« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011.10.24

AKB48メンバーの顔は何故大きいのか

AKB48のメンバーの顔が大きいと思いますか?

何人もいるので、大きい人もいれば、小さい人もいると思います。

AKBのメンバー同士なら余り気にならないのですが、テレビなどで他の共演者と一緒になると、背が小さく、顔が大きいと感じてしまいます。

それは何故でしょう。

その理由の1つとして、AKBは舞台出身であることが挙げられると思います。

一般的なモデル(読者モデルは除くという意味)の場合、身長に最低ラインがあります。

グラビアアイドルの場合、スタイルが優先されます。
しかも静止画であればスタイルは自由自在に操れる技術があります。

ではAKBの場合は、どうでしょう。

AKBは劇場での活動がスタートだったので、舞台映えすることが重要です。

舞台映えの要素はいくつかありますが、その1つとして表情が客席からわかりやすいというのがあります。

…もうお分かりですね。

顔が大きければ、それだけ表情がわかりやすくなります。

また背が低い(正確には背が高くない)ことが好まれる理由としては、より身近に感じられるから。


顔が大きいといっても比較論なので、一般の平均を大幅に超えるほど大きい人はそんなにはいないと思います。

以上に大きければ、いくら可愛くても当然ファンはつかないでしょうし。

ただ、テレビの共演者は、一般の人より小さい顔が多いので、比較すると大きくなってしまうのです。


こういうことからAKBメンバーは顔が大きいという結論を導きましたがいかがでしょうか。


ちなみにSKEやNMBはどうでしょう?

おそらくAKBブランドがある程度確立してからのグループなので、いい人材が流れてきていると思います。
理屈で言えば、AKBよりも才能(可愛い、歌がうまい、ダンスができる、性格が良い)があると考えていいのではないでしょうか。


そういえば、この間NMB48の新曲を見ましたが、踊りは揃っていて結構良かったです。
見ていてストレスを感じませんでした。

プロなんだから踊っている姿にストレスを感じるというのは普通に考えればあり得ないのですが、残念ながらAKBにはストレスと感じます。

ライブならまだ分かりますが、PVなのに(撮り直しが出来るはずなのに)、振り上げた手の位置がバラバラとか、タイミングが揃っていないとか、悲惨なものが存在しています。

「嫌なら見なければいい」という指摘もありそうですが、そういは行きません。

AKBを文化だと勘違いしている人があまりにも多すぎます。
あれは、物品を売るためのビジネスモデルです。
この誤解を解かない限り日本の文化は発展しません。

歌でもなければ、踊りでもない。アイドルでもないし、タレントでもありません。

アイドル風とかタレント風味くらいでしょうか。

成長しないアイドルという前代未聞のコンセプトです。

もちろん成長すれば評価できると思いますが…それを望むのは難しいでしょう。

本人達の意思もそうですが、取り巻く環境が「使い捨て」「安物(韓流など)」偏重ですから悲しすぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

news every.でバングラデシュとの距離をミス

先ほどのnews every.で日本とバングラデシュとの距離を約4万9,000キロと放送。

放送の最後で、「約4万9000キロ」ではなく、「約4,700キロ」と訂正していました。

怪しいお米セシウムさんほどではないですが、常識がないミスですね。

私自身も重さの変換(キログラムとグラム)などは得意ではないですが、4万が違うというのはわかります。

4万だと地球一周してしまいます。というより1万キロの4倍が地球一周ですからね。(メートル法 - Wikipedia


ちなみに小沢一郎氏の裁判の時にみのもんたの朝ズバッ!では、小沢氏の選挙戦術として、「辻立ち」と「戸別訪問」と紹介していましたが、一般的に戸別訪問は選挙違反です。

こうした単純なミスをしてしまうニュース番組制作者の知識不足は、番組作りが危機的状況にあるといっていいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.17

ダン・ウェルドン(Dan Wheldon)選手

ダン・ウェルドン(Dan Wheldon)選手の訃報に接し、哀悼の意を表します。

スティーブ・ジョブズ(Steven Jobs)氏の訃報もブログに書いていなかったのに、まさかこのような訃報を聞くとは…

個人的には、F1よりもIndyのほうが楽しめるので、最終戦が終わってからインディの魅力について書こうと思っていました。
ここでタイミングで魅力について書くことは憚られるので、別の機会に書くことにします。

【参考】
Dan Wheldon: 1978 - 2011
 ※今、indycar.comではトップページにダン・ウェルドンの画像が表示されています。
ダン・ウェルドン - Wikipedia
Honda | ダン・ウェルドン選手の事故死を悼み、アクシデントで中断されたレースはキャンセルに
CNN.co.jp:インディ500王者、最終戦の多重クラッシュで死去

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.14

ダイハツ ミラ イースのCMが残念

ブルース・ウィリスさんや綿引勝彦さんが出演するダイハツ「ミラ イース」のCMが流れています。


「今回はタレントに頼らず商品だけで勝負したい。」という綿引さんですが、大物タレント(ブルース・ウィリス)を呼んでしまっているというストーリー。

やはりブルース・ウィリスに目が行ってしまい、商品(車)の特徴が全然頭に入って来ません。

缶コーヒーのように気分によって選択ができ、気軽に買える商品ではないので、商品の特徴はしっかりと前面に出したほうが良かったのでは。

「商品だけで勝負したい」。

その通りです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.10.03

石原さとみさん、CM2本と2chの評価

石原さとみさんのCMが2本、放送中です。

■セブンネットのeデパート

http://www.7netshopping.jp/ss/

鏡を観た後の歩き方が可愛いです。

ちなみに西武線の中吊りにも広告が掲載されていました。

■花王 フレアフレグランス


そういえば、石原さとみさんが2ちゃんねるでドラマの評価を見て落ち込んでいたという話がありましたが、今回のドラマは良かったと思います。

霊能力者 小田霧響子の嘘(テレビ朝日)』で、演技の幅が出てきたと思いましたが、『ブルドクター(日本テレビ)』では一層演技の幅が広がったのではないでしょうか。

今回のドラマで驚いたのが、石原さとみさんが不細工な表情を結構していたこと。

格好をつけたすました表情での表面的な演技ではなく、こうした表情ができたのは大きいと思います。

売れていて若ければ誰でもいいという若手女優の一団から抜け出し、大人の女優として歩き始めた最初の一歩だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木村文乃さん男おばさんに出演

木村文乃さんが、男おばさんに出演していました。

偶然発見したのですが、しっかり公式サイトには告知がされていましたね。

これから益々出演が多くなると思いますので、HPをしっかりチェックしようと思います。

【公式サイト】
木村文乃 | Tristone Entertaiment Inc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラガールを応援します!

10月1日、フラガール、そしてスパリゾートハワイアンズが営業再開しました。

先日の香川さんのニュースもそうですが、宿命というか、運命というか、背負ったものというか、なんだかそういった思い(想い)がひしひしと伝わってくるニュースです。


できるだけ早く観に行きたいと思います。

笑顔で踊る姿を観ているだけで自然と元気がもらえる、そんなステージです。

皆さんも是非!


そして、こうしたニュース裏でも、被災地では様々なドラマが生まれていると思います。

震災から半年以上が過ぎ、緊急の復旧支援ではなく、復興支援のためにやれることを考えていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »