« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.28

studygiftのその後

前回、studygiftについて取り上げました。

studygiftは、人の人生を狂わせるシステムかも知れない: すきま

今日(2012.05.28)付けで『studygiftの今後について』と題された文章が掲載されました。

※この記事の最後にその全文を掲載しておきます。

■坂口さんの人生を狂わせないで欲しい

まず思うのは、坂口さんの将来。

弄ばれてしまったと感じるかもしませんが、このことをバネに頑張っていただきたいと思います。

まぁこれだけ有名になった(そもそも有名?)のですから、大学で学ばなくとも何とか生きていけるでしょう。

ただ今回の文章で気になったことがあります。

それは坂口さんの『私が事実確認を怠ったことで』という文章。

本人が書いていないのかもしれませんが、何の事実関係だかさっぱりわかりません。

坂口さんは、このプロジェクトに乗っかった訳で、企画した側ではないはずですよね。

それであれば、自分自身のことを素直に表明して、プラットフォームに乗ればいいだけの話です。

事実確認を怠ったのは企画側です。

■家入氏のツイート

学費ってみんな一度は通る道だから、それだけに今回の件で色んな想いが吐き出されたんだと思う。学費に困ってる学生がこんなに居るのは僕ですら最近知ったし、その事についてみんなが考えるきっかけになったのだとしたら、それは良かったと思う。 ‪#studygift‬
このグラフを見て欲しい。バブルが弾けた後も学費は高騰し続けている。 http://shinroroom.blog13.fc2.com/blog-entry-97. … これは日本に限らない。今後の、震災後の、日本を担うべき学生が、学びたくても学べない状況になっている。 ‪#studygift‬
#studygift‬ が今回果たした(終わってないけど)役割は大きいと自分ながら思う。もっと上手くやれる人がいるならやればいいし、国や大学が動くならそれでいい。僕らはやり方がまずかったけど、それだけにこの騒ぎをどう収束させるかが大事かってのはわかってるつもり。
だからこそ色んな方の意見を聞きたい。この件だけじゃ無く、この先の未来を。学費に限らず、困ってる人を救う方法を。‪#studygift‬ がどうとか、家入がどうとか、日本における寄付文化がどうとか、そんなレベルの話では無い。

根本的に違うと感じるのは、『そこまでして大学に行かなければならないの』ということ。

今も昔も経済的な理由で進学できない人はいると思います。
それに対し、支援することはいいことだと思います。

でもその前に、『大学が全てじゃない』ということを言う必要があるのではないでしょうか。

中卒・高卒・大学中退だって、素晴らしい人は世の中にたくさんいます。
自分自身のコンプレックスがそうさせているのか分かりませんが、大学が全てだと思っているような感じです。
なにか大学に恨みでもあるのでしょうか。

それに、『困っている人を救う方法を』という割には、考えていることが小さい。

今回の件で言えば、大学を動かす、国を動かすといった大きな行動はではなく、身近にいる人からお金を集めていることでしかない。

liverty

自由に生きることに反対はしませんが、社会というコニュニティの中で生活していることを忘れないでいただきたい。自由と勝手は違います。

このサイトにはいろいろな企画があるようですが、どれも直接的なお金ありきで好きになれません。

『学費を支援してくれるパトロン』
『得意な技術をクーポンとして販売してみましょう』
『究極の広告スタイルを模索するサービス』
『その回答をしてもらったらお金を払おう』
『月額¥3,000で販売』
『誰でも簡単に広告料を受け取る事が出来ます』
『誰かの個人情報をガチャとして売り出していきます』
『アイテムを詰め合わせとして販売し』

■参考

Webに爆誕した「studygift」という善意の塊の壮絶なオチ - conflict error
善意で始める危険 - novtan別館
studygift関連はてなブックマーク名言集 - NAVER まとめ


■以下、全文引用

studygiftの今後について 2012.05.28 まず初めに、この度の坂口綾優さんへの支援につきまして、 ご支援を頂いた方々はもとより、studygiftに関心を持って頂いた多くの方々に対して、 多大な混乱を招いてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。

studygiftは新しい形で学費支援を行うことを目指して
従来の “どんな人にいくら渡るのか解りにくい寄付” では無く “この人に共感するから支援” を実現すべく オープンした学費支援プラットフォームです。
しかし多くの方にご指摘頂きました通り、坂口さんの現状説明において、
スタッフによる確認不足や、誤解を招く様な表現がございました。
またそれらに対し、ユーザー様へのご説明に不足する部分が多々ありましたことも、紛れも無い事実です。

我々は今回の事態を厳粛に受け止め、至らない点を改善していく所存です。
今後の動きに関しては、弁護士などの専門家や皆様にご相談しながら協議させて頂き、
決定次第サイトで告知させて頂きます。

studygiftの活動再開時期は未定となっておりますが、私たちの学生を救いたいという気持ちは 変わっておりません。

何卒宜しくお願い致します。
坂口さんへの支援返金について
この様な混乱の最中にありながら、坂口さんへのご支援を表明して下さった多くの方々に
坂口さん本人はもとより、我々スタッフからも改めて心より感謝申し上げます。
しかし、今回、坂口さんご自身より返金を希望する申し出がございましたこと、
また我々としても坂口さんの将来を第一に考えた結果、
今回のご支援金を一旦返金させて頂く方向で、支援者の皆様と真摯にお話をすすめさせて頂くことが
最善であるという結論に達しました。

方法につきましては支援者の皆様に追ってご連絡させて頂きます。
何卒深いご理解を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。


studygiftスタッフ


引用ここまで。

さらに、坂口綾優さんのコメントも掲載されています。

この度は私が事実確認を怠ったことで、サポーターの皆様、
サイトをご覧の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

いろいろ考えた結果、サポーターの皆様にご理解いただけましたら、
全額を返金させていただきたいというのが、今の私の意思です。
このような状況の中で、195人の方と26社の皆様から応援していただけたということが、私にとって大きな財産です。

今回ご支援、ご意見くださった皆様の気持ちを裏切らないよう、
これからも頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。


坂口 綾優

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.23

studygiftは、人の人生を狂わせるシステムかも知れない

studygift 〜学費支援プラットフォーム〜』と言うものがある。

これは支援をすることの意味を考えされられるいい機会となった。

この企画の主旨は、

studygiftでは、今回の様な企画をプラットフォーム化し、学生の支援や優秀な若い世代のサポートをしていこうと思っています。
もし「学費が払えず退学寸前」「学生のうちに挑戦したい事がある」という方はLivertyチームとプロジェクトをやりましょう。
僕らはこれからも色んな人たちをサポートしていきたい。
Liverty代表 家入一真

と書いてある。

そして始めの試みとして坂口綾優さん(学費が払えず退学中)を支援しようという企画が動いています。

彼女は、『学費と生活費を奨学金とアルバイトだけでやりくりしながら大学に通っていました。(略)しかし現在、それまでの良い成績をキープできずに奨学金を打ち切られてしまい、学費が払えない状態になってしまいました。』ということで現在退学中のようです。

この企画は素晴らしいと思います。

何かに困っている人を支援する新たな仕組みとして、今後広がっていけばいいと思います。

ただ、問題点もいくつか挙げられます。

■支援を決めるための情報が少ない

例えば今回の彼女の場合、復学する理由が明記されてない。

経済的な理由で学問を諦めたくないというのは伝わってきますが、では大学で何をしたいのか。

そうした理由は書かれておらず、『ヨシナガさん・家入さんに興味を持っていただき、大学卒業のためにクラウド・ファンディングで学費を集めてみようというお話を頂きました。』となっている。

これでは『(何を学ぶかではなく)卒業ありき』『学費集めありき』となってしまうのではないだろうか。

そして具体的な目的が示されないまま、彼女の大きめな画像が数点表示され、イメージが先行するページとなっている。

最後には『私の選んだ挑戦』ということで『これまでの奨学金以外の方法で学費を集める挑戦を行えればと思っています。』と、お金集めが目的となっています。


■支援者への特典

特別スポンサー(企業可)は、『持ち物広告』と『御社PR活動』をしてもらえる。

プロスポース選手のように、持ち物にロゴが貼られるということと、日常生活やSNSで企業の宣伝をするというもの。

スポンサー契約で、企業PR活動をするというのは理解できる。

ただ、その特別スポンサーは、このシステムに対してスポンサードしているのではなく、今回の場合彼女にスポンサードしているということになる。

このシステムを支援するというのであれば企業の社会貢献活動という捉え方ができるが、大学に復学して学びたいという個人を支援するというのがイマイチ理解できない。

そして個人の支援者へは、『ニュースレターの配信』と『サポーター集会』がある。

ニュースレターはなんとなくイメージしやすいが、サポーター集会というのはリスクが有るように思う。

9月と3月の成績発表の時期に合わせてサポーター皆様の前で活動報告を行います。その他、予算がPCの購入や旅行などの臨時予算が発生した場合、私の活動に関する議決などを行います。株主様同士の交流もできる場にしたいと考えています。

とあるので、イメージとして私企業の株主総会をイメージしているのだと思う。

では、株主に発言権はあるのか?

