« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.19

武井咲さんは、元ヤン?事務所のごり押し?

武井咲さんの元ヤン画像とかが取りざたされていますが、画像だけではヤンキーだったかどうか分からないと思うのですが、いかがでしょうか。

ここに画像のリンクは張りませんが、画像を見る限りヤンキー風グループの格好をしていますが、格好だけでヤンキーだったと結論づけるのは、ムリがあると思います。

都心を離れれば、こういった格好の中学生は、かなり多くいるような気がします。
その子達がすべてヤンキーだとは思えません。

こういったニュースが流れるのは注目されている証拠ですね。

ただ『注目』もいつまでつづくか…、一部では事務所のごり押しなんていう話も出ています。

確かに女優としてはこれからだと思います。

特に女優として気になるのは、声量です。
声量不足なので、テレビドラマでも台詞が不安定に聞こえます。

そして何よりタレントとして致命的だと思うのは、誰かに似ていること。

「武井咲」は「武井咲」以外の何者でもないということがタレントとして重要な要素ですが、武井咲さんには、まだそれが無いように感じます。

ちなみに私は、ドラマで見る限り、中越典子さんと柴咲コウさんに似ていると思いますが、いかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこジャパン、管総理を訪問

これだけ世の中を混乱させておいて、管氏は脳天気にワールドカップを手にする資格はないと思います。

【サッカー女子W杯優勝】菅首相へのアドバイスは?沢主将、きっぱり「ないです」 なでしこ優勝報告 - MSN産経ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.12

観月ありささんの交際報道

まぁ、『日曜劇場「華和家の四姉妹」 | TBSテレビ』と、『MOTHERマザー~特攻の母 鳥濱トメ物語~』(新国立劇場)の宣伝でしょう。

このタイミングでわざわざ報道する必要はないですからね。

新国立劇場のほうは、まだまだ残席があるようなので、この恋愛報道広告という手法が功を奏するといいですね。

※裏取りをしているわけではないので、あくまで推測ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震、節電、パチンコ、浜崎あゆみ

今回の東日本大震災に伴い、節電が一つのキーワードになりましたが、その節電で大きな影響を受けている業界の一つがパチンコ業界ではないでしょうか。

現在、パチンコ店の一部では営業自粛ということで休業日を設けているところもありますが、震災直後は、すぐに対応していなかったですね。

震災後しばらくたってから自粛をしたようですが、その時に店頭で見た案内板はひどかったです。

他の業界だと、A4サイズに手書きやモノクロ印刷で控えめに「節電しております」と書いてあるところが多いですが、あるパチンコ店はA0サイズといった大きなポスターサイズで、カラー印刷。
内容は、「自粛」という文字が大きく書いてあり、「自粛しているのだから文句はないだろう」というような威圧感のあるものでした。

で、最近CMで気になるのがパチンコメーカーFIELDS株式会社の浜崎あゆみさんのライブ映像のもの。

一目見ると浜崎さんのライブDVDか何かのCMに見えますが、最後のフィールズのロゴでパチンコのCMだと分かります。
フィールズとしても浜崎あゆみさんを起用した新台のCMを大々的に打ちたいのでしょうが、昨今の事情によりトーンダウンしたものになっています。

ただ、残念なことにCMで使われている映像は、ガンガン電飾を使った派手なライブ映像。

節電とは無縁です。

このCMが引き金となり、改めてパチンコ業界が批判をうけたり、浜崎あゆみさんに飛び火しないことを願います。

個人的には、パチンコをやらないのでパチンコ店が無くなっても直接的に影響は無いのですが、世の中の景気という意味では間接的にもしかしたら影響があるかもしれないので心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.01

久しぶりに岡野真也さん

ビジュアル誌「PLUP SERIES」の記事で岡野真也さんを発見。

元の記事はこちら。

長澤まさみスマイル全開! 世界初の超高解像度(4K)技術を使用したビジュアル誌「PLUP SERIES」が創刊! : ギズモード・ジャパン


「PLUP SERIES」ということで、女優・アーティストの魅力を切り出す「IQUEEN」と、永遠の少女性を切り撮る「aBUTTON(エーボタン)」の2つのシリーズがあるようです。

長澤まさみさんは、「IQUEEN」の創刊号に登場。

そして、「aBUTTON」の方はというと、橋本愛さん、高田里穂さん、岡野真也さんが登場。

岡野真也さんといえば以前『ミス・フェニックスを観た』という記事を書きましたが、実際にオーディションで本人を見た時から気になっていました。

あれから5年以上立ち、少年のような雰囲気からすっかり変わりましたね。

【最近の活躍】
東京ガス : CM
眠れてますか?~睡眠キャンペーン~ - 政府インターネットテレビ

プロフィール写真も見ましたが、この時期の女性は変化が大きいので、別の宣材写真もあったほうがいいかもしれませんね。

岡野真也さんプロフィールページ(Sony Music Artists)

話は戻って、「aBUTTON」ですが、デジタル版は超高解像度ということなので、注目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節電のTPO

東京電力で『でんき予報』がはじまりました。

Google Chromeの拡張機能には、こういったものがあります。

でんき予報 - Chrome ウェブストア

でんき予報というと聞こえはいいですが、電力使用制限令が発動されています。

【関連ニュース記事】
政府、電力使用制限令を37年ぶり発動 節電対策が本格化(日本経済新聞)
節電:東証アローズの電光表示消える 電力使用制限令(毎日jp)
7月1日に電力使用制限令37年ぶり発動 大口需要に15%節電義務付け(MSN産経ニュース)


節電自体は悪いことではないと思いますが、状況を考えて対応していかなければならないと思います。

例えば、今朝乗った電車ですが、空調が効いていませんでした。
ドア付近にいたので、窓が開けられないタイプの車両だったかどうか分かりませんが、とにかく蒸し暑かったです。

あの状況では、体調を悪くする人もいると思います。
そうなると、救護のためにダイヤが乱れ、後続の車両の乗車率がアップ、その車両で要救護人発生、さらに…と連鎖してしまう可能性もあります。

今回の節電のポイントは、昼間の使用電力量を抑えること。
なので、一部の企業で実施されるノー残業デーやサマータイムは、ピーク時の使用電力量を抑えるという意味では、あまり効果がないのではないでしょうか。

サマータイムや昼の打ち水は節電効果なし、産総研が節電対策の効果を測定 - GIGAZINE


また電気は、貯めておくことが出来ないので、ピーク時以外の使用量が減っても、供給量が高ければ無駄に電気を捨てているということになります。

でんき予報では、ピーク時の供給力は示していますが、それ以外の時間の情報は示されていません。
過去のデータでも、使用実績はありますが、供給量はありません。

このあたりも東京電力が何か隠しているようで、気になります。

全体的に節電を行い総供給量が減れば、その分コストも減るので使用料金を安くしてもよいと思いますし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »