« 森田芳光監督の葬儀に北川景子さん | トップページ | CMの矛盾(日本経済新聞編) »

2012.01.05

マグロ初競り、5,649万円

東京築地の新春初競りで青森大間のクロマグロ(本マグロ)が一本5,649万円で競り落とされました。

キロ単価21万円、一貫1,500円程度とのこと。

今回競り落としたのは、寿司チェーン「すしざんまい」を運営する喜代村。

「銀座の高級寿司屋じゃなくて、何でチェーン店が?単なる話題作りか。」と一瞬思ってしまいましたが、社長のコメントを聞いて考えが変わりました。

木村社長は「海外に持っていかれるより、国内で良いマグロを食べてほしい。東日本大震災や経済低迷があるが、日本みんなで頑張ろうと景気づけをしたい」と話しています。(日本経済新聞

ここ数年、競り落としていたのは、香港の寿司チェーン「板前寿司」と「銀座 久兵衛」のタッグチーム。

海外や高級店ではなく、マグロを庶民のものにしたいという気持ちだったのではないでしょうか。

ちなみにこのマグロ、通常価格で食べられるとのことなので、店側は大赤字となります。

とくダネの小倉さんは、テレビで放送されて宣伝になったのだから安いものだといったようですが、決して宣伝だけでやれることではないと思います。

|

« 森田芳光監督の葬儀に北川景子さん | トップページ | CMの矛盾(日本経済新聞編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/53663182

この記事へのトラックバック一覧です: マグロ初競り、5,649万円:

« 森田芳光監督の葬儀に北川景子さん | トップページ | CMの矛盾(日本経済新聞編) »