芝居

2006.10.05

「奇跡の人」観てきました

本日初日の奇跡の人を観てきました。

舞台全体は、冒頭の音や会話、間など、まだこなれていない感じで、これから熟成していくかなぁといったところです。
・・・こなれたとしても、翻訳劇なので文化の違いを感じるし、エンディングでの観客の気持ちの位置を考えるとスタンディング・オベーションとまでは行かないかもしれませんね。

出来るだけ予備知識を入れずに観ようと思っていたので、テレビなどでの宣伝や練習風景など見ないでいたので、期待値はかなり高い状態で観に行きました。
とはいえ、伝記にもなっているし、ガラスの仮面などでも取り上げれらている有名な話なので、落としどころ(ヤマ場)を知っていました。
それでもストーリーは面白かったですね。

出演者の話をすると、小島聖さんの舞台での演技を(たぶん)初めて観ましたが良かったですね。石原さんの母親役かぁ~と思うと複雑な感じですが、安定した演技をしていて、舞台で映える人だなぁと思いました。

田畑さんは、若くて、かわいくって魅力的でした。以前、某所で生の姿を見たことがあるのですが、生の方が数段魅力的な方ですね。サリバン役が当たり役になればいいなぁと思いますし、これからも舞台での活躍を期待したいです。

で、肝心の石原さとみさんは、良くも悪くも期待通りでした。
それこそ公演を重ねてどれくらい成熟するかが楽しみです。個人的にはもっと表現や感性を磨いてほしいですね。

一緒に行った女の子も、石原さんのことを「かわいい」って言ってましたが、やはり無茶苦茶かわいかったです。
なので今回の舞台で演技力をつけてほしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.05.08

情熱大陸-唐十郎

たまたま観た今回の情熱大陸は唐十郎さんでした。

唐さん、相変わらずいい顔してますね!ホントに。

転職とか、何かとゴタゴタしていたので最近観ていませんでしたが、ちょっと落ち着いてきたのでぼちぼち観に行こうかなぁ。

よく唐組の芝居を観に行くというと、同じように芝居をやっている人間からも「アングラでしょ。不条理でしょ。素人にはわかりにくいんでしょ」といわれるんですが、全然そんなことは無いと思うんですよね。

昔はどうだったのかわからないですが、唐組の芝居はとにかく“くだらない”です。“つまらない”じゃないですよ、“くだらない”です。くだらなくって面白いんです。バカバカしいと言った方がわかりやすいかもしれませんね。別に難しいコトなんて無いんです。テントの中に入って、目の前で起きているドラマに身をゆだねる。そうすると体を張って真面目にくだらないことをしている役者さんにハマっていくんですよ。で、いつの間にか唐さんの世界観に入り込んでいくんですよ。

くだらないんだけど、唐さんの世界にはいつもシビれるんですよ。普通に考えればあり得ない状況なんだけど、でもドラマを観ているときにはすべてが納得できる。そんな不思議な世界なんですよね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.01

石原さとみさん、舞台に。

ネタ的にはちょっと古いですが、石原さとみさんが初舞台で初主演します。

石原さとみがヘレン・ケラー役 - 中日スポーツホームページ
石原さとみ 舞台初挑戦で初主演 - デイリースポーツonline
asahi.com:石原さとみが舞台「奇跡の人」挑戦 - 文化芸能 - 日刊スポーツ

以前から石原さんには、一回り大きくなるためにも舞台を経験してほしいと思っていたので非常にうれしいです。
ホントは主演じゃない方がよかったと思うのですが、今のタイミングだと事務所とすれば主役を張らない舞台はやらせないでしょうしね。

ちなみにこのニュースの当日、職場で何人かから「舞台観に行くでしょ?」と言われました。

さて、このニュースで気になったことが2つあります。
1つは、演出の鈴木さんのコメント。「石原さんは気の強そうな女優さんだなあ、という印象。」・・・なるほど。その見方は正しいなぁと思いました。いい意味でも悪い意味でも女優という意識があるって事ですからね。
2つめは、この舞台に寄せた本人のコメント。今まで自分がやってきた芝居とは全く別。すべてを新しく完ぺきに作り上げたいという意気込みもまた、今までのようなお座なりなコメントではないところに好感が持てます。・・・ちなみにラジオ番組を聞いた感じだと、若干「やらされている感(事務所が取ってきた仕事)」があり、「まぁ、まぁ、まぁ」といいたい気がしないわけでもないですが。

何にせよチケットを確保しなくては!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.06.27

静香さんと花

転職先はIT化があまり進んでおらず、前職で1人1台のパソコンがあった環境からガラッと変わり、5人に1台という状況になっています。

ただパソコンの持ち込みはOKということなので、(といっても社内環境には接続できませんが)ノートパソコンを見に仕事帰り有楽町へ向かいました。

やはりLenovo ThinkPadかなぁ、というのが本日の結論。レノボになりましたが、やはりThinkPadは丈夫でキーボードが打ちやすいという印象です。

それと、いい加減携帯オーディオプレーヤーを購入しようかと思っているので、その調査を。
USB直結でメモりストレージになるモノにするか、周辺機器が多いけど(特に車載できるキット<FMトランスミッター&充電器>が魅力)、転送に専用のソフトが必要なiPodにするか悩んでいます。

で、その帰り。(やっと本題)
東京国際フォーラムの中を通り抜け東京駅へ向かおうとした時です、会議棟<ガラス棟>に入ると花の香りが。
ロビーには、なにかイベントをやっているような囲いがあり、その入り口付近に多くの花がありました。

はじめ、何か花のイベントかと思ったのですが、近づいてみると亀井静香さんの個展でした。
つまり個展のお祝いの花だったんです。

あまりに大量のアレンジメントや蘭や祝スタンドなど、さすが政治家は違うなぁと感心してしまいました。
他の通行人たちはあまり興味がなかったようですが私はじっくりと見てしまいました。ちなみにこういった花は、基本的に格の高い人(大切にしたい人)から贈られたモノほど入口の近くにあります。今回の場合、入口には飾りきれなかったので奥に追いやられたかわいそうな人たちもいました。・・・誰とはいいませんが。

そういえば先日、ステージのお手伝いをしたのですが、そこもお祝いの花が多くありました。
で、その時思ったのが、「花は(きっと)高いものの方がいい」ということです。「しっかりしたところに頼む」と言った方が良いかもしれません。

というのも、出演者の名前を書き間違えた立て札のアレンジメントがあったのですが、見た目は派手でしたが、あっという間に枯れてしまいました。
一事が万事といいますか、やはり名前を間違えるようなところの花はあまり丈夫ではなかったです。
それとは逆に、某方から贈られた花は空調の風を直にあびる場所にあったにもかかわらず長持ちをしていました。

ちなみに、そのステージでの私の朝イチの仕事は「花粉取り」でした。
蘭の花粉は、服に付くとなかなか落ちにくいんです。ステージの場合、お客さんが触れ服を汚してしまう可能性があるので、花が咲いたら雄しべをとります。こうした気配りが必要なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.16

佐藤めぐみさんが初舞台

セカチューが今度は舞台化します。
舞台版のセカチューは、朔太郎役に田中幸太朗さん、亜紀役に佐藤めぐみさんが決まりました。

(ニュース記事)
セカチュー今度は舞台!全国30公演以上 - nikkansports.com

この組み合わせは、同じ事務所ということと、ドラマ「H2」で共演(一緒に出演したシーンはある?)といったところがまず最初に思いつきますね。
田中さんはドラマ版にも出演していたので、ファンの方はイメージが・・・となっていることでしょう。

どうでもいいことですが、H2での佐藤めぐみさん・石原さとみさん・柳沢ななさんのセーラー服姿は、なんちゃって感(コスプレ感)が強いですが、あれはあれでいいなぁと思わせるところが不思議です。ある意味リアリティーがあるのだと思います。

これで、映画版、ドラマ版、ラジオ版、舞台版と4つのバージョンが揃いました。コミック版もありますよね。(アニメ版ってありましたっけ?)

セカチューは、映画の予告とドラマの一部しか観ていませんが、大人のサクを受け入れることが出来ない(共感できない)ので好きな作品ではないですが、舞台版は青春群像劇として描かれるということなので少し興味があります。

それにしてもセカチューは消耗し尽くした感があるので、このタイミングで舞台化といってもピンとこないですね。人のやることにいちいちケチをつけていたらきりがないのですが、フジテレビのウォーターボーイズのように夏の風物詩的な作品に、TBSが力を入れているセカチューがなるのでしょうか?ネットのスポーツ紙関係でもあまり取り上げられていませんが、大丈夫でしょうか。
・・・夏の暑さのせいで、以外とすんなり盛り上がりそうな気もしますが。

まぁ、なんといっても注目なのが佐藤めぐみさんが初舞台ということ。
どんな演技をするのか楽しみですが、それ以上に舞台を経験することで女優として次のステップへ進むことを期待しています。
佐藤めぐみさんにとっては、(作品の出来不出来も関係ありますが)今回の経験が今後に活かされるかどうか重要なポイントになると思います。
まぁ、内田有紀さんがつかさんに鍛えられたというようなシチュエーションにはならないと思いますので劇的な成長とまではいかないと思いますが。それに女優として成長せずに、共演者や関係者と恋愛してしまい引退してしまうのが一番心配です。誰とはいいませんがそういう展開もあり得ますからね。。。

■関連サイト
舞台『世界の中心で、愛をさけぶ』
セカチュー今度は舞台!全国30公演以上 - nikkansports.com
Megumi Sato Official site
KOUTARO TANAKA OFFICIAL

佐藤めぐみさんのオフィシャルサイトのdiaryは、ファン必見!

■関連情報
世界の中心で、愛をさけぶ(ISBN: 4093860726)単行本 片山 恭一 ¥ 1,470世界の中心で、愛をさけぶ(ISBN: 4091382738)コミック 片山 恭一 他 ¥ 500ラジオドラマCDブック 「世界の中心で、愛をさけぶ」(ISBN: 4887451083)単行本 片山 恭一 他 ¥ 1,575瞳をとじて (CCCD)(ISBN: )CD  ¥ 1,020「世界の中心で、愛をさけぶ」 オリジナル・サウンドトラック(ISBN: )CD  ¥ 2,363世界の中心で、愛をさけぶ オリジナル・サウンドトラック完全版(CCCD)(ISBN: )CD  ¥ 2,325世界の中心で愛をさけぶ サウンドトラック(ISBN: )CD  ¥ 2,325世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション(ISBN: )DVD  ¥ 3,192世界の中心で、愛をさけぶ DVD-BOX(ISBN: )DVD  ¥ 16,716世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX(ISBN: )DVD  ¥ 7,350世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション(ISBN: )DVD  ¥ 5,040「世界の中心で、愛をさけぶ」 朔太郎とアキの記憶の扉(ISBN: )DVD  ¥ 2,500

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.28

クイーン来日?上陸?

クイーンのヒット曲で構成されたミュージカル「WE WILL ROCK YOU」が東京・新宿コマ劇場で上演されることになりました。期間は5月27日~8月24日。

先日「新生クイーンを見ました 」という記事を書きましたが、クイーン絡みの話題が続きましたね。

このニュースで一番気になったのが、新宿コマ劇場で上演されるということ。
劇場によって演目の色(傾向)がありますが、自分の頭の中にはこのミュージカルを新宿コマでやるというのは無かったですね。逆に言えば、新宿コマでやるようなミュージカルというコトになりますかね。

・・・先入観だけで文章を書いていますが。

ちなみに新宿コマでミュージカルというと、「ピーターパン」とか「オズの魔法使い」を連想します。・・・古いですね。

■関連記事
QUEENミュージカルが新宿コマで上演 - nikkansports.com > 芸能ニュース
クイーン日本に来る! - ウェブ報知

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.04

なぎらっち

昔、芝居の練習で『たまごっちに続くヒット商品は何?』というお題でネタを出し合ったときの模範解答。

(商品名)『なぎらっち』
(特徴)なぎら健壱のこと。

新たまごっちプレスリリースを見ていたら、初代たまごっちの歴史というところに『玉緒っち』というものを発見。...『なぎらっち』もあり得る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)