« 2009年9月 | トップページ | 2011年7月 »

2011.06.30

ふさわしいポスト

経済産業省のキャリア官僚で改革派でも知られている古賀茂明氏が、退職勧告を受けたようです。

「あなたにふさわしいポストない」 経産キャリア官僚に次官がいきなりのクビ通告(MSN産経ニュース)

記事によると「あなたにふさわしいポストはない」といわれたようです。

私もこの言葉を前の職場で言われ退職しました。

企業(今回の場合は国)の判断で採用したのだから、責任をもって使い続けるというのが基本姿勢だと思うのですが、時にこうしたノーアイデアという姿勢を取るのが雇用側です。

この一言を言われた瞬間、「ああ、ここは考える能力のない集団なんだ」という気持ちになり一気に会社への興味が引いていきました。

ちなみに「上司は君の評価が悪いが、XX君の言い分も聞きたい。」と呼ばれた場で、こちらが言い分を言う前に言われました。

まぁ雇用側はやめさせる理由は何でもいいんですよね。

社長の息子(同僚)の責任をかぶってあげた結果がこれ(クビ)です。
上司が責任を負わない組織だったので、今ではやめて正解だったと思っています。
遅かれ早かれ倒産するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.29

AKB、顔が大きい前に背が低い

AKBの板野さんが、サマンサタバサの記者発表に参加したようです。

サマンサミューズが集結したTVCM今秋公開、蜷川実花の撮り下ろし(fashionsnap.com)


写真をみて一番気になるのが、並んでいる他の人と比べ、板野さん一人だけ背が低い事。

AKBの中だと横一線ですが、モデルと並ぶとこういった感じになるのですね。

これはかわいそうですね。

会見の運営会社や所属事務所は、もう少し配慮出来なかったのでしょうか。

所属事務所はホリプロで大手なので、事前にある程度は交渉したのだと思います。

それでもこの事態というのは、運営側か報道側に何らかの悪意があったのかもしれません。

まぁ並び(芸歴とかランク)を考えると、そうワガママを言える立場でもないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

レディー・ガガが東京に居るということ

レディー・ガガさんが、「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」出演のため来日し記者会見を開きました。

レディー・ガガ、口紅付きカップで被災地を支援(時事ドットコム)
レディー・ガガ緊急会見 一問一答(MTV Japan)

会見の中の『~これから1週間、東京中を駆け回り、美しい街を楽しんで、全ての美しいリトル・モンスターにキスをして、誰もがこの美しい街を訪問するべきだと声を限りに叫びたいと思う。~』(MTV Japanより)という発言。

ベースにあるのは自分の影響力を十分認識した上での発言、そして実際の行動力。
トップスターの風格がダイレクトに伝わってきます。

今まで彼女のことをあまり理解していませんでしたが、今回の聡明な振る舞いを見て一気にファンになりました。

それとカップに直筆で日本語でメッセージを書きましたが、綺麗な字だったのも驚きです。


ちなみに今回の来日で、日本政府から感謝状を贈られたそうです。

邪推をして、来日は日本政府がギャランティを払ったものだとしたらどうでしょう。

そうであったとしても、レディー・ガガさんを起用したセンスは素晴らしいと思いますし、先の発言がシナリオ通りだったとしてもいいシナリオを書いたと思います。

また、ティーカップのメッセージが直筆でなかったとしても、面白い演出だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

2位じゃだめ?

日本のスパコンが世界1位になりました。

日本のスパコン「京」、計算速度世界一に(WSJ日本版)
国産スパコン「京」、天河一号を抑え世界最速に(ITmedia)

素晴らしいことです。

さて、この話題で避けて通れないのが、蓮舫大臣の「2位ではダメなんでしょうか」発言。

昨日もどこかの記者が、鬼の首を取ったように蓮舫氏に1位のコメントを求めていましたが、蓮舫氏を悪役に仕立てたいという魂胆が見えて仕方ありません。

もともと事業仕分けの際の「2位ではダメなんでしょうか」発言も報道の仕方に悪意があったと思います。
というか、正しく報道する能力がマスコミに無かったのではないでしょうか。

あの時、蓮舫氏は2位で良いとは言ってはいないんです。2位ではダメなんでしょうかと聞いているんです。
問題だったのは、1位でなければならない理由を明確に回答できない仕分け対象側にあったのではないでしょうか。

半導体の技術革新の歴史や電子立国日本の姿を、日常のニュースレベルで理解できている人なら明確に回答できるレベルの話です。
それをあの場で明確に回答できなかった側に非常に歯がゆい思いをした記憶があります。


今回のニュースを聞き一番心配なのが、1位や蓮舫氏の話題に隠れ、説明が出来なかった機関が体質改善せずにこのまま存続してしまうのではないかという点です。

マスコミには是非、この点を追求して欲しいと思います。
それがマスコミの使命ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

江口愛実に見る民意の反映

江口愛実はあからさまにコラージュなのに、コラージュでないという風潮を必死に作り出している姿が、非常に痛いです。

そこまでして話題づくりをしてモノを売りたいんでしょうか。

ちなみにCGというと一から顔を作り出すイメージなので、今回の場合、コラージュが正しいですよね。
もしくはモンタージュ写真。

…ということで、顔が大きいAKBの話は次回に持ち越します。

この話題で気になったのが、総選挙の順位が反映されているのかということ。

結果は、1、2、4、5、7、8位の顔の組み合わせ。3位と6位はどうなったのでしょうか。

当然、仕込み(準備)に時間がかかるので、時間的に総選挙とリンクしていないのは当然なのですが、総選挙後すぐに新しいセンターって、流れが滅茶苦茶ですよね。

江崎グリコも担当の広告代理店もやっつけ仕事すぎです。

振り返れば、総選挙もCDを売るための単発の企画で、その前後の文脈はどうでも良いってことなのでしょう。

こうした一貫した流れがないからこそ、アイドルとしても商業的にも好きになれないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀江貴文氏は、何をしたのか

堀江貴文氏の収監のニュースを見た。

同じTシャツをきた取り巻きがニヤニヤしながらフラッシュを浴びているのが気持ち悪い。

まぁこの話題、ニュース性で言えば、「暇ネタ」レベルなので、マスコミもヒマだなぁという感じです。


今回もそうですが、事あるごとにお騒がせなイメージで登場するが、何をした人だかよくわからない。

報道では、ライブドア元社長という肩書きが使われるが、ライブドアって何屋だったのだろうか。

ホームページの制作会社(オン・ザ・エッヂ)を立ち上げ、ITバブルに乗り、企業買収などを派手にやって、バブルがはじけた人っていうのが、私の記憶ですが間違っているでしょうか。

ITバブルもそうですけど、マスコミにチヤホヤされている今の姿も、踊らされている人形のようですね。


芸能人もそうですけど、どこまで『堀江貴文』を演じるのでしょうか。

出所後、飽きられて存在価値がなくなるか、もしくは『堀江貴文』を裏で支えていた人物に用済みということで殺されなければ良いのですが。

少なくとも私は、『堀江貴文』という生き方に憧れは微塵もありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私物化

今日の『PON!』で、杉上佐智枝アナ(NTVwiki)が番組の最後で、妊娠報告か、産休告知をしていました。

番組の最後にわざわざ時間を割いて局アナ個人の報告を電波に乗せる必要があったのでしょうか。

次回から出演しないとしても、次回番組の冒頭で代理のアナウンサーが、「○○さんは産休で…」と言えば済むと思います。

番組スタッフの好意でしょうが、視聴者としてはそんなに重大な話でも無いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

民放全局の視聴率が1ケタ

■「民放の19時台視聴率が1ケタになった」 テレ朝プロデューサーの「ツイッター」に「当然」の声(J-CAST)
http://www.j-cast.com/2011/06/17098704.html?p=all

まぁ、当然でしょう。

私も数年前まで中の人でしたが、文化を創っていくという雰囲気は微塵も感じられませんでした。

それに既得権益を守るのに必死な状態。

バラエティーもドラマも、いわゆるバーターが一般化しているし、明らかに番組宣伝でバラエティに嫌々出演する役者達。
スポンサーの力も強すぎて、同業他社の商品は登場しないかモザイクになる。
視聴者からのクレームに敏感で、「これはフィクションです」「スタッフでおいしく頂きました」などと言い訳ばかりの番組。

どこを向いているのか分からないから視聴者が離れていくのだと思います。

テレビというメディアの可能性を真剣に考え、それがたとえ低俗だといわれても、ひとつの文化を創っていくぐらいの気概がないとテレビは滅亡していくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.13

AKB選挙総括ってどこを見ればよいのですか?

ようやく分かりました。
私には、AKB48に対する愛はありません。


さて、第3回AKB総選挙が終わりました。

選挙結果:デイリースポーツオンライン

政治の選挙と同様、気になるのは誰がどのくらいの得票数で当選したか。

で、政治の選挙と同様、少し気になるのが投票率。

一般に天気が悪かったりすると投票率が下がったりします。
また、投票率が低いと組織票を持っている人が強かったりします。

AKBの選挙の場合、組織票と浮動票のバランスもよくわかりません。
CDを大量に購入すれば、その分投票ができるので、財力=組織票でしょうし。

まさか、全投票数が、CDの売上総数を上回っていることはないですよね。
こんなところで、チョンボしないですよね。せっかくの演出が台無しです。
ちなみに、単純なミスではなく、意図的だったらイカサマになります。

で、先ほど挙げたデイリースポーツオンラインの数字と、オリコンの月間推定売上枚数(1,333,969枚)で、ざっくり数字を作ってみます。

※オリコンの数字は期間がよくわからないのですが、実際にはもっと売上枚数(投票券)は多く出回っていることでしょう。

続きを読む "AKB選挙総括ってどこを見ればよいのですか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.09

AKB総選挙

一人一票ではなく、お金があれば複数枚買え投票できるシステム。

昔、社員旅行で海外のドックレースを見たときのことを思い出す。

ウチの社長が犬券(馬券)を買う。

オッズが大きく変化。一点に賭けすぎ。

地元の人達がヤル気をなくす。

AKB48の新曲、一人で5500枚購入した強者も

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.01

星野真里さん、独立?


星野真里さんのブログをGoogleリーダーで見ているのですが、つい先程、独立の記事を受信(?)しました。

詳細を見ようとおもったら、記事はありませんでした。

■「宣誓します!」というタイトルの記事
http://ameblo.jp/hoshino-mari/entry-10909810140.html

新しく所属となったと書かれている『株式会社トルチュ』という会社も検索でなかなかヒットしないし…

いずれにせよ一度しか無い人生なので、しっかり進んでいって欲しいです。
応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2011年7月 »