成績が思うような結果ではなかった場合、どういう対応をするのか。

支援者としてアドバイスをしたい場合、その意見をどう組み上げるのか。

■まとめ

既存の奨学金制度以外の支援方法として、こういったシステムは評価できると思います。

支援するのは個人の自由なので、この程度の情報で支援する方もいると思います。

しかし現時点では私は支援できません。

「カネを出さない人間がとやかく言うな」と批判する人もいるでしょう。

ごもっともです。ただ逆に「カネを出したのだから言う権利がある」というような横暴な振る舞いの支援者がいるかも知れません。

サポーター集会でこうした人達の発言で傷つくのは学生です。

横暴まで行かなくても学生を支えたいという思いが強い人が集まるので、意見をまとめるのに苦労すると思います。

そうした細部が考えられていないので危険と感じるのです。

「お金は出す。あとは好きなようにやっていい」というのもひとつの方法だと思います。

むしろ私はそのほうが支援しやすいです。

結局のところ、そういうつもりはないのかもしれませんが、『こうやってたらお金って簡単に集められるんですよ』というのがにじみ出てしまっているように思います。

【参考】
「炎上マーケティング狙っていない」--studygiftに集まる賛同と批判の声 - CNET Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.19

本仮屋さんの真っ直ぐな性格

先日放送の『タカトシの時間ですよ! | TBSテレビ』にブランチメンバーがゲスト出演。

本仮屋ユイカさん、はしのえみさん、LiLiCoさんの3人が出演。

それぞれの個性がよく出た番組でした。

なかでも本仮屋さんの自然な姿が印象的でした。

トーク番組だと、話をする・話を聞くというスタイルになり、やや堅苦しくなりますが、この番組では普段の会話を聞いているで親近感がわきます。

LiLiCoさんの夢の話も、LiLiCoさんの性格が出ていて良かったです。


【参考】
タカトシの時間ですよ 王様のブランチメンバー 5月16日 Youtubeバラエティ動画倉庫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.18

毎日新聞の余録にツッコミを入れてみる

毎日新聞のコラムに次のようなものがあります。

「魏志倭人伝」には「男子は大小と無く、皆黥面(げいめん)文身す」とあるから、当時の日本人の男は大人も子供も顔や体に入れ墨をしていたらしい。水に潜って魚をとる海人が大魚の襲撃を防ぐまじないにしたのが、後に飾りとなったのだという▲ならば入れ墨のない者は当時の役所をクビになったのか−−とは、むろん大阪市での職員への入れ墨調査を聞いて頭をよぎった妄想である。役所が職員の入れ墨の有無を一斉調査するというのもびっくりだが、「110人」という調査結果にも驚いた向きが多かろう▲そういえば最近タトゥーと呼ばれるファッション感覚の入れ墨を就職活動を機に消す手術をする若者が多いという。欧米の映画などをまねて気軽に入れたタトゥーも、いざ職探しとなれば入れ墨がアウトローのシンボルとされてきた日本社会の市民感覚に突きあたる▲さて映画では片肌脱いで桜吹雪を見せる遠山の金さんこと町奉行、遠山景元には本当に入れ墨があったか。放蕩(ほうとう)ざんまいの若い頃に遊び仲間と腕に桜の入れ墨をしたと記すのは元幕臣の漢学者、中根香亭だ。旗本の子弟が「武家彫り」などという入れ墨をした時代だ▲だが香亭によれば、幕府で昇進をとげてからは常に肌着をきつくまとい、夏も脱ぐことがなかったという。さて景元は「若気の至り」を後悔したのかどうか。ともあれこと奉行としては若い時の体験ゆえに下情に通じたみごとな裁きをしたと香亭は絶賛を惜しまない▲大阪市職員の入れ墨事情は人それぞれだろうし、何らかの措置が必要なケースもあろう。ただ未来の景元を失わぬようにするのも組織の「マネジメント」だ。
余録:「魏志倭人伝」には「男子は大小と無く、皆黥面…- 毎日jp(毎日新聞)

大阪市職員に対しての入れ墨調査について書かれたもののようです。

■ならば入れ墨のない者は当時の役所をクビになったのか

「入れ墨をしていたらしい」「飾りとなったのだという」…伝聞なので、なんとも言えない。

■入れ墨がアウトローのシンボルとされてきた日本社会の市民感覚に突きあたる

「されてきた」→「されている」。過去形表現として使っているのであればおかしい。

■奉行としては若い時の体験ゆえに下情に通じたみごとな裁き

入れ墨をしていなくても「若気の至り」はあると思う。

また職員になってから入れ墨をした者もいるそうだが、職員に「若気の至り」をして欲しくない。

■大阪市職員の入れ墨事情は人それぞれ

無理矢理入れ墨をさせられ、消すことも許されない事情があるとすれば、入れ墨の是非といった話ではなく、犯罪に巻き込まれているかもしれない。

「人それぞれ」というぐらいだから、社会には何の影響もない個人的な些細な事情ではない「何か」を筆者は知っているのかもしれない。

■未来の景元を失わぬようにするのも組織の「マネジメント」だ。

そういった経験を大阪市職員がしているのであれば、金さんのように仕事に活かしてほしい。

ただ、金さんのように隠していなかったのが今回の問題点。

それにワンポイントではなく映画のような入れ墨をしている職員がいるとすれば、それはそれで問題ではないか。

そもそも仕事が出来る人であれば入れ墨の有無は関係無いとするのであれば、入れ墨有りの仕事が出来る人を紹介するのが報道の役割ではないか。

そのほうが、こうした文章を書くより市民にとって十分説得力がある。


総括すると、駄目職員をかばっているとしか思えないコラムである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『園山』その2

前回の記事『その店『園山』』についての補足というか、メモ書き。

一緒に行った知人の

「園山に好んで行こうとは思わない」と言っていました。
理由は、「普段家でたべているような料理だから」。

というのは、料理長が2代目に変わってからの話。

最初の料理長の時は、自分も数回行った程度。
ハイパーメディアクリエイターの方のコメントも、そこまで大袈裟に言うことはないと思うけれど、美味しかったことは間違いない。

食べログの次のコメントは確かに納得できる内容。

紹介制、住所非公開、会計不明瞭・・・「行きつけのクラブ」風のお店
試食を手伝うのに有料とは。

携帯電話に入ってる非公開という『園山』の電話番号をネットで検索してみたら、「あ~なるほど」という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空気が読めないCM

今月の頭、水泳のダーレオーエンさんが急死しました。

ちょうど報道ステーションを見ていたのですが、このニュースが飛び込んできました。

ライバルだった北島選手のコメントも読み上げられスタジオは重い空気に包まれCMへ。

そして最初のCMが、ヒロセ通商株式会社の「頼れるライオン LIONFX」。

陽気な感じのCMですが、さすがに「空気読めよ!」とツッコミを入れてしまいました。

特にニュースの場合、こうしたケースが考えられますし、他の番組でも前後のCMの並びがあります。

いろいろなケースを考えて製作しなければならないと感じたCMでした。

この件があってから、まったくこの企業を好きになれない自分がいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.17

虚構新聞

「今すぐ死ね」と物騒な批判も出て、虚構新聞に注目が集まっています。

Kyoko Shimbun News(虚構新聞社)

【関連】
嘘ニュースを真に受ける人続出、批難される虚構新聞 | スラッシュドット・ジャパン IT
虚構新聞だからデマでも許されますって思ってる奴今すぐ死ね - 今日も得る物なし
[NS] いい加減、虚構新聞はタイトルに虚構新聞だと明記しろ

これが意外と騙されます。

何も考えずに読んでしまうと「日本も極端な行動を起こす人(組織)が出てきたなぁ」と納得してしまうこともあり、どこの記事かとURLやページの左上にあるロゴをみて、虚構新聞だと気づくことが結構あります。

上記の批判的な記事には「デマ」とか「ウソ」と書いてありますが、「デマ」とか「ウソ」ではなく「虚構」なんですよね。

Twitterで拡散して被害が大きくなったということもあるようですが、マスコミにしろネットにしろ鵜呑みにしてしまう人が多いということなのでしょうか。

「マスコミは真実を語らない、ネットこそ真実」と思っている人が多いということなのかもしれません。

こうした人達は、鵜呑みにしてしまう対象がマスコミからネットに変わっただけで、本質的に変わっていないことを自覚できていないのだと思います。

それこそネットで調べれは多くの情報が手に入ります。

信じる前に、他の情報がないか調べれば、その情報の価値や信ぴょう性が分かると思うのですが、ネットに最適化された方たちにはそういった手順が省略化されているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その店『園山』

園山真希絵さんがにわかに注目されていますね。


塩谷瞬さんの女性遍歴はこれからもきっと、こういう感じでしょうね。

よくわかりませんが、母性本能をくすぐられるのか、少し甘えれば優しくしてくれる女性が多くいるのだと思います。

この瞬間にも、「しばらくは女性を愛さない。でも寂しい」とか言えば、なんとかなってしまうのだと思います。

まぁ、非常にどうでもいい話です。

さて、園山さんに話を戻しますが、料理研究家としての園山さんに注目が集まっているのですが、その園山さんがオーナーの『園山』にはオープンしたての頃、結構行っていました。

当時は、オーナーは園山さんで、他に料理長がいてその人がメインで調理していたように思います。

もちろん名ばかりのオーナーではなく、園山さん本人も作っていました。

こちら(「料理研究家」園山真希絵の凄すぎる驚愕汚料理まとめ - NAVER まとめ)には、ずいぶんと極端なものが多く取り上げられていますが、オーソドックスな和食という印象でした。

例の肉じゃがはもちろん食べたことがあります。
ただポテトサラダに数字は乗っかっていなかったと思います。

そんな園山にハイパーメディアクリエイターも週に三回通っていたようです。

週三回。 - TSUYOSHI TAKASHIRO -BLOG-|honeyee.com Web Magazine

ハイパーメディアクリエイターは、

なにしろ、出てくるモノの9割は、 いままで僕が一度も食べたことがないものなのだ。 半端な創作和食とは違う、 気骨あるクリエイティブを感じる場所だ。

と書いてありますが、普通の和食です。

以前、仕事の関係で一緒に行った知人は、「園山に好んで行こうとは思わない」と言っていました。

理由は、「普段家でたべているような料理だから」。

「一度も食べたことがない」と極端な書き方をしていますので、ハイパーメディアクリエイターは和食を食べたことがないのでしょう。

彼と私が言っていた頃は一致すると思うのですが、最近はネタ切れか、料理長のセンスか、園山さんのセンスか、よくわかりませんが、個性的な料理が出てくるのかもしれません。

接待する側であれば、趣きのあるもてなしができると思いますが、プライベートではなかなか行きにくい店でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.16

タイフェスとスマートフォン

先週末、代々木公園で『タイフェスティバル2012(Thai Festival)』が行われました。

昨年は震災直後ということで、開催が見送られたため2年振りの開催です。

感覚的には、一昨年よりも来場者が多かったように感じました。

もちろん韓流グルメ日本一決定戦とは、雲泥の差です。

ニュース30over : 代々木公園で行われた韓流グルメフェスタに2日間で20万人の来場者! 「どうみても嘘だろ」の声 - ライブドアブログ

今年の大きなポイントは、物販エリアとレストランブースが逆になったことです。
つまり、ステージ周辺の広場に物販エリアがあり、公園から渋谷に抜ける並木にレストランブースが並んでいました。

最初、違っていることに気づかず物販ブールに行こうと並木を往復してしまいました。

ただ今年のほうが、ステージ前が済んだ空気だったので、長時間過ごすには良いのかもしれません。
逆に短時間でいろいろなものを食べようとすると難しいかもしれません。

そんな人がたくさん集まる代々木公園でネットをしようと思ったらなかなかつながりませんでした。

最近はN-04Dを3Gに固定しているのですが、なかなか画面が表示されません。

ところがLTEにすると、まだまだ利用者が少ないことと、そもそも回線が早いこともありサクサクっとアクセスできます。

もちろんバッテリーはどんどん減っていきますが…。

普段LTEの恩恵にあずかるようなことはないのですが、今回はかなり役に立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »