« 『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い | トップページ | CMの矛盾(HottoMotto編) »

2012.01.16

『韓流グルメフェスタ』の人数

2010年01月07、08日に代々木公園でおこなわれた『韓流グルメフェスタ 韓流グルメ日本一決定戦』に20万人が来場したとのこと。

このことについてネット上では、「捏造では」と盛り上がっているようです。


個人的には、「捏造しすぎ」という感じでしょうか。

こうしたイベントは多く見積もるのが普通なので、例えば同じ会場で行われているタイフェスも30万人来場と言っていますが、ある程度は多くなっているのだと思います。

ただ、タイフェスと比べ明らかに少ないであろうと予想されます。


実は7日の午後、明治神宮に行きました。

原宿駅前は人で溢れていて、多くは明治神宮に向かっていました。
明治神宮帰りの人と、買い物系の人も多くいました。

そのなかに、この『韓流グルメフェスタ』のビラ(クーポン?)を配っている人が5名くらいいて、流れを妨げていたので印象に残っています。

ちなみに殆どの人がビラを受け取っていませんでした。

で、日が傾いたくらいの時に明治神宮から渋谷駅に向かおうと代々木公園のイベント広場の脇を通りましたが閑散としていました。

「ああ、やっぱり人気がないんだ」という感想を持ったのですが、20万人と聞いて驚きました。

タイフェスには何度も行っていて混雑ぶりを知っているので、どう考えても20万人はありえないと思います。

ちなみにタイフェスでは仮設トイレも設置されますが、通りかかったときには見当たらなかったので、それほどの来場者数を予定していたとも思えません。※横切っただけなのであったかもしれませんが。

築地ランチ日記番外編/韓流グルメフェスタ - エンジョイ・ニッカン : nikkansports.com

上記記事の『2012年01月16日 11:50』のコメント欄には、

== 引用ここから ==

>輪転部さん。
いかにも某匿名掲示板からいらしたようなコメントありがとうございます。
お昼くらいからはどのお店も行列していましたので、2人で7店が限界でした。立ちっぱなしはキツイですし、胃袋の許容量としても一杯一杯ですね。

>匿名さん。
コメントありがとうございます。
当日、大会本部で関係者と話をしたところ、初日は数万人程度だったとか。最終日はすごい人出でしたので「約20万人」も納得できますね。


== 引用ここまで ==

と筆者がコメントしています。

タイフェスが1日15万人(2日で30万人)だとして、韓流グルメフェスの2日目が12万~18万だとした場合、座る所が無いくらい混雑するはずです。

本部ブースも小さかったですし、予めクーポンを買うシステムのようだったので、そんな人数がきたら本部がパンクするはずです。

ところがそういった資料(映像・画像)がありません。


別に韓国料理が嫌いなわけでもありません。理由もなく韓流ブームを批判するつもりもありません。

ただ、これは捏造しすぎです。

そもそも寒い冬にそんなに人が集まるとも思いませんし。

20万という数字ですが、明治神宮に参拝した人の数をカウントしてしまったのでしょうか…


それと、『韓流グルメフェスタ』ということですが、韓国料理ではないってことでしょうか。

韓流グルメの定義が知りたいです。

|

« 『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い | トップページ | CMの矛盾(HottoMotto編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14172/53752912

この記事へのトラックバック一覧です: 『韓流グルメフェスタ』の人数:

« 『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い | トップページ | CMの矛盾(HottoMotto編) »