« 田村高廣さん、死去 | トップページ | 「奇跡の人」観てきました »

2006.07.15

昭和のアイドル

久しぶりに書くネタがこれかと思うと、アレですが。。。

土曜の夕暮れ、ぼーっとテレビを見ていると、MUSIC FAIR21で「永遠の女性アイドルソング」特集ということで、ハロプロの皆さんがキャンディーズや松田聖子などを歌ってました。

当時のアイドルは歌が上手くないといわれていましたが、いやいやハロプロの皆さんは負けていませんでした。
当時の歌い方は、それでもそれぞれ雰囲気のある歌い方だったんだなぁと思いました。踊りも色気というかしなやかさがないですね。

それと、ビューティーペアの「かけめぐる青春」を飯田圭織さんと保田圭さんに割り当てたのは、どんな仕打ちなんでしょうか。

あと、Winkの「淋しい熱帯魚」は“W”で見たかったなぁと。

・・・地雷踏みまくりですか?

まぁ、久しぶりに吉澤ひとみさんを見ましたがやっぱりかわいいなぁと。

|

« 田村高廣さん、死去 | トップページ | 「奇跡の人」観てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/10952595

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和のアイドル:

» 永遠の女性アイドルソング [LOVELY IDOL POPS]
 今回は、先ほど放送された「MUSIC FAIR21」での、永遠の女性アイドルソング特集について書きたいと思います。  出演は、モーニング娘。と卒業生&松浦亜弥というゴールデンメンバーで、「夏のハロプロ祭り」といった趣きで、ハロプロ好きの私といたしま...... [続きを読む]

受信: 2006.07.15 20:39

« 田村高廣さん、死去 | トップページ | 「奇跡の人」観てきました »