
石原さとみナース役で民放連ドラ初主演 - 報知ウェブ
石原さとみが看護師「励みになるように」 - nikkansports.com > 芸能ニュース

■関連情報
▼アマゾン
Ns’あおい 1 (1)(ISBN: 4063289672)コミック こしの りょう ¥ 550Ns’あおい 2 (2)(ISBN: 4063289885)コミック こしの りょう ¥ 550Ns’あおい 3 (3)(ISBN: 4063724093)コミック こしの りょう ¥ 550Ns’あおい 4 (4)(ISBN: 4063724271)コミック こしの りょう ¥ 550Ns’あおい 5 (5)(ISBN: 4063724476)コミック こしの りょう ¥ 550Ns’あおい 6 (6)(ISBN: 4063724581)コミック こしの りょう ¥ 550Ns’あおい 7 (7)(ISBN: 406372476X)コミック こしの りょう ¥ 550Ns’あおい 8 (8)(ISBN: 4063724891)コミック こしの りょう ¥ 550

▼bk1

Ns’あおい(モーニングKC) 全7巻
こしの りょう
講談社 (N/A)
通常24時間以内に発送します。

(2005.12.24 12:15 追加)
関連情報に goo テレビ番組ナビを追加

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.12.19

ドラマ「クライマーズ・ハイ」後編をみた

NHKドラマ「クライマーズ・ハイ」の後編が放送されました。

前編の出来があまりにも良かったので、期待が膨らみすぎてしまい、やや物足りなさを感じてしまいました。
実は、この物足りなさも(物足りないと感じさせるのも)制作側の計算なのかと思ったりもします。主人公が実際の山と事件というヤマを登る時のクライマーズ・ハイを、ドラマを観ている自分も体感していたのではないかと。

販売部との対立で立て籠もった時に持ち込んだ原稿のシワを伸ばすところや、石原さとみさんの涙が新聞紙面に落ちたときの音など、場景を表す細かい描写も良かったですね。・・・前編の焼き肉屋もそうですね。

それに登場人物の全員が存在感がありました。
メインの出演者はもちろんの事、ワンシーンしか出てこない人たちもはっきりと印象に残っています。例えば新聞をもらいに来た遺族の母子。特別な台詞も演技も演出もないのに(この自然な感じが上手い演出ということだが)、部屋に入ってきたときの何とも言えない存在感。背負っている得体の知れない何か重くて大きいものを感じさせ、登場した瞬間から涙が体の奥底からわき出てきました。

そして石原さん。
名優揃いなので演技の未熟さが浮き出てしまったように思いますが、それが逆にあの役柄にあっていたように感じます。若いが故の視野の狭さや青さを上手く表現できていたように思います。

新聞のドット描写の写真を連想させるモノクロのタイトルシーンも良かったですね。
・・・とにかく良いと思える作品は、何から何まで良いんですよね。

今年もあと僅かとなり、いいドラマはもうないかと思っていましたが、まだありましたね。
「やっぱりドラマはNHKだなぁ」とまたしても思ってしまいました。今年良かったドラマは(ドラマというものを味わえるのは)朝ドラ「ファイト」とこの作品です。

■関連情報

クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ
横山 秀夫
価格:¥ 1,650(定価:¥ 1,650)
単行本
出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4163220909 ; (2003/08/21)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.11

ドラマ「クライマーズ・ハイ」前編をみた

NHKドラマ「クライマーズ・ハイ」の前編が放送されました。

原作は読んでいないのですが、「さすがNHK!」と言いたくなるドラマですね。
主人公(悠木)と会社組織の対比や息をつかせない展開など、改めて大森さんの脚本はいいなぁ~と思いました。当時のニュース番組の映像などを使っていたりしてなかなか凝ってましたし、新聞社の雰囲気・空気感などもありました。

出演者も名優揃い。
主人公・悠木の佐藤浩市さんはもちろんの事、わかりやすいところでは岸部一徳さん。背負っているものが伝わってくる演技が良かったですね。

で、石原さとみさん。
出番はほとんど無かったもののいいアクセントになっていたと思います。後編も楽しみです。
単体での演技はどうか分かりませんが、アンサンブルとした場合、ちょうどよいバランスとなるような気がします。
・・・そういえば、このドラマの元になった事故(日航機墜落)の時、石原さんはまだ生まれていなかったんですね。時代の流れを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

仲根かすみさん、結婚かぁ~

土曜すぽるとを観ていたら、仲根かすみさんが福岡ソフトバンクホークスの和田毅選手と結婚するとのこと。

この間、水着を卒業しないと宣言し、その後ラスト水着写真集発売とファンを翻弄させていましたが、こういう事だったんですね。
以前このブログでも、「水着は卒業しなくても良いから、何かに入学して欲しい」と書きましたが結婚ですか・・・。

まぁ、いいんではないでしょうか。
おめでとうございます。お幸せに。

■関連サイト
【ニュース】「しばらく卒業する気はありません!」 仲根かすみが水着グラビア続行を表明 - ASCII24
残念!コレで見納め、仲根かすみが“ラスト水着”写真集発売 - SANSPO.COM-芸能

■関連情報
仲根かすみラスト写真集 「SHIZUKU 雫」(ISBN: 4063078655)大型本 宮澤 正明
仲根かすみstyle 【特典:生写真2枚プラス】(ISBN: 4889935738)-  ¥ 6,300style(ISBN: )DVD  ¥ 4,914仲根かすみ 2006年度 カレンダー(ISBN: 4777420396)カレンダー  仲根かすみ特大ポスター [TX-1818] [ポスター](ISBN: 4778701011)-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.05

ミス・フェニックスを観た

今日、スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスが開催されました。
これは、角川映画とソニーミュージックが手を組み新人を発掘するというもの。それをヤフーが生中継していました。
グランプリ受賞者は2007年に角川映画主演デビュー&ソニーミュージックCDデビューが約束されるという事です。
で、たまたま生で観る事が出来たのでその感想など。

■全体的な事
当初の予定ではグランプリ1名、準グランプリ1名、審査員特別賞1名、Yahoo!JAPAN賞1名でしたが、結果は準グランプリが2名、審査員特別賞が3名に増枠されました。
それだけ魅力ある出場者が多かったという事も出来ますが、裏を返せば絞りきれなかったのかなぁと。つまりずば抜けた人がいなかった・・・。

もう少し言うと、角川映画(女優)とソニーミュージック(歌手・アーティスト)が手を組んだという事で、女優であり歌手・アーティストになれる人物を選ぶ事になるのですが、両方の才能を持っている人がそういるわけではないので、女優的な人、歌手・アーティスト的な人をそれぞれ選んだのかなぁという感想です。

■受賞者に対する感想
▼グランプリ(蓮佛美沙子さん
写真はあまり綺麗に写っていませんが実物はかわいかったです。
整った顔立ちで、顔の変化は一段落している感じなのでしばらく同じ顔つきだと思います。・・・このくらいの年齢って結構顔つきが変わったりするじゃないですか。そういったものがないんじゃないかなぁという事です。
歌と演技の審査がありましたが、歌はあまり印象に残ってないです。ただ演技が上手かったです。ファイナリスト15名の中で一番自然な演技をしていたと思います。
彼女の演技を観ていて星野真里さんを思い出しました。将来、星野さんのように微妙な心理を微妙なまま演じられる言い女優さんになると思います。それと何となくアミューズに所属していそうな感じ。
実は、演技で審査するなら彼女が一番だと思っていたので、自分も見る目があるなぁと自画自賛したい感じです。・・・これが今回の記事で一番言いたいところ(汗)

まぁ、ちょっとだけ毒を吐くと、女優として成功すると思いますが、それがスターになるかどうかは別かなぁと。
ちなみに歌手・アーティストではなく女優をグランプリにしたんだなぁと、舞台裏の事情を深読みしています。

▼準グランプリ(関戸優希さん
どちらかというと歌手・アーティストとして受賞なのかなぁ。努力家な感じですね。
何となく高樹千佳子さんに似ている感じでした。

▼準グランプリ&Yahoo!JAPAN賞(水谷里歩さん
木村多江さんを若くしたような感じの人です。読者モデルって感じでしょうか。

▼審査員特別賞(高木古都さん
歌唱審査では胸をアピールポイントにした感じだったので、個人的にはグラビア賞を受賞させたい感じでした。ホリプロのグラビアアイドルといった感じでしょうか。堀越のりさんや和希沙也さんを彷彿とさせます。

▼審査員特別賞(河原田麻亜里さん土屋太鳳さん
小学生なので、さすがに何ともコメントのしようがありません。
ローティーン雑誌など、どういう基準で選考しているんだろうと未だに不思議で仕方ありません。

▼その他に気になった人たち
讃井知さんは、おっとりとして非常に育ちが良い感じでした。審査員に何か一言をいう場面で、他の人たちは、いろいろな理由をつけてアピールをしていたのに唯一この場にいる事を感謝していました。なんとなく皆藤愛子さんに似た感じがします。

浜美波さんは、個人的には蓮佛美沙子さんにつづいて準グランプリをあげたい感じです。演技も歌もなんとなく目を引く感じでした。・・・ちょっと油断すると太っちゃう感じがしないでもないですが。

岡野真也さんは、伸び幅があるような気がします。何となく星井七瀬さんを彷彿させます。
デビュー当時の星井さんにあまり関心はなかったのですが、ここ最近テレビを観ているとなんとなく良いですね。ドラマやCMでの演技やバラエティーでの受け答えなど好感が持てます。

他の方たちのコメントもありますが別に審査員じゃないので、このへんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.04

本仮屋ユイカさん不足

NHK朝ドラ「ファイト」が終了し本仮屋さんを観る機会がすっかり減ってしまいました。

ってなわけで、蔵出し情報なんですが
NTT西日本|NTT西日本グループシンボルチーム|本仮屋ユイカのファイト!!陸上競技部
・・・群馬やNHK関係のイベントなどには出演されているみたいですね。

そういえば先日紅白の出場者が発表されましたが、由紀さおりさんの名前はありませんでしたね。ファイトの歌シーンが布石だと思ったんですが。。。
まぁ、いろいろと紅白も工夫を凝らしているとアピールしているようですが、今回発表のメンバーを見る限りそれほど代わり映えしないと思うんですが。
紅白で由紀さんの声を聞きたかったなぁ~、ファイトを楽しんだ者としては今年の締めに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わりに見た街を観た

終わりに見た街を観ました。

ちなみに観る前の記事はこちら(すきま: 終わりに見た街)

やはり前作を観た者としてはラストシーンに期待するわけですが、ちょっと・・・。
あくまでも好みの問題だと思いますが、前作の方が良かったかと。
記憶だと前作はオープンセット(つまり屋外)での撮影だったと思います。遠くに見えるランドマーク(最近のベストセラータイトルや三丁目のアレ)もリアリティがあったのですが。CGはCGで良いんですけど。。。・・・あくまでも記憶なので間違ってるかもしれません。

中井さんと柳沢さんの息のあった演技や、中井さん夫婦の柳沢さんの子供に対する遠慮の仕方、テレビ朝日ならではのエピソード(ドラえもん)、木村多江さんは綺麗だなぁ、成海璃子さんの演技など、概ね楽しめたのですが、子供たちの変化からラストシーンに向かうまでがもう少し丁寧に描かれたら良かったかなぁと。
観る前の記事に反戦平和云々と書きましたが、この作品はひねってあるので純粋に楽しめたかなぁと。60年という節目にもちょうど良い作品だったと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

ドラマ「クライマーズ・ハイ」12月10日・17日放送

プレマップで「クライマーズ・ハイ」の予告をやっていました。

ドラマ「クライマーズハイ」
NHKドラマ : 「クライマーズ・ハイ」12月10日・17日放送!

石原さとみさんが出演するという事でしたが、予告にも石原さんだと思うカットが2つほどありました。
予告を見る限り石原さんの演技は良さそうですね。「さすがNHK」とかいうと石原さんの演技を否定する事になっちゃいますかね。

ちなみにこの作品の脚本は大森寿美男さん。てるてる家族の脚本家ですね。
大森さんは2007年NHK大河ドラマ「風林火山」の脚本も手がけます。

・・・昨日、てるてる家族の最終話を観ました。
やっぱり良いですよ!てるてる家族は。フィナーレを観たら泣けてきました、家族っていいなぁと。
今まで観た中で一番のドラマです、本当に。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

終わりに見た街

山田太一さんの作品「終わりに見た街」が放送されます。

以前、すきま: 自分が読んだ戦争を題材にした物語でも紹介しましたが、この作品が再度ドラマ化されます。

前回のキャストが誰だったかすっかり忘れてしまってますが、今回は中井貴一さん、柳沢慎吾さんが出演し、「ふぞろいの林檎たち」メンバーが集まったかたちとなりました。

たまたま最近、中井さんの話を聞く機会があり、このドラマの話をされていましたが、23年前の作品から舞台を現代に書き直したという事ですので、どのような映像になっているのか楽しみです。
実は、中井さんに話を聞いたあと偶然にも柳沢慎吾さんを見かけたんですよね。・・・この作品が好きな自分にとっては、なんだか運命的なものを感じました。そこまで大げさでないにしても、「観なきゃいけないなぁ」と。

23年前は反戦平和教育のまっただ中に自分自身がいたので、今回ドラマを見てもしかしたら前回とは違う感想を持つかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »