« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.01.28

東横インも

先日、南北線(東京メトロ)に乗ったとき、東横インが南北線沿線の土地オーナーに向けてホテルを建てないかという広告を見かけました。(たしか東横インだったはず)

で、例の耐震偽装ニュースがあったので、その広告には「うちは耐震偽装していません」といったような文面がわざわざ書かれていました。
それを見て、一社が問題起こすと業界全体が悪い印象になっちゃうから他の会社は大変だよなぁ、なんて思っていたら・・・。

■関連サイト
東横イン -ニュース- - お 詫 び
東横イン ホテルチェーン - 土地有効利用をお考えの方へ
株式会社 東横イン開発 - メリットの比較

東急ホテルズ - 渋谷東急イン - 東急インおよび東急グループは、「東横イン」とは一切関連がございません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.20

池脇千鶴さん、時効警察に出演

先週の予告を観て気がついたのですが、池脇千鶴さんが明日の時効警察(テレビ朝日系金曜23:15~)に出演します。

池脇千鶴さんの公式サイト池脇千鶴倶楽部 [chizuru.ikewaki.jp]にも17日ようやく情報がアップされました。

NHKのよるドラ「火消し屋小町」も再放送中ですので、こちらと共に池脇さんの演技を楽しむのもいいのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.17

阪神・淡路大震災から11年

阪神・淡路大震災から11年が経ちました。

毎年の事ですが、私自身がこの震災を忘れないために、そして、こうして書く事でブログを目にした人の記憶に残るために。

朝、テレビをつけたら、崩れた町並みが映っていました。そしてあちらこちらから天高く延びていく黒い煙。
平成(内平らかに、外成る。地平らかに、天成る)の日本は、そこにありませんでした。

その時感じた無力感から、未だに抜け出す事は出来ません。

去年から騒動となっている、いわゆる耐震強度偽装マンション問題。あのとき私が感じた無力感を今回渦中の人たちが感じていたなら、こんな事にはならなかったと思うのですが。

・・・「渦中の人たち」というのは、やり玉に挙がっている人はもちろん、「やり玉」に「悪」を押しつけ逃げようとしている政・官・財の人。

もはや震災後ではないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原さんのプロフィールページの写真

石原さとみさんのプロフィールページの写真(宣材写真)が変わったようですが、いつ頃からでしょう?

・・・変わりましたよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

Ns'あおい初回視聴率

Ns'あおいの初回視聴率ですが16.4で、同時間帯でトップだったようです。
同じくアンフェアも同時間帯でトップのようで、孫悟空じゃなくて天竺じゃなくで・・・深津理絵じゃなくて・・・ええっと西遊記か。西遊記とともにフジテレビのドラマは好調な滑り出しのようですね。

ちなみに同じ日の火消し屋小町は5.2でした。

番宣関係で石原さんの登場する番組をちょっとチェックしただけで、まだ、ナースあおい見てないです。
あと1リットルの涙の最終回と、花より男子の全話も。
全クールドラマの感想は、おいおい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガラスの使徒を観た

先日、エントリー「すきま: ガラスの使徒を見に行かないとなぁ」を書きましたが、そのガラスの使徒(つかい)を観に行きました。

4日の16時~を観に行ったのですが、東京都写真美術館の1階ホールはキャパ100名でお客さんは40名くらいでした。舞台挨拶でもないとこれくらいの入りなのかなぁと。客層は30~50代くらいが多かったように思います。

いろいろと感想はあるのですが、何よりもまず第一に佐藤めぐみさんがかわいいなぁと。新進気鋭の若手女優って感じで良かったですね。
佐藤めぐみさんのイメージビデオ(映画)と言ってもいいくらいです、角川3人娘時代の角川映画のような。
演技はまだまだ物足りないですが、それでも佐藤さんの女優としての魅力は充分に出ていたと思います。

原作を読んでいたので映画と原作を比較してしまうと思ったのですが、実際には映画と舞台を比較してしまいました。
監督の金守珍(キムスジン)さんの新宿梁山泊は縁がなく観に行った事はないのですが、この作品が舞台だったらもっと濃い作品になったんじゃないかと思います。
映画は映画で楽しめたのですが、新宿花園神社のテントの中で舞台としてみたら、唐さんの舞台を観たときのゾクゾク感を味わえるんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

仲間愛里紗さん(Folder)、テレビ出演と1stアルバム

仲間愛里紗(Folder、Folder5の時はアリサ"ARISA")さんがこの前、テレビに出演していました。

千葉テレビの超音という番組のトークゲストとして出演。ファーストアルバム「詞花集」(2006.01.11発売)の宣伝などをしていました。
かなり久しぶりにテレビで愛里紗さんを見ましたが、子役で活躍していた人を久しぶりにテレビで見た感じで微妙に大人顔になっているなぁという印象です。
ライブ演奏のビデオがありましたが、Folder時代とは曲調が違いギターの弾き語りっぽい感じでした。

Folder5休止(?)後、ライブ中心に活動を行っていた愛里紗さんですが、1stアルバムリリース記念のライブを2006年01月28日(土)新宿ライブフリーク、2006年02月04日(土)那覇ロックインオキナワで行うようです。詳細はオフィシャルサイトで。

・・・今年初のCD購入はこのアルバムになりそうです。

■関連サイト

arisa_hp - 仲間愛里紗さんオフィシャルサイト
仲間愛里紗のちび日記♪ - ブログ

★Folder 5★ avex Official Website - ARISA プロフィール

バラエティーありの本格派音楽番組 超音 - バックナンバー(仲間愛里紗)

■関連情報
詞花集
詞花集
仲間愛里紗
価格:¥ 2,000(定価:¥ 2,000)
CD
出版社: 3Dシステム ; ASIN: B000CBNXF6 ; (2006/01/11)

"Folder"でCD・DVDを検索 - 楽天

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

1月9日生まれの有名人

久しぶりにブログを更新していて、ふと今日誕生日の有名人が気になったので調べてみました。

何人かピックアップすると・・・、

甲斐麻美さん - オフィシャルブログ
>マジレンジャー後の活動が気になります。
金田美香さん - オフィシャルブログ
>王様のブランチなどで活躍中
橘実里さん - オフィシャルサイト
>てるてる家族に出演していましたね
井上真央さん - タレメ.net
>最近だと花より男子ですかね。

・・・と、何となく似たイメージの人たちが。

他にも伴都美子さん岡本真夜さんといったアーティストや、クライマーズ・ハイでの演技が記憶に新しい岸部一徳さんなどがいます。

でも、すきま的に一番気になったのが松鶴家千とせさん
なんとブログまでやっていました。

タイポグラフィ - 松鶴家千とせさんブログ

学生の頃、かなりハマっていて芝居の稽古中によくマネをしていました。
あのブルージーな感じが何とも言えず、いいんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビドラマの見方

この1年でテレビドラマの見方がずいぶん変わったのを実感しています。

以前は出演者やドラマの内容(ストーリー)、枠(例えば月9とか日曜劇場とか)で観るものを決めていたのですが、最近は脚本家を気にする事が多くなってきました。
脚本家を気にしてドラマを見て、「ああ、やっぱり見なくても良かったな」と思う事がしばしば。これは作品の出来不出来ではなく、単なる好みの問題なのですが。

で、里見八犬伝
TBSテレビ放送50周年特別企画ということで、お金がかかってる感じがしました。
まぁ、今はCGを駆使しちゃってるんで合戦とか殺陣を見ても興奮しないですね。それと役者陣があまり・・・。上手い下手の問題ではなく役に合う合わないの問題なのですが。

犬塚信乃戌孝は、大河(義経)と同じ表現方法でしたね。強い意志を表現するとき、声を大きくすればいいってもんじゃないんですが。
伏姫、台詞の末尾(言葉尻)が音痴なんですよね。トリックなどではそれが生かされているのですが、こういった作品ではどうかと。大河(功名が辻)もちょっと不安ですね。
菅野さんとともさかさんは、もうすぐ中堅という感じで女優としてあと一息といった感じでしょうか。この2人のツーショットには懐かしいものを感じました。
黒川智花さんは、かわいかったですね。他の役者陣は、それぞれの持ちネタを披露した感じで残念ながら新しい面は見られなかったですね、ナレーションのジョン・カビラさんを含め。・・・ナレーションが彼ってのはどうなんでしょう。

ストーリーは・・・「落とし所がそこですか」と。
不機嫌なジーン、朝ドラ、八犬伝と最近の大森美香さんの作品を見ていますが、個人的にはどれも共感できないのが残念です。・・・朝ドラは進行中ですが。
ちなみに、不機嫌なジーンは第23回向田邦子賞を史上最年少で受賞した作品なんですよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火消し屋小町、再放送

NHKよるドラ「火消し屋小町」が本日より再放送されます。NHK総合、2006年01月09日~(23:00~23:15)

去年末に放送された相武紗季さん主演の「どんまい!」でよるドラシリーズは終了しましたが、同じ枠(時間帯)でしばらく再放送がされるようです。

火消し屋小町は、オンタイムで観ていましたがなかなかいい作品でした。池脇千鶴さんが主演でいい感じに力の抜けた演技をしています。

すきま: 火消し屋小町が佳境に! - 過去のエントリー

それにしてもNHKはいい作品が多いですね。よるドラではないですが、NHK月曜ドラマシリーズのオーダーメイド~幸せ色の紳士服店~なども再放送して欲しいですね。・・・もちろん朝ドラ「てるてる家族」の再放送&完全版DVD発売も。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.01.02

3年B組金八先生スペシャルを観た

「3年B組金八先生 第7シリーズ真の最終回スペシャル!!」が2005年12月30日に放送されました。

康二郎の退学から復帰するヒントを見つけるシーンなど、金八先生ってこんなにご都合主義だったっけと思わせる内容でした。しゅう とのシーンを見ても同じ事務所(ジャニーズ)だしなぁと大人の事情が先に浮かんでしまいました。「真の最終回」と銘打つ割には全体的に浅く、ストーリーが一本道だったように思います。それでも、夜の学校に全員が集合するところは金八先生らしいなぁと思い、ちょっと泣けましたけど。

ストーリーはまぁそういう事なんですが、出演者については結構楽しめました。
まず最初にツッコミをしておきたいのは城之内ミサさん。卒業式のシーンのためだけの出演は(毎シリーズの事ながら)きちっと押さえているなぁと思います。・・・一応解説しておくと城之内ミサさんは、金八先生のドラマ音楽を担当している方で、ドラマの中では音楽の先生という設定です。
うじきさんが死んじゃいましたが、石倉三郎さんや森田彩華さんなどの絶妙なキャスティングも楽しめました。

生徒たちは変化の大きい年齢だけあってシリーズの時と比べ雰囲気が変わった人が多いですね。その中でも飯島弥生(ヤヨ)役の岩田さゆりさんはずいぶん変わりましたね。
最近、雑誌の表紙などで岩田さんを見る事が多かったのですが、パッと見、誰だか分からない事が多かったです。

タレメ.net - 岩田さゆりさんインタビュー

個人的には、学級委員の杉田祥恵役の渡辺有菜さんにシリーズ同様、注目していました。相変わらず背が高いなぁと。
他には、中木原智美役の白石知世さん。生徒役の中で最年長だと思いますが、さすが大人っぽいですね。

白石知世♪ちよのパンダライフ♪ - 白石知世さんのブログ

一番残念なのは、星野真里の出演部分が少なかった事。ストーリーが一本道だったので仕方ないですね。

いろいろな事情から第7シリーズで金八先生も最後という雰囲気がありますが、是非今後も続けて欲しいですね。
やっぱり脚本は・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.01

年末年始の石原さとみさん

■『おじいちゃん本当のこと聞かせて』

TBSで「終戦60年企画『おじいちゃん本当のこと聞かせて』石原さとみと小野田寛郎の戦争と平和を巡る旅」が12月28日(水)に放送されました。
放送時間が24:35~25:35ということで誰をターゲットにしているのか疑問だったのですが、日本テレビの「NNNドキュメント」やフジテレビの「NONFIX」などは深夜なんですよね。そう考えると納得できる時間帯なのかなぁと。ただ、せっかく女優さん(石原さん)が出演するんだからもう少し浅い時間帯の方が・・・。まぁ放送する枠がなかったんでしょうかねぇ。

戦争がらみだったので右か左の結論になるかと思っていましたが「働け」というメッセージだったのかなぁと。
小野田さんについてもう少し深く掘り下げてもいいかなぁと思いましたが、若い世代との対話というかたちだとこれが限界なんでしょうかね。番組制作者の意見というか、もう一つ深いものが欲しかったですね。

石原さんについては19歳の知識レベルを代表しているなぁと思いました。自分自身が知識があるとは言いませんよ。番組中、小野田さんが戦争について「戦争を知らない世代だから、忘れて欲しくないではなく覚えて欲しい出来事」と言っていたのがなんだか新鮮でしたね。
全体的に押しつけがましくなく、ありのままを話すからそこから何かを感じ取ってくれたらいいというのが小野田さんの立ち位置だったのかなぁと。それが番組として物足りなかった反面、良かったように思います。

■石原さとみSAY TO ME!

元旦から放送ですね。
録音(だと思う)なのに年越しのエピソードを語ったりして大変だなぁと。

一番残念だったのは、2006年ブレイクしそうなアーティストでRYTHEMの20粒のココロを紹介していましたが、プラスアルファの情報がなかった事。
RYTHEMは、てるてる家族の主題歌を歌っていたのですから、そのことに少し触れても良かったのではないかと。

そういえば石原さんはニッポン放送を良く聞いているみたいですね。親御さんの影響からか森卓さんのニッポン放送朝の番組も聞いているようです。

■雑誌とか

発売日とか調べてないので古いのもあると思います。

[ up to boy ]Vo.172
後ろの方のページ&ポスター
BOMB2006年1月号

@nifty:web Sportivaと雑誌のSportiva2006年2月号
馬に乗ってますね。

■今後の出演

▼はじめてのおつかい!!爆笑お正月スペシャル“泣いてたまるかァ”
1月2日(月)日本テレビ系21:00~

▼カスペ!「マジック革命!セロ現実を超えた驚異の現象2」
1月10日(火)フジテレビ系19:00~

フジテレビは新ドラマの関係でちょこちょこ露出しそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

ことしも、ぼちぼち書き続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »