« 2009年4月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.06.29

カラーボトル

昨日、渋谷にカラーボトルのライブを観に行きました。

久しぶりの歌もののライブ。
やっぱり熱気が違いますね。

行くまでファン層がどんなものか、全く分からなかったのですが、ライブ中の男性のかけ声と2階にキッズスペースがあることでファンの幅広さを知りました。
最前列はほぼ女性でしたが、真ん中当たりから聞こえてくる男性のかけ声っていうのが、バンドの良さを物語っているような気がしました。メンバーもファンも熱いのではなく暖かいとでもいうのか。

インディーズ時代の曲を聴いたことがなかったので遅ればせながら新しい発見をしたのと、新曲の披露もあり、がっつり堪能できました。

で、完全にハマりました。
そして創作意欲が湧いてきました。

今回、ちょっとした縁でライブを観ることができたのですが、こりゃ次回はちゃんとグッツを買って、本腰で行かなきゃダメだなと。

もちろん、今日は朝からベビーローテーションです。

ちなみにこちらが新曲の「合鍵」。
ライブの最後にPVの上映もあったんだけど、このPVもいいんだな。特にラストが。

■ブログ
ワンマンおわた。|カラーボトルのあぜ道をゆけ!! Powered by Ameba

※GREEにもアカウントがあるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.01

美声

スーザンボイル(Google 検索,Wikipedia)さんの話題。

背景にある人生もドラマティックな要因でしたね。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」の楽曲のすばらしさを改めて感じることもできました。
往年のミュージカルもいいですが、やっぱりレ・ミゼラブルは良いですね。…日本語訳の歌詞も、とてつもなく素晴らしいです。

それと、今回の件でふと頭に思い浮かんだのが、相原コージさんのたしかコージ苑の中の4コマ漫画。

「本当はノーベル賞を取るくらい数学の才能があるのだが、選んだ人生は八百屋のおばちゃん」というもの。
ノーベル賞だか世紀の発見だか、数学だか物理学だか記憶はあいまいですが。

その人の才能って、いつどこで開花するのか分からないですよね。
自分から開花させる必要があるかもしれないし、開花させなくても幸せな人生もあるだろうし。

昔、新卒採用をしていたとき、「その人にどんな才能があるのだろう」ということを常に考えて面接をしていました。
「この人に関わることでどんなことが生まれるだろう」とか、もっとえげつない表現をすれば「どれだけお金を生んでくれるのだろう」と。

まぁ正直なところ、面接なんてやったって人の才能なんて分からないんですよね。
実際に仕事をしてみないと分からないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年9月 »