« ドラマ「クライマーズ・ハイ」前編をみた | トップページ | ドラマ「Ns’あおい」 »

2005.12.19

ドラマ「クライマーズ・ハイ」後編をみた

NHKドラマ「クライマーズ・ハイ」の後編が放送されました。

前編の出来があまりにも良かったので、期待が膨らみすぎてしまい、やや物足りなさを感じてしまいました。
実は、この物足りなさも(物足りないと感じさせるのも)制作側の計算なのかと思ったりもします。主人公が実際の山と事件というヤマを登る時のクライマーズ・ハイを、ドラマを観ている自分も体感していたのではないかと。

販売部との対立で立て籠もった時に持ち込んだ原稿のシワを伸ばすところや、石原さとみさんの涙が新聞紙面に落ちたときの音など、場景を表す細かい描写も良かったですね。・・・前編の焼き肉屋もそうですね。

それに登場人物の全員が存在感がありました。
メインの出演者はもちろんの事、ワンシーンしか出てこない人たちもはっきりと印象に残っています。例えば新聞をもらいに来た遺族の母子。特別な台詞も演技も演出もないのに(この自然な感じが上手い演出ということだが)、部屋に入ってきたときの何とも言えない存在感。背負っている得体の知れない何か重くて大きいものを感じさせ、登場した瞬間から涙が体の奥底からわき出てきました。

そして石原さん。
名優揃いなので演技の未熟さが浮き出てしまったように思いますが、それが逆にあの役柄にあっていたように感じます。若いが故の視野の狭さや青さを上手く表現できていたように思います。

新聞のドット描写の写真を連想させるモノクロのタイトルシーンも良かったですね。
・・・とにかく良いと思える作品は、何から何まで良いんですよね。

今年もあと僅かとなり、いいドラマはもうないかと思っていましたが、まだありましたね。
「やっぱりドラマはNHKだなぁ」とまたしても思ってしまいました。今年良かったドラマは(ドラマというものを味わえるのは)朝ドラ「ファイト」とこの作品です。

■関連情報

クライマーズ・ハイ
クライマーズ・ハイ
横山 秀夫
価格:¥ 1,650(定価:¥ 1,650)
単行本
出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4163220909 ; (2003/08/21)

|

« ドラマ「クライマーズ・ハイ」前編をみた | トップページ | ドラマ「Ns’あおい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/7689406

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「クライマーズ・ハイ」後編をみた:

» 私はクライマーズ・ハイを [ガヴァドンなボログ]
クライマーズ・ハイ文藝春秋このアイテムの詳細を見る  昨夜はゴールデンタイムに見たい番組が激突しました。午後7時からは名古屋テレビで「フィギュアスケートGPファイナル」が、午後7時半からはNHKで「クライマーズ・ハイ」。地元愛知の星、安藤美姫や浅田真央、中野友加里の華麗なる滑りとジャンプを見るべきか、それとも今夏読んだ原作がどのように料理されたか味わうべきか・・・悩んだ結果、「クライマーズ・ハイ」を見�... [続きを読む]

受信: 2005.12.19 20:07

« ドラマ「クライマーズ・ハイ」前編をみた | トップページ | ドラマ「Ns’あおい」 »