社会

2012.02.23

本村氏の再婚。光市母子殺害事件。

光市母子殺害事件(Wikipedia)ですが、今月20日、元少年の死刑が確定しました。

当事者ではないので個人的には、「ようやく一区切りがついたんだ」という気持ちです。

このニュースの後、いくつか奇妙な出来事が起きています。

■死刑確定を喜ぶ

たとえばこちら。

痛いニュース(ノ∀`) : 【光市母子殺害】 元少年の死刑確定へ - ライブドアブログ

若いころであれば自分も喜んだかもしれません。

ただ、人の生き死にを人並み程度に経験をしたのでこういった感情は持たなくなりました。

これはあくまでも一区切りであって終わりでありません、被害者・加害者・その周りの人々・社会にとって。

妻と長女を奪われた本村洋氏も会見で『犯罪が起こった時点で、みんな敗者』と語っています。


■死刑確定だから実名報道

元少年も30歳になりました。

それだけ年月が過ぎたということですが、今回の死刑確定を受けて報道機関が少年の実名報道に踏み切りました。

例えば産経新聞の記事(【光市母子殺害】最高裁が上告棄却 元少年の死刑確定へ)では、

 産経新聞社は原則として、犯行当時に未成年だった事件は少年法に照らして匿名とし、光市母子殺害事件も被告を匿名で報じてきました。しかし、死刑が事実上確定し、社会復帰などを前提とした更生の機会は失われます。事件の重大性も考慮し、20日の判決から実名に切り替えます。

と書いてあります。


「更生の機会は失われる」と断言して良いものでしょうか。

これは社会(コミュニティ)からの抹殺処分です。司法で死刑が確定し、社会でも死刑が確定したわけです。

元少年にしてみれば、「別に更生してもしなくてもいいですよ、どうせ殺されるんですから」と言われたに等しいです。

社会上の死刑というよりも、「社会に存在していないモノになった」といったほうが適切かもしれません。

もちろん元少年の行った犯罪を庇うつもりは全くありません。

ただ、こういった理屈が通ってしまう世の中はおかしいと思います。

実名報道するタイミングは、他にもあるはずです。

それこそ「どうせ死刑になるんだから人を殺そう」と思う少年の事件が今後起きるかもしれません。

社会では罪を償わせることを考えなくてはならないと思います。


■本村氏の再婚

本村氏の再婚に違和感を感じている人がいます。

. #thoton 氏 「本村の心は、再婚相手の新妻にこそあれ、殺害された元妻とその妻との間に生まれた子供にはない」 - Togetter

#thoton 氏の「本村の…」と呼び捨てで始まる冒頭が全てを表しています。

また、松本サリン事件の河野義行氏を引き合いに出しているが、本件とは全く事情が違うことを理解してない。

参考。河野義行さんは、サリン吸入で植物人間となった妻の介護を14年間、続けた(妻は2008年に他界。意識は一度も戻らなかったとみられる)。また、麻原彰晃や実行犯の信者に対する死刑には反対している。

死刑に反対している理由を理解しているのだろうか?

また同調者が少なからずいることに驚いています。

事情も知らず、当事者の心情も考えず、無責任に発言することは、人を不愉快にし、社会に損害を与えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.17

困りました。石原さんのママチャリ

本日発売のFLASH(光文社)に

『清純アイドルの“すっぴん休日”初ショット 石原さとみ イケメン[ママチャリ]2人乗りLOVE・LOVE現場』

という記事が載っています。
FLASH バックナンバー - FLASH該当号

光文社さんの営業妨害をするつもりはないので(逆に宣伝するつもりもないですが…)、中身については本屋などに行って見てください。

真っ先に気になったのが自転車の二人乗り。道交法で禁止されているんじゃないでしょうか。・・・ああ、私有地なんですね。。。

自転車の二人乗り - Google 検索

石原さんのファンとしては、こういった書き込みをしてあびる優さんのような顛末になってしまうのは本意ではないのですが、やはり社会人として書かずにいられません。
別に正義漢ぶるつもりはなく、単純に「ホリプロさん、しっかりしてください」と言いたいだけです。

だって、この手の雑誌の記事は事前にプロダクションに確認が入るでしょ。で、OKを出したから載っているんでしょ。だとしたらなんでOKを出したんでしょうかね。
上場企業として、というか一企業として、そこら辺の意識をしっかり持ってほしいと思います。
・・・ああ、私有地なんですね。。。

まぁ、少なくとも自分がその立場にいたら道路っぽいところでの二人乗り(の写真)にはNG出しますけどね。

内容に触れちゃいますが、もっと言うと、タレントを社員が自転車で二人乗りするって危険なんじゃないでしょうか。怪我とか。…ここら辺は移動を社員が運転する車でするか公共機関などを利用するかの違いといっても良いかもしれませんね。
…ああ、プライベートでしたね。。。

少しだけ意地悪な見方をすると。。。
二人は付き合っているけど、恋愛報道は避けたい。だから写真はそのままに、記事の文面を今回のものに変えた。。。


こんなコト書いてますが、ただの一ファンなだけなんですよ、ホントに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.28

東横インも

先日、南北線(東京メトロ)に乗ったとき、東横インが南北線沿線の土地オーナーに向けてホテルを建てないかという広告を見かけました。(たしか東横インだったはず)

で、例の耐震偽装ニュースがあったので、その広告には「うちは耐震偽装していません」といったような文面がわざわざ書かれていました。
それを見て、一社が問題起こすと業界全体が悪い印象になっちゃうから他の会社は大変だよなぁ、なんて思っていたら・・・。

■関連サイト
東横イン -ニュース- - お 詫 び
東横イン ホテルチェーン - 土地有効利用をお考えの方へ
株式会社 東横イン開発 - メリットの比較

東急ホテルズ - 渋谷東急イン - 東急インおよび東急グループは、「東横イン」とは一切関連がございません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.09

昆虫、外来種ってどうなの?

夏休みも、もう終わってしまいましたが・・・。

ムシキングなどの影響もあるのでしょうか、昆虫ブームですね。・・・今年に限った事ではありませんが。
私も子供の頃、カブトムシやクワガタなどを捕りに近所の雑木林に行った経験があります。

で、この前のニュースを見ていて驚いたのは、世界最大のカブトムシ「ヘラクレス」が買えるということ。
子供の頃、図鑑で見て「世界にはまだまだいろんな(すごい)昆虫がいるんだなぁ」と思ったものです。それが今ではお金を出せば買えてしまうんですね。
ただ、あまりうれしくないですね。なんだか「お金で買っていいの?」って気がします。

世の中、お金で買えないものは無いって感じですね。
法律で禁止されていないのでしょうが、それでも身近にしちゃいけないような気がします。どうしても見たいなら生息しているところまで旅行するとか。そういった方法じゃダメなんですかね。その旅行でさえ、自然破壊などの恐れがあるというのに。
世の中には買えないものがあるというのも教育だと思うんですが。・・・ここで言う教育は子供に対してだけではなく大人も含めて。

そう考えると自分自身も、買っちゃいけないものを買っている気がします。
特に時間を多く買ってますね。20分早く着くために首都高速を利用したり、終電がまだあるのに乗換駅からタクシーで帰ったり。。。学生時代はお金はないけれど時間があったから終電後は歩いて帰ったりしましたが、社会人になりお金はあるけど時間がない状況になると時間をお金で買ってますね。

「時は金なり」という言葉に共感していましたが、今回の件を考えると買っちゃいけないものがあるという事をもう一度考えた方がいいなあと思います。
時間とお金の関係で言えば、国内旅行で飛行機を使えば目的地にすぐ着きますが、電車で行く事で別の何かを発見できるという事になるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.18

交通安全教育はネットで受けられない

免許の更新時に受講する交通事故事例のような教材がネットで見られないかとふと思い探してみました。

交通安全週間に学校にやってきて事故の恐ろしさを伝えるパネルやビデオなどが、ネット上で見られたらいいのになぁと思ったのですが、すぐに見つかりませんでした。
警視庁や各県警、(財)全日本交通安全協会などにありそうなんですが、ネットで見られないですね。

必要なときに必要な教育が受けられるようにして欲しいものです。
で、そういうネット教材の要望を出そうと(財)全日本交通安全協会で受付のメールアドレスを探したが見つからない。アドレスどころか住所や電話番号も見つからない・・・。どうなってんの?
概要がすぐに見つけられないので、もしかしたら(財)全日本交通安全協会の名を騙った偽物のサイトなのかもしれません。もし本当のサイトだとしてもきっと法外な制作費用をかけて作成されたホームページなんでしょうね。

啓蒙活動や取り締まり強化週間もいいですが、こういった基礎の教育に力をかけた方がいいのではないでしょうか。
そのための(財)全日本交通安全協会だと思うのですが、ただの天下り機関なのでしょうか。
日本の交通安全の協会じゃなく、協会役員の身の安全のための協会なんじゃないかと、嫌み(事実?)の一つも言いたくなります。

で、気を取り直してもう少し探してみると、各県ごとの交通安全協会のサイトを見つけました。
やはりネットでは学習できませんが、教材の貸し出しについての案内はありました。
ちなみに千葉県交通安全協会ではぬいぐるみの貸し出しも行っているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.28

COOL BIZ(クール・ビズ)

環境省は、「夏のノーネクタイ、ノー上着」というスタイルの新しい呼び名を「COOL BIZ(クール・ビズ)」にすると発表しました。

(ニュース元)
NIKKEI NET:社会 ニュース - 夏のビジネス軽装、愛称は「クール・ビズ」に

羽田元首相の半袖スーツルックも今は昔。省エネルックという言葉も死語ですね。というか言葉だけが先行していて、実際に省エネルックの人を羽田さん以外に見たことがないです。

まぁ、「クール・ビズ」と言うのはいいんですが、肝心なのはその実効性。特に営業職の人は訪問先のことを考えるとなかなか踏み切れないですよね。
上意下達ではありませんが、まずは経済的・社会的強者が実行してくれないと。。。

それと、去年のブログに書いたかもしれませんが、夏は浴衣で仕事してもいいんじゃないでしょうか。日本だし。
少なくともスーツは夏に向いてないですよね。アロハもいいですが。
まぁ、浴衣は日本の気候にあっているとはいえ、昔(江戸時代とか)と比べると相当気温も上がっているでしょうから浴衣にも限界があると思いますが裸になるよりはマシですよね。

そういえば去年、打ち水大作戦何て言うのもありましたね。今年は愛知急迫 愛・地球泊 愛・地球博で展開中のようです。

出所は忘れました(スラッシュドットかな?)が、社内の温度設定を上げておく(室温28度)有効な方法ということで、こんなのがありました。

『エアコンの吹き出し口付近に冷え性の社員を配置しておく』

省エネには、これが一番有効なような気がします。

■関連情報
窓の杜 - 【杜のプリント工房】第30回:“愛・地球博”のマスコットを作ろう!「モリゾー」と「キッコロ」

(追記)2005.04.28 15:16
閣僚や省庁職員は「クール・ビズ」になるようですね。
NIKKEI NET:政治 ニュース - 閣僚や省庁職員、6月から上着・ネクタイなしに

| | コメント (0) | トラックバック (4)