« 2006年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2006.10.05

「奇跡の人」観てきました

本日初日の奇跡の人を観てきました。

舞台全体は、冒頭の音や会話、間など、まだこなれていない感じで、これから熟成していくかなぁといったところです。
・・・こなれたとしても、翻訳劇なので文化の違いを感じるし、エンディングでの観客の気持ちの位置を考えるとスタンディング・オベーションとまでは行かないかもしれませんね。

出来るだけ予備知識を入れずに観ようと思っていたので、テレビなどでの宣伝や練習風景など見ないでいたので、期待値はかなり高い状態で観に行きました。
とはいえ、伝記にもなっているし、ガラスの仮面などでも取り上げれらている有名な話なので、落としどころ(ヤマ場)を知っていました。
それでもストーリーは面白かったですね。

出演者の話をすると、小島聖さんの舞台での演技を(たぶん)初めて観ましたが良かったですね。石原さんの母親役かぁ~と思うと複雑な感じですが、安定した演技をしていて、舞台で映える人だなぁと思いました。

田畑さんは、若くて、かわいくって魅力的でした。以前、某所で生の姿を見たことがあるのですが、生の方が数段魅力的な方ですね。サリバン役が当たり役になればいいなぁと思いますし、これからも舞台での活躍を期待したいです。

で、肝心の石原さとみさんは、良くも悪くも期待通りでした。
それこそ公演を重ねてどれくらい成熟するかが楽しみです。個人的にはもっと表現や感性を磨いてほしいですね。

一緒に行った女の子も、石原さんのことを「かわいい」って言ってましたが、やはり無茶苦茶かわいかったです。
なので今回の舞台で演技力をつけてほしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2007年10月 »