心と体

2004.12.01

World AIDS Day:今日は世界エイズデー

レッドリボンフレディの命日の1週間後、12月1日は世界エイズデー(World AIDS Day)です。
世界エイズデーは、世界保健機関(WHO)によって1988(昭和63)年に、エイズ問題への人々の意識を高めることを目的として制定されました。

■レッドリボン

この記事の画像『レッドリボン』は、エイズに対する理解と支援の象徴です。

『レッドリボン』については、エイズ予防情報ネットの「レッドリボンとは?」で説明されていますが、元々はヨーロッパの風習で病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すためのものだったそうです。
それがエイズのために使われ始めたのは1980年代の終わり頃。エイズで死んでいくアーティスト達が増え、そうした人たちへの追悼の意味と、エイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すために『レッドリボン』をシンボルとした運動が始まったそうです。
フレディ・マーキュリーが亡くなったのも1991年ですから、ちょうど同じ頃ですよね。

■世界エイズデーの活動

日本でも様々な活動が行われており、Act Against AIDS(エイズ啓蒙活動)などが有名です。今年も『AAAコンサート2004』と題して多くのアーティストが参加するイベントが開催されます。

とはいえ、以前と比べ世間一般的にはそれほど関心がないように思います。
AAAや、飯島愛さんの活動が目立っていますが、それ以外でエイズに関して何か活動を知っているかというと、どうなんでしょう。

続きを読む "World AIDS Day:今日は世界エイズデー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.12

飲酒量を覚えておく

先日健康診断で肝臓がスゴイことになっていると判明した私。
食べ過ぎの飲み過ぎです。。。

そこで多少自制しようと思い、飲んだ量を覚えられなくなったら(つまり、酔っぱらったら)飲むのをやめようということにしました。

で、この間の土曜日。
関東に台風が直撃したので雨宿りがてら居酒屋に。後輩社員達と仲良く飲んでいました。
18時半ぐらいから飲み始め、22時くらいに終了。
その間に飲んだのは、順番通りに書いていくと。。。

ビール(中ジョッキ)1杯、生レモンサワー(ジョッキ)1杯、生グレープフルーツサワー(ジョッキ)4杯、焼酎(グラスロック)4杯といった感じ。

本当はオール(オールナイト)の予定だったのでペースは鈍かったです。・・・酔っぱらってないですし。。。

この量って、他の人と比べてどうなんでしょうね?
よくテレビ番組のインタビューで新橋あたりの酔っぱらいサラリーマンが自分の酒の量を報告していますが、ソレと比べると多いような・・・。
まぁ、4時間半もいればこのくらい飲みますよね。大学生ならこれ以上飲みますよね。

と、ここからが後日談。

実はその日、焼酎あたりからイッキ飲みになってました。
で、私は人を送るために途中退席。
先ほど“その後”を確認したら、酔いつぶれが続出したとのこと。。。
みなさん飲み過ぎには注意しましょう。

blog ranking
Blog Ranking すきまブログは何位?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.04

ソフトコンタクトレンズを落とす男

コンタクトレンズにしてから、1週間ほど経ちました。
この1週間の出来事をまとめてみようと思います。

■コンタクトレンズがよく落ちる

買った翌日(実質1日目)に早速レンズを落としました。しかも朝装着して昼前に落としたので、4時間ぐらいしか装着していません。
もともと目をこする癖があるので、無意識のうちに目をこすったら、あっという間にどこかに行ってしまいました。

その後も、この1週間で3回ほど落としました。理由はいずれも同じです。
ソフトコンタクトレンズって、落ちにくいって聞いたんですが。。。まぁ、私がいけないんですが。
こんな時、1日使い捨てだと気が楽ですね。

■目薬を買いました

コンタクトレンズにしてから目薬を買いました、3つも。

コンタクトにすると目が乾くというのは本当ですね。特にパソコンを使っている時に目が乾きます。
そこで、薬店に行って目薬を買いました。

最初に買ったのは、ロート製薬の「ロートCキューブ クールチャージ」。ソフトレンズにも使える爽快感があるタイプのものです。
で、同時に「アイストレッチ(ロート製薬)」も買いました。こちらはコンタクトを外したときに使う普通の目薬で、ピント調節筋の疲れをとってくれるタイプの目薬です。以前雑誌の広告で見たことがあり興味があったので買ってみました。

と、これ以上目薬を買う予定はなかったのですが、翌日自宅に目薬を忘れてきてしまったために、さらに一つ買うことになりました。
この時買ったのは、「ロートCキューブ モイスチャージ」。こちらは粘度の高い目薬で、潤い持続が特徴のようです。

改めて見てみると、すべてロート製薬ですね。特に意識はしていなかったのですが。

■装着・脱着

装着は随分慣れました。やっと一発で装着できるようになりました。
ところが、脱着に苦労しています。なかなかうまく外せません。目に張り付いた感じで毎回苦労しています。

コンタクトレンズ購入前に、「つけっぱなしで寝てしまう」という心配があったのですが、以外とつけっぱなしで寝ないものですね。寝る直前は、非常に目が乾き、違和感があるので、自然と外したくなります。
そのかわり相変わらず眼鏡をかけっぱなしで寝ていますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.05.25

コンタクトにしてみました。

「ホントの私デビュー!」ってことで、コンタクトレンズ・デビューをしました。

これといったきっかけはなく、ただ何となくコンタクトレンズにしてみようと思ったのでした。
しいて挙げるとすれば、気分転換、イメージチェンジといったところでしょうか。

で、コンタクトレンズ販売店に隣接している眼科に行きました。
視力の検査(機械で自動測定のやつで、目に風を吹き付けられたり、農村風景がだんだんぼけていくやつです)をした後、眼科の助手(?)のお姉さんに「最初は私が入れますので・・・」と、いわれるがままにコンタクトレンズを装着されました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのアキュビューのCMの相武紗季ちゃんではないですが、ちょっとだけ「おぉ!」と思いました、さすがに声には出しませんでしたが。

装着の後、再度視力の検査(今度は、Cの穴がどっちにあいているか)をした後、眼科の先生の診察。
ここまで非常に淡々と進みました。

そして最後に、レンズの装着・脱着練習。
すでに装着しているので、まずは脱着練習。図解入り説明ボードで説明をうけてから脱着。脱着はあっさりと完了。
そして装着練習。脱着と同じように図解入り説明ボードで説明をうけますが、メガネもコンタクトもしていない裸眼の為、説明が全く見えず。。。「いつもこうやって、見えない人に説明してるのかなぁ」と心の中でツッコミながら装着。これが結構難しく、なかなか装着できず、何度もやり直し。
何とか終了し、眼科で診察料を払い、コンタクトレンズ販売店でコンタクトレンズの料金を払い、帰ってきました。

約15年ずっとメガネだったので、メガネをしていない状態で外に出るのは、かなり久しぶり。コンタクトレンズの装着感を確かめる為にも、きょろきょろと辺りを見回しながら帰ってきました。
つけはじめは多少違和感がありましたが、慣れてくると目薬を差した直後のような清涼感に包まれる感じで、なかなか心地よいです。しばらくたってから、コンタクトで目が乾くという感覚を実感。目が乾くと視界の境界あたりが2重になりぼやけて見えます。

何はともあれ、コンタクトレンズの初経験が終わりました。これからの様子はまた後日ということで。

ちなみに、購入したのはジョンソン・エンド・ジョンソンの「ワンデーアキュビュー」。
2週間使い捨てレンズに比べると、やや割高ですが、メンテナンスの手間がないのと、メガネを今後もする可能性があるので1日使い捨てレンズにしました。
なぜアキュビューなのかというと、店員さん、、、じゃない眼科の助手(?)さんがUVカット加工してあるので・・・と勧めたからです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)