« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011.11.28

ドコモの分割払いは終わりますが、その次は…

今日、ドコモからのお知らせ(メッセージR)が届きました。

タイトルは「分割支払い終了のお知らせ」。来月で機種の分割支払いが終了しますとのこと。

現在使用しているのは、N-02B。このブログに書き忘れていましたが、N905iからの買い替えです。

分割払いが終了するのは分かっていたので、夏ごろから次の機種選定をしているのですが、ドコモの機種になかなかいいものがありません。

電話としてあまり使用しておらず、そろそろスマートフォンにしようと思っているので、auでiPhoneが最有力候補です。

本音で言えば、ドコモでNEC製品をずっと使い続けていたので、引き続きどこもでNEC製品を使用したいと思っています。

強いて言うならdocomo NEXT series MEDIAS LTE N-04Dなのですが、発売予定が来年の2月。

微妙に間が開いてしまいます。

ドコモ&NECがもう少し戦略的ならば12月には投入すべきだと思います。

なぜ12月かといえば、ボーナス月ですし、2年縛り(割賦販売)のサイクルが2011年の9月近辺で切れ始めるからです。

ちなみに前回2009年の記事にこういうものがあります。

“2年縛り解け”ユーザーの獲得で明暗――9月契約数 - ITmedia プロフェッショナル モバイル

ちなみに以下のような記事もありますが、スマホの登場でサイクルがずいぶんと崩れていると思います。

ケータイの買い替えサイクル長期化――2010年度には3.6年に - ITmedia プロフェッショナル モバイル

最近周りに古くからのドコモユーザーが少なくなっているので、他人のことはよく分かりませんが、少なくとも私はこのサイクルを意識した行動をしていました。

ニッパチ(2月と8月)はモノが売れないというので、あえて2月に当ててきたのでしょうか?

年内に購入し、年末年始の休みを利用してデータの移行などをやろうと思っていたのですが、MEDIAS LTE N-04Dではそれもできません。

まぁ2月の発売日の様子を見ながら、auや、iPhone5の発売動向なども気にしようかと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.25

コンビニで「おせち料理」

まもなく師走です。
街中やテレビでも年末年始のことを紹介し始めています。

その中で気になったのが、コンビニで「おせち料理」が販売されていること。
どういった方が購入するのでしょうか?

セブン・イレブンの特設ページをみると金額は、1万円から3万円程度となっているので、スーパーやデパートで売っているものと大きな違いはありません。

また、セブン・イレブンと同じグループ企業のそごうや西武で提供しているものとも違うようです。

今はネット通販もあるので、近所にコンビニしかなく、他におせちを買える所がないということもないでしょう。

そうなると、あえてコンビニで売っている「おせち」を買うということになります。

「近場でお手軽に」と考えている人が買っているようにも思えません。

例えば、こういうことも考えられるのでしょうか。

○おせちが売れない。おせち離れになっている
 ↓
○コンビニで少し安く売って敷居を低くしよう
 ↓
○将来的には高品質高価格のおせちを買ってもらおう

なかなか結論が出せないでいると、こういった記事を見つけました。

3万円のおせちが10日で完売! 松阪牛、ドンペリも売るコンビニの勝算|inside Enterprise|ダイヤモンド・オンライン

この記事の最後にこう書いてあります。

「高額でも価格に見合う商品であれば顧客の反応は良い」(セブン-イレブン)

特に女性、高齢者層のコンビニ利用が増えつつある中、これまでに増して商品企画力の強化が重要な課題となりそうだ。

つまり、「コンビニだから」という偏見はなく、しっかりと中身を吟味して買っているということでしょうか。

うーん、まだしっくりときません。

余談ですが、少し前テレビで、「冷蔵庫の残り物でつくるおせち料理」というものをやっていました。
おせちの残り物で料理をつくるのではありません。

そんな企画もあるくらいなので、今までの常識とは違うのかもしれません。
この件はしばらく考えることにしようと思います。

ちなみに私はここ数年、自分で作っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原さとみさんは、税理士か、ぶっかけうどんか?

何気なくGoogleで検索をしていたら発見。

Googleマップで「石原さとみ」を検索したら、もしかして「石原さとみ税理士事務所」と出てきました。

アップにしてみると、そこには「ぶっかけうどん いしはら」とあります。

松江城の近くなようなので、近くに行った際には立ち寄ってみようと思います。


▼参考『石原さとみ税理士事務所』
石原さとみ税理士事務所 - Google 検索
石原さとみ税理士事務所 - Google マップ
石原さとみ税理士事務所の地図:マピオン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.24

北朝鮮のチョコパイ騒動

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で、チョコパイが大人気だそうです。

▼参考
asahi.com(朝日新聞社):北朝鮮「チョコパイ騒動」 工場支給のおやつ、人気過熱 - 国際
痛いニュース(ノ∀`) : 北朝鮮の工場でおやつに支給されたチョコパイが人気出すぎて貨幣価値を持ち始める…闇市で高値で取引も - ライブドアブログ

工場でおやつに支給されたチョコパイ(韓国製)が自由市場で高値で売れるそうです。
また支給数が少ないと生産性が落ちるようになったとも書いてあります。

また、『9月ごろには北朝鮮労働者の代表が、チョコパイではなく現金での支給を提案する事件も起きた。チョコパイが自由市場を通じて他の住民に広がり、韓国へのあこがれにつながることを北朝鮮当局が警戒し、労働者に「現金支給提案」を強要した可能性があるという。』とも。

この一文で思い出すのは、筒井康隆氏の「原始共産制」という作品。

「原始共産制」の冒頭は、時代は学生運動盛んな頃、安田講堂に立てこもった学生たちが外部との交流を遮断し、そして年月が経ち…という感じ。

中学の時、初めて買った筒井氏の「心狸学・社怪学」に収められていて、衝撃を受けました。

これ以降、筒井康隆氏の全作品読破がスタートするわけですが、それまではSFというと教科書に載っていた星新一さんの作品だったので、毒か劇薬を急に飲まされた感じでした。


…そういえば韓国製のチョコパイは森永製菓のエンゼルパイのパクリだという話もありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.23

立川談志さん、死去

立川談志さんの訃報に接し、哀悼の意を表します。

最近、談志さんの噺を聞いていなかったので、寂しい限りです。

また日本テレビの「news every.」では、林家木久扇さん、橘家圓蔵さんが出演し、談志さんのエピソードを語っていました。

木久扇さんの楽屋話的なエピソードがよかったです。

それと藤井貴彦アナウンサーの聞き手役が素晴らしい。

話の引き出し方や、落語協会の脱会あたりの背景情報もしっかりと頭に入っていて、ゲストの2人の言葉をしっかりと視聴者に伝えていました。

ただの原稿読み屋ではないアナウンサーだと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.10

教訓:Officeのバージョンは揃えましょう

昨日4時間くらい格闘していたことが解決したので、メモ書き。

Access2010でシステム開発をして、他のPCで動作確認したところエラー番号2001が発生。

他のPCはAccess2010Runtimeだったので、VBエディタがなくどこで止まったか不明。

セキュリティ警告をレジストリをいじって解除し、信頼済みドキュメントの場所を確保したものの解決せず。

仕方なくAccess2010単体(Runtimeではない)をインストール。

すると“chr(34)”でエラー。

参照設定を確認すると、“Microsoft Excel 14.0 Objoect Library”が見つからないとの表示。

他のPCはOffice2007がインストールされていたので、“Microsoft Excel 12.0 Objoect Library”をしていしたところ問題なく作動。

自作プログラムのバージョンアップをするごとに参照設定を変更するのは手間なので、Office2010をインストール。

で、解決。

まさかchr(34)=ダブルクォーテーションに泣かされるとは…

まぁ、がっつりExcelと連携したプログラムなので、ライセンスが一つなくなったけど仕方ないですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